サバ缶×電子レンジ4分で「サバ缶焼売」。家で出来立て、熱々が結構手軽に食べられます

f:id:y-ricopin:20220413163442j:plain

こんにちは、料理ブロガーの山本リコピンです。

常備しておいて間違いのない魚の缶詰。そのまま食べるだけでなく、料理に幅広く使えるのも魅力です。今回は、そんな魚の缶詰からメシ通でもおなじみのサバ缶を使って、おつまみにもご飯のおかずにもなる「焼売」を作ります。

自分で作るには手間がかかるイメージの焼売ですが、火の通りを気にしないですむサバ缶、そして、蒸籠や蒸し器ではなく電子レンジを使えば、自作のハードルはぐっと下がりますよ。

 

f:id:y-ricopin:20220413163426j:plain

調味料をあれこれ使わなくて済むように、サバ缶は味のしっかり付いたみそ煮缶を使い、ごま油とつなぎの片栗粉を加えるだけ。サバはしょうゆ煮缶でもOKです。

それでは早速レシピです。

 

山本リコピンの「サバ缶焼売」

【材料】作りやすい分量

  • サバみそ煮缶(しょうゆ煮缶でもOK) 1缶(150g程度)
  • 玉ねぎ(みじん切り) 50g
  • しいたけ(石付きを落とし、軸も一緒にみじん切り) 1枚
  • 焼売の皮 10枚
  • レタスの葉(白菜でもOK) 1~2枚
  • 片栗粉 大さじ1
  • ごま油 小さじ1

 

作り方

f:id:y-ricopin:20220413163509j:plain

1. ボウルに、サバみそ煮缶を汁ごと、玉ねぎ、しいたけを入れる。

 

f:id:y-ricopin:20220413163521j:plain

2. 1に片栗粉とごま油を加え、粘り気が出るまでスプーンでしっかり混ぜる。

サバはスプーンの背を使って潰すようにすると混ぜやすいです。

 

f:id:y-ricopin:20220413163528j:plain

3.2をだいたい10等分にする。手のひらに焼売の皮をのせ、タネをその中央に置き、皮全体を手で握るようにして包む。

 

f:id:y-ricopin:20220413163406j:plain

4.電子レンジOKの耐熱皿にレタスの葉を敷き、3をなるべくくっつかないように並べる。水(大さじ2~3、分量外)を焼売の上にまわしかけてラップをかけたら、電子レンジ(600W)で4分加熱する。

野菜は、加熱した焼売が皿にくっつかないように敷きます。もやし、ピーラーなどで薄くしたにんじんなどでもOK。加熱後は、焼売と一緒に美味しくいただけます。

 

f:id:y-ricopin:20220413163435j:plain

5. 焼売の皮全体が、写真のようにうっすら透けていれば蒸し上がり。

もし白く生っぽい部分があれば、その部分に少量の水をかけて、様子を見ながら20秒ずつ追加で加熱します。

 

サバ缶がまるで別物に変身!

f:id:y-ricopin:20220413163501j:plain

出来立て、熱々の焼売をいただきます。うま味があって、味もしっかり付いているみそ煮缶を使い、玉ねぎの甘みとしいたけの風味も閉じ込めてあるので、そのまま食べても美味しい! みその風味によく合うラー油を垂らすのもおすすめ。お好みで辛子じょうゆを付ければ、味も見た目も焼売感アップです。

 

f:id:y-ricopin:20220413163452j:plain

肉が入っていないので、加熱してもかたくならず、ふんわりやわらかめの仕上がりです。玉ねぎとしいたけが食感のアクセントになって、お酒もご飯も間違いなくすすみますよ。

サバ缶がまるで別物に変身するサバ缶焼売。サバ缶レシピのバリエーションを増やしたい方も一度お試しください。

 

作った人:山本リコピン

山本リコピン

料理ブロガー、フードコーディネーター。簡単&手軽に作れて見栄えのする料理レシピを公開しているブログ『ビジュアル系フード』を運営。日々のごはんや、おつまみ、こどものごはん、おやつ、おもてなしなど、ジャンルも幅広く、雑誌や企業へのレシピ提供も行う。『山本リコピンのちゃちゃっとかわいい毎日おかず』(主婦と生活社)、『ごはんがすすむ!!!山本リコピンのうちごはん』(ワニブックス)が発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る