サバ水煮缶1つで二度ウマい。筋肉料理人の「サバ缶マヨ冷奴」と「サバ缶冷やし茶漬け」

f:id:kinniku39:20210726181923j:plain

こんにちは~筋肉料理人です!

今日は、おなじみのサバ水煮缶を半分ずつ使って、ビールにぴったりの激ウマ冷奴と、食欲がないときでもサラサラっと食べられる冷やし茶漬けを作ります。

冷奴は、サバ缶と生の玉ねぎをマヨネーズやしょうゆで味付けして、水切りした豆腐にたっぷりのせます。サバ缶+玉ねぎ+マヨネーズは、新潟県三条市のB級グルメ「サバサラ」にもある間違いない組み合わせ。玉ねぎのほのかな辛味もポイントです。

お茶漬けは、サバの身に塩昆布でうま味を足して、冷たいお茶をかけていただきます。「サバ缶マヨ冷奴」で美味しく飲んで「サバ缶冷やし茶漬け」でシメる“サバ缶づくし”もいいですね。

 

筋肉料理人の「サバ缶マヨ冷奴」

【材料】1人分

  • サバ水煮缶詰 1/2缶(内容量150~200g)
  • 木綿豆腐 1/2丁(150~200g)
  • 玉ねぎ 1/4個
  • 小ねぎ 2本
  • 塩 少々
  • ペッパーソース(タバスコなど) 適量

(A)

  • サバ水煮缶の煮汁 小さじ2
  • しょうゆ、酢 各小さじ1

(B)

  • マヨネーズ 大さじ1
  • おろしにんにく 小さじ1/4
  • ペッパーソース(タバスコなど) 小さじ1/4

作り方

f:id:kinniku39:20210726181719j:plain

1. 木綿豆腐はスプーンで一口大にすくい、

 

f:id:kinniku39:20210726181732j:plain

バットなどにのせたら塩をふり、冷蔵庫に15分程度入れて水切りします。

 

f:id:kinniku39:20210726181825j:plain

豆腐は玉ねぎ、サバの食感に負けないよう木綿豆腐を使います。塩をふって置くことで水分が出るのと、ほんのり塩味もつきます。

 

f:id:kinniku39:20210726181744j:plain

2. 玉ねぎは薄切りにします。

ちなみに、切った玉ねぎはザルに入れ、うちわであおぐなどして風を当てて軽く乾燥させると甘味も出ます。ためしてみてください。

 

f:id:kinniku39:20210726181242j:plain

3. 小ねぎを切ります。普通に刻みねぎでもいいですが、こうして斜めに薄く切ると飾りになり、冷奴も華やかになるのでおすすめです。

 

f:id:kinniku39:20210726181810j:plain

4. (A)を混ぜ合わせてしょうゆだれを作り、

 

f:id:kinniku39:20210726181757j:plain

(B)も別の容器で混ぜ合わせてマヨだれを作っておきます。

 

f:id:kinniku39:20210726181838j:plain

5. 皿に水切りした木綿豆腐とねぎを盛り、しょうゆだれをかけます。

 

f:id:kinniku39:20210726181852j:plain

6. サバの身をのせ、小ねぎをちらし、マヨだれをかけて出来上がりです。

 

f:id:kinniku39:20210727115158j:plain

辛みが効くとビールがすすむので、仕上げでもペッパーソースをふるのがおすすめです。

 

サバ水煮缶で、夏の冷やしレシピ2品

f:id:kinniku39:20210726182003j:plain

まずは「サバ缶マヨ冷奴」の完成です! サバ缶と玉ねぎ、マヨネーズの相性は抜群で、木綿豆腐と食べるとサラダ感覚でおつまみにぴったり。

 

f:id:kinniku39:20210726182020j:plain

水切りした木綿豆腐のしっかりした食感も効いていますね。

 

f:id:kinniku39:20210726182037j:plain

半分のこったサバ水煮缶は「サバ缶冷やし茶漬け」にしましょう。

1人分のご飯を盛った茶碗にサバの身をのせ、煮汁も小さじ2ほどかけます。塩昆布をひとつまみ、刻んだ小ねぎ、おろししょうがを適量のせ、しょうゆ小さじ1/2をまわしかけたら、冷たいお茶(緑茶、麦茶などお好みで)をかけて完成です。

サバの身を崩して食べると塩昆布のうま味、しょうがのさっぱりした風味が合わさって美味しく食べられます。家飲みのシメに、暑い日の軽い食事にもいいですね。私は朝食にサラサラっといただきました。

サバ水煮缶で作る夏の冷やしレシピ2品、ぜひおためしください。

 

作った人:筋肉料理人 藤吉和男

筋肉料理人 藤吉和男

料理と筋トレをこよなく愛する料理ブロガー。料理研究家としてレシピ本執筆や料理教室、テレビ出演、ボランティア活動を行う。自信のブログやYouTubeでは、簡単で美味しい魚料理や簡単レシピを専門的ながらわかりやすく紹介。レシピブログプラチナブロガー認定。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る