炊飯器で放っておくだけ、クリスマスは「激安ローストビーフ」がしっとりマジウマ!【筋肉料理人】

f:id:kinniku39:20171214124223j:plain

こんにちは~筋肉料理人です!

「炊飯器調理」ってご存じですか? 炊飯器に入れてスイッチオン、これだけでじっくりコトコト煮込んだり、つきっきりじゃなくても一定の温度で火を入れたような絶妙な料理ができあがります。簡単で失敗もないので、ぜひ一度試していただきたい!

ということで今回は、クリスマスにもぴったり、炊飯器で簡単においしく「ローストビーフ」を作ります。牛肉はお安いもも肉で十分おいしいので、お店でローストビーフを買ってくるよりは断然安上がりですし、やっぱり自作は楽しい!

そしてもう一品、この自作ローストビーフを使った、私の地元・佐賀のB級グルメ「シシリアンライス」も紹介します。マジウマのレシピです!

 

筋肉料理人の「炊飯器で作るローストビーフ」

【材料】2~3人分

  • 牛もも肉ブロック 250g
  • 玉ねぎ 1/4個
  • 塩 小さじ1/4
  • 黒こしょう 適宜
  • サラダ油 小さじ2

(A)

  • しょう油 大さじ2
  • 赤ワイン 大さじ1
  • はちみつ 小さじ2
  • おろしにんにく 小さじ1/4
  • 黒こしょう 適宜

 

作り方

1. 漬けタレを作ります。玉ねぎをすりおろし、(A)と混ぜておきます。

f:id:kinniku39:20171214124225j:plain

2. 牛もも肉ブロックに塩と黒こしょうをふります。

 

f:id:kinniku39:20171214124228j:plain

フライパンにサラダ油を入れて強火にかけ、熱くなったら牛もも肉を入れます。全体にさっと焼き目をつけて取り出します。

 

f:id:kinniku39:20171214124233j:plain

3. ポリ袋(ポリエチレン製のもの。ビニール製は耐熱性が低いので使わないでください)に焼き目をつけた牛もも肉を入れ、1の漬けタレを入れて口をとじます。

 

f:id:kinniku39:20171214124236j:plain

4. 炊飯器に熱湯を入れ、牛もも肉を入れたポリ袋を浮かべます。保温スイッチを入れて50分、保温調理しましょう。

※炊飯器の保温機能を使うことで、肉の中心温度を70度位に保ちながら熱を入れることができます。温度が上がりすぎないので、誰でもきれいなローストビーフを作ることができます。

 

f:id:kinniku39:20171214124223j:plain

5. 加熱が終わったら取り出して粗熱を取り、冷蔵庫に入れてできれば一晩、休ませましょう。ローストビーフは作ってすぐより休ませてから食べるほうがおいしいです。これを薄く切って皿に盛ります。

※切る時は肉の繊維に対して直角に切りましょう。繊維を切ることで柔らかくなり、うま味も感じやすくなります。

 

f:id:kinniku39:20171214124247j:plain

皿盛したローストビーフはとても豪華! 当然ですが、そのまま食べておいしいです。今回はこれを使って「ローストビーフシシリアンライス」を作ります。

 

筋肉料理人の「ローストビーフシシリアンライス」

【材料】1人分

  • 炊飯器で作るローストビーフ 80g
  • 温泉卵※ 1個
  • ベビーリーフ 1/2パック
  • ミニトマト 3個
  • のりの佃煮 小さじ1~お好みで
  • 温かいご飯 200g

(A)

  • 炊飯器ローストビーフの漬けタレ
  • しょう油 小さじ1
  • 片栗粉 小さじ1/2

※おいしくできる温泉卵の作り方はこちら!

www.hotpepper.jp

 

作り方

f:id:kinniku39:20171214124251j:plain

1. ソースを作ります。(A)を耐熱ボウルに入れて混ぜ、電子レンジにかけます。沸騰したら取り出して混ぜましょう。とろみが付いたらOKです。

 

f:id:kinniku39:20171214124254j:plain

2. ご飯を皿に盛り、上にベビーリーフをちらします。

 

f:id:kinniku39:20171214124259j:plain

3. 薄く切ったローストビーフをドーナッツ状に盛り付け、中心に温泉卵を落としましょう。周囲に切ったミニトマトをちらし、のりの佃煮も周囲にちょんちょんとちらしましょう。

佐賀はのりの産地なので、シシリアンライスにはのりがちらしてあることが多いです。刻みのりの代わりに、のりの佃煮を使います。味のアクセントになっておいしくなりますよ。

 

f:id:kinniku39:20171214124308j:plain

4. 仕上げです。お好みでソースをかけてから、

 

f:id:kinniku39:20171214124303j:plain

f:id:kinniku39:20171214124311j:plain

マヨネーズをかけます。マヨネーズは100円ショップのディスペンサーを使うときれいな線が引けます。マヨネーズで線を引いたら、「ローストビーフシシリアンライス」の完成です。

 

超豪華な「ローストビーフ卵かけご飯」に!

f:id:kinniku39:20171214124316j:plain

シシリアンライスは佐賀のB級グルメ。ご飯にサラダと焼肉をのっけ、マヨネーズをかけて食べるご飯です。もともとは焼肉ですが、今では地場産のチキンステーキをのせたり、県産牛のローストをのせたりして進化してます。今回は、ローストビーフでベビーリーフとご飯を巻いていただきます。

 

f:id:kinniku39:20171214124321j:plain

炊飯器で作ったローストビーフは適度に熱が入っているので柔らかく、やっぱり牛肉ならではのうま味があっておいしい! 温泉卵をつぶし、卵黄をまぶして食べれば超豪華なローストビーフ卵かけご飯みたいで、幸せな気分になれます。ローストビーフ、そしてシシリアンライスと、クリスマスにもお正月にも是非お試しください!

 

作った人:筋肉料理人 藤吉和男

筋肉料理人 藤吉和男

料理と筋トレをこよなく愛する料理ブロガー。料理研究家としてレシピ本執筆や料理教室、テレビ出演、ボランティア活動を行う。自信のブログやYouTubeでは、簡単で美味しい魚料理や簡単レシピを専門的ながらわかりやすく紹介。レシピブログプラチナブロガー認定。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。

※この記事は2017年12月の情報です。

トップに戻る