“おつとめ品”の鯛の刺身を30分で再び輝かせる「ごま鯛」の作り方【筋肉料理人】

f:id:kinniku39:20200324164551j:plain

こんにちは~筋肉料理人です!

今日は鯛の刺身を博多の郷土めし「ごまさば」風の漬けにします。博多のごまさばは、さばの刺身をごまダレに漬け込んだもので、それを鯛の刺身でつくります。

鯛の刺身は魚が良ければ普通に食べるのが美味しいのですが、例えば“おつとめ品”として値引きシールが貼られて少し鮮度の落ちた状態なら、このレシピのように味を入れて食べるとより美味しく食べられますよ。

 

筋肉料理人の「ごま鯛」

【材料】2人分

  • 鯛の刺身 150g
  • 白いりごま 大さじ3
  • 刺身用しょう油(濃口しょう油でもOK) 大さじ2
  • みりん、煮切り酒(鍋で15分ほど煮詰めアルコールを飛ばしたもの) 各大さじ1
  • 刻み海苔、刻みねぎ、わさび 適宜

 

作り方

f:id:kinniku39:20200324164558j:plain

1. ごまダレをつくります。すり鉢に白いりごまを入れ、すりこぎですります。

 

f:id:kinniku39:20200324164922j:plain

ごまは、すらずに市販のすりごまでも大丈夫です。ちなみに、パックのすりごまは開封すると香りが落ちやすくなるので、冷蔵保存しておきましょう。香りが落ちにくくなります。

 

f:id:kinniku39:20200324164604j:plain

すったごまに、しょう油、みりん、煮切り酒を加えて混ぜます。

本みりんを使う場合も、お子さんやアルコールの弱い方が食べる際は煮切ってアルコールを十分に飛ばしてからお使いください。

 

2. 鯛は刺身に切ってあるものでOKですが、ここでは参考に刺身用のブロックを美味しく食べる切り方をご紹介します。

 

f:id:kinniku39:20200324164620j:plain

まず、鯛のブロックをキッチンペーパーで包んで水気を吸い取ります。

 

f:id:kinniku39:20200324164625j:plain

身の厚みのある方を向こうにしてまな板に置き、左端から削ぎ切りにします。包丁は刃元から切先まで長く使い、引くように切って、うす広い刺身にすると美味しいです。

 

f:id:kinniku39:20200324164631j:plain

3. 鯛の身を1のごまダレに入れて混ぜ、冷蔵庫に入れて15分から30分漬け込みます。

 

4. 漬け込んだ鯛を皿に盛り、刻みねぎ、刻み海苔、わさびを添えて出来上がりです。

 

丼、お茶漬けにしてもマジウマ

f:id:kinniku39:20200324164636j:plain

博多ごまさば風「ごま鯛」の完成です! ごまの風味が入った鯛はタレが染み込み、身がしまって美味しいです。

 

f:id:kinniku39:20200324164641j:plain

日本酒もビールもイケる、これぞ酒の肴です。

 

f:id:kinniku39:20200324164646j:plain

そして、このごまダレはご飯も欲しくなる味。丼飯に刻み海苔をちらし、レシピの半量のごま鯛を漬けダレごとのせ、卵黄を落とせば「ごま鯛丼」の出来上がりです。これはマジウマ、白飯がガンガンいけます。

 

f:id:kinniku39:20200324164652j:plain

もう1つのアレンジは「ごま鯛茶漬け」です。

茶碗に少なめにご飯をよそい、レシピの1/3量くらいのごま鯛をのせ、刻み葱、刻み海苔をちらし、わさびを添えます。

 

f:id:kinniku39:20200324164657j:plain

これに熱々のお茶をかけると、飲んだ後のシメに食べたいあっさり味のお茶漬けに変身です。

お茶漬けをサラサラと口に入れ、鯛の身を噛みしめると、ごま鯛が珍味のような旨味で極上の茶漬けになります。茶漬けにする時は30分から1時間漬け込み、しっかり味を入れたほうが美味しいです。

飲む方、飲まない方、どちらにもおすすめのごま鯛です。

 

今回は鯛を使いましたが、アジの刺身で「ごまアジ」にしても美味しいです↓

www.hotpepper.jp

 

作った人:筋肉料理人 藤吉和男

筋肉料理人 藤吉和男

料理と筋トレをこよなく愛する料理ブロガー。料理研究家としてレシピ本執筆や料理教室、テレビ出演、ボランティア活動を行う。自信のブログやYouTubeでは、簡単で美味しい魚料理や簡単レシピを専門的ながらわかりやすく紹介。レシピブログプラチナブロガー認定。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る