スパイスマスター直伝のブレンドで作る「スパイスオイル」。いつもの料理を底上げするこの香り【バリ猫ゆっきー】

f:id:balinekoyuki:20200408181054j:plain

はじめまして、スパイスコーディネーターマスターのバリ猫ゆっきーと申します。

料理好きが高じてスパイスに興味を持ち、気がつけば資格を取ってしまうほどスパイスにハマった私。

今回から、家でも簡単に作れるスパイス料理や、スパイスの上手な使い方をご紹介します。スパイスを少しでも身近に、そしてこれまでよりももっと好きになってもらえるとうれしいです。

 

まずは「スパイスの4つの作用」って?

 

f:id:balinekoyuki:20200408181856j:plain

というわけで、スパイスの基本のお話から。スパイスには主に、

「香り付け(賦香作用)」

「色味を付ける(着色作用)」

「辛味をつける(呈味・辛味作用)」

「臭み消し(矯臭・脱臭作用)」

の4つの作用があります。直接「味付け」効果はないんです。

ではなぜ、スパイスは世界中でこれほどまでに愛され、様々な料理に使われているのでしょうか。

スパイスの最大の活用法は「香り付け」。

食欲が増す効果があり、食べる前、そして、食べて口の中で広がるスパイスの香りによって、食材の旨味や味を最大限に味わうことができます。香りは料理の印象を大きく変える力があるのです。

そんなスパイスの「香り付け」に注目して、今回はいつもの料理に使うだけで香りをプラスしてくれる「スパイスオイル」の作り方をご紹介します。

スパイスと油(オイル)はとても相性がいいので、スパイスの香りを引き出すのに油は最適な調味料の1つ。特別な道具は必要ないので、たっぷり作って、いろいろな料理に使ってください。

 

バリ猫ゆっきーの「スパイスオイル」

材料

  • クミン 大さじ1
  • シナモン 2本
  • クローブ 小さじ1
  • ブラックペッパー 小さじ1
  • カルダモン 10~15粒
  • ローリエ 3枚
  • 米油(なければサラダ油でOK) 180ml

全てホールスパイスを使いました。全部揃わなくても、クミン・シナモン・クローブの3種類、またはクミンだけでも作ることも可能です。家にあるもの、手に入るものから試してみてください。

 

作り方

f:id:balinekoyuki:20200408180944j:plain

1. シナモンは2つに折り、

 

f:id:balinekoyuki:20200408180958j:plain

カルダモンは軽く押しつぶすようにして割れ目をつける。

 

f:id:balinekoyuki:20200408182008j:plain

ローリエは切れ目を入れる。

 

f:id:balinekoyuki:20200408181004j:plain

2. フライパンに1とクミン、クローブ、ブラックペッパーを入れて弱火で乾煎りにする。

 

f:id:balinekoyuki:20200408181014j:plain

3. クミンに少し焦げ目がつきはじめ、スパイスの香りがしてきたら火を止めて、キッチンペーパー等に広げて粗熱を取る。

スパイスはこうして炒ったり、油、酢、水などに合わせることで芳香成分を抽出することができます。たとえば、香りの強いクミンは、そのままでは若干青臭みがあるので、炒ることで本来の芳香成分が抽出できます。

 

f:id:balinekoyuki:20200408181020j:plain

4. 清潔な瓶に3と米油を注ぎ、常温で1日置いて完成。

保存期間は直射日光や蛍光灯の光を避け、常温で1ヵ月ほど。できれば暗くて涼しいところに置いておきましょう(保存期間はあくまで目安です。おいしいのでどんどん使って、早めに使い切るのがおすすめです)

 

いつもの料理を底上げする「ブレンド効果」

 

f:id:balinekoyuki:20200408180930j:plain

スパイスは、複数のスパイスをブレンドして使うことでそれぞれの芳香が複合され、敬遠されがちな薬臭さが薄れていきます。この現象を「ブレンド効果」といいます。

できあがったスパイスオイルは、そのブレンド効果がしっかり活かされているので、定番の野菜炒め、炒飯、焼きそばなどに使ってみてください。味付けはシンプルに塩、こしょうで。油を変えるだけで、いつもと違う、香り豊かな一品になりますよ。

 

f:id:balinekoyuki:20200408181037j:plain

スパイスオイルで作るアヒージョもおすすめです。

 

f:id:balinekoyuki:20200408181041j:plain

小さめのフライパンなどで、スパイスオイル大さじ4、みじん切りにしたにんにく1片を中火で炒め、フツフツしてきたら、

 

f:id:balinekoyuki:20200408181047j:plain

むきえび、マッシュルーム、電子レンジで蒸したじゃがいもなどお好みの材料を入れて、弱火で約5分。

スパイスの香りで、食べ出したら止まらなくなるアヒージョですよ。

 

“家カレー”もワンランク、ツーランクアップ

f:id:balinekoyuki:20200408181059j:plain

今回のスパイスオイルには、スパイスカレーを作る時に欠かせない「スタータースパイス」として使われるスパイスを使いました。そこで、市販のカレールウで作る“家カレー”も、食材をこのスパイスオイルで炒めるだけで、お店で食べるような香り豊かなカレーに大変身です。スパイスオイルがあれば、特別な材料や工程は必要ありません。

一家に一瓶、絶対おすすめのスパイスオイルです。この香りをぜひ体験してみてください。

 

作った人:バリ猫ゆっきー

バリ猫ゆっきー

スパイス料理研究家、スパイスコーディネーター協会認定スパイスコーディネーターマスター。スパイスレシピコンテストのグランプリ受賞がきっかけでスパイス料理のトリコになり、ブログ『楽しいキッチン*spice-cooking*』にてスパイスを使用した料理や、簡単で美味しいレシピ、アウトドアレシピを紹介。レシピ開発、料理教室講師、フードスタイリング・コーディネート、コラム執筆など幅広く活動中。バリ島の定番みやげ「木彫りの猫」がお気に入りで、“バリ猫”はそれにちなんだもの。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る