生ハムとアボカドをユッケみたいにして冷奴にのせる激ウマな食べ方。ビールも白メシもいけるやつ【筋肉料理人】

こんにちは~筋肉料理人です!

今日は、酷暑に負けないボリューム満点の冷奴レシピを紹介します。

生ハムとアボカドを刻んで、麺つゆやみそで火を使わずにササッと味付け。それをどーんと冷奴にのせてしまいます。家にある調味料で、うま味たっぷりにできますよ!

 

筋肉料理人の「生ハムとアボカドのユッケ風冷奴」

【材料】1人分

  • 生ハム 50g
  • 豆腐(絹、木綿などお好みで) 1/2丁(150~200g)
  • 卵黄 1個
  • アボカド 1/2個
  • 刻みねぎ 適量

(たれ)

  • 麺つゆ(2倍濃縮) 小さじ2
  • みそ 小さじ1
  • 酢、砂糖 各小さじ1/2
  • ラー油、おろしにんにく 各小さじ1/4
  • 一味唐辛子 適量

 

作り方

1. 豆腐は皿にのせて、冷蔵庫に入れておきます。

こうして皿にのせておくだけで、軽く水切りできます。

今回は豆腐1丁を半分に切って使いました。残った豆腐は水に漬けて冷蔵庫に入れておくと、翌日も美味しく食べられます。

 

2. たれの材料を混ぜ合わせます。

 

3. アボカドは、縦方向にぐるりと切れ目を入れ、ひねって外します。

 

種を取り除き、スプーンで実をくり抜いたら、 縦横に5mm程度に切ります。

なお、残ったアボカドは皮を付けたまましっかりラップで包んで、冷蔵庫へ。翌日、刺身のように薄く切って、わさびしょう油でおつまみにしても美味しいですよ。

 

4. 生ハムは5mm幅に切ってほぐします。

 

5. ボウルにアボカド、生ハムを入れ、2のたれを小さじ2程度かけて混ぜます。

 

6. 冷蔵庫から豆腐を取り出し、水が出ているので捨て、

 

上に5をのせます。中央にくぼみをつけ、

 

くぼみに卵黄を落としたら、刻みねぎをちらし、

 

残ったたれをお好みの量かけていただきます。

 

うま味が重なり、珍味を食べているような美味しさ!

「生ハムとアボカドのユッケ風冷奴」の完成です。生ハムは、熟成されて凝縮した豚肉のうま味がとても強い食材。それを、コクとうま味のあるアボカド、卵黄、そして、めんつゆやみそ、にんにくの入ったたれと絡めることで、うま味が重なり、まるで珍味を食べているような美味しさです。味もしっかりしているので、豆腐にのせて食べるとまたウマい!

 

その豆腐も、水切りすると本来の味や風味がさらに感じられて美味しさがアップ。生ハムのユッケ風のガツンとした味と相乗効果で、文句なしでお酒がすすみます。

 

生ハムのユッケ風は、豆腐にのせずにそのまま食べても美味しいですし、刻み海苔をちらしたご飯にのせて、ユッケ丼風にするのも間違いない美味しさ。

 

ご飯がガンガンいけますよ。

 

夏バテで食欲のないときも美味しく食べられる具沢山の冷奴。お試しください!

 

作った人:筋肉料理人 藤吉和男

筋肉料理人 藤吉和男

料理と筋トレをこよなく愛する料理ブロガー。料理研究家としてレシピ本執筆や料理教室、テレビ出演、ボランティア活動を行う。自信のブログやYouTubeでは、簡単で美味しい魚料理や簡単レシピを専門的ながらわかりやすく紹介。レシピブログプラチナブロガー認定。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る