きのこも主役級の美味しさ「厚揚げのにんにく照り焼き」の作り方【メシ通 ご飯のおかず特集】

こんにちは、料理ブロガーの山本リコピンです。

美味しくてコスパも優秀な厚揚げは、焼いてしょうが醤油をかければ最高のおつまみに。お酒好きな私の冷蔵庫の必需品でもあります。

とはいえ食欲の秋、新米が美味しい季節でもありますので、今回ご紹介するのはご飯が抜群にすすむおかずレシピ。にんにくを効かせた甘辛いたれで厚揚げを照り焼きにします。もちろん、おつまみにもぴったりですよ。

フライパンの空いたスペースも無駄なく使いたいので、秋の味覚のきのこも一緒に入れてこちらも照り焼きに。甘辛だれがたっぷりと絡まったきのこは、脇役とは思えぬ美味しさです!

では早速レシピです。

 

山本リコピンの「厚揚げのにんにく照り焼き」

【材料】作りやすい分量

  • 厚揚げ 1枚(200g程度)
  • しめじ 1/2パック(50g)
  • 舞茸 1/2パック(50g)
  • 青ねぎ(刻む) 適量

(A)

  • しょうゆ、みりん 各大さじ1
  • 砂糖 小さじ1/2
  • すりおろしにんにく 小さじ1/2

 

作り方

1. しめじと舞茸は、石づきを落としてほぐしておく。

 

2. 厚揚げは耐熱皿にのせてラップをかけ、電子レンジ(600W)で1分加熱する。

手早くできるように、厚揚げはあらかじめ中まで温めておきます。

 

3. (A)をフライパンに入れて、中火で煮立てる。

甘さ控えめにしたいときは、(A)の砂糖は最後に入れるのがおすすめ。入れる前に一度味を確かめて、甘さが十分なら省いてもOKです。

調味料を煮絡めやすいよう、フライパンは小さめの20cmのものを使いました。

 

4. 3のフライパンを弱火にして厚揚げ、しめじ、舞茸を入れ、時々返しながら加熱する。

 

厚揚げは側面にもたれをしっかり絡めてください。

 

5. しめじと舞茸がしんなりすればOK。

 

6. お皿に厚揚げを盛り付けたら、しめじと舞茸、青ねぎをのせる。

 

ご飯のおかわり決定!

甘辛いたれが絡んだ厚揚げときのこが、ホカホカのご飯によく合いますよ。そして、ガツンと効いたにんにくで食欲アップ! ご飯はおかわり決定です。

 

薬味のねぎをたっぷりとのせたら、お好みでこしょうや七味唐辛子をふるのもおすすめ。厚揚げは切る手間を省けるようにどーんとそのまま使いましたが、電子レンジで加熱してから3cm大くらいに切っても食べやすいですよ。

きのこはお好みのもので。しめじか舞茸かどちらか1種類でも、しいたけやえのき茸を入れていいですね。食欲の秋の簡単おかずに、ぜひお試しください。

 

作った人:山本リコピン

山本リコピン

料理ブロガー、フードコーディネーター。簡単&手軽に作れて見栄えのする料理レシピを公開しているブログ『日々のごはんとおやつのネタ帳』を運営。日々のごはんや、おつまみ、こどものごはん、おやつ、おもてなしなど、ジャンルも幅広く、雑誌や企業へのレシピ提供も行う。『山本リコピンのちゃちゃっとかわいい毎日おかず』(主婦と生活社)、『ごはんがすすむ!!!山本リコピンのうちごはん』(ワニブックス)が発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る