【遅夜おかず】ほぼ混ぜるだけ!3分でできるピリ辛「明太もやしナムル」【エダジュン】

f:id:edajun:20171026092411j:plain

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。

好評いただいた前回のタッカルビに引き続き、

www.hotpepper.jp

今回も韓国風、ナムルのレシピを紹介します! ピリッと辛い明太子と、うま味と塩けがやみつきになる「塩昆布」を使ったちょっと変化球的な作り方です。白いごはんのおともにも、おつまみにもピッタリ。ほぼ混ぜるだけでチャチャッと作れるので、今夜にでもさっそく試してみてください。

 

エダジュンの「明太もやしナムル」

【材料】(作りやすい量)

  • もやし 1袋(250g)
  • 明太子 1/2腹(40g)
  • 塩昆布 小さじ2(6g)
  • すりごま(白) 小さじ2

(A)

  • ごま油 大さじ1
  • 鶏ガラスープの素(顆粒) 小さじ1
  • にんにく(すりおろし) 1片分

 

作り方

f:id:edajun:20171026092459j:plain

1. もやしはたっぷりのお湯に1分ほどゆで、ザルにあげて粗熱と水けをきる。明太子は皮から身をほぐす。

 

f:id:edajun:20171026092622j:plain

2. ボウルに1、塩昆布、すりごま、(A)を合わせて混ぜる。

 

肩の力を抜いても作れる!究極のおつまみ&おかずが誕生

f:id:edajun:20171026092724j:plain

もやしは安くてヘルシー、財布にも体にもうれしい野菜です! うまく食卓に入れると、おかずとしても活躍できるので僕もとても重宝しています。今回合わせた明太子と塩昆布はしっかりと塩気があるので、食べ応えもあります。明太子が大好きな方は、お好みで追加しても◎。たっぷり作っておいて、翌日にオムレツに入れて食べたり、ラーメンに入れてもおいしいですよ~。

もやしは水けを含んだまま材料を混ぜるとべちゃとしますので、そこだけ気をつけてくださいね。

 

作った人:管理栄養士 エダジュン

管理栄養士 エダジュン

パクチー料理研究家・管理栄養士。株式会社スマイルズに入社。SoupStockTokyoの本社業務に携わり、2013年に独立。家で作れるエスニック料理とパクチーを使ったレシピを研究中。「料理にやっちゃいけないことはない」がモットー。パクチーレシピの数々を録した『パクチー!パクチー!パクチー!』(NHK出版)、和・洋・中・韓・エスニック・ポタージュと150品のスープレシピをまとめた『これ1品で献立いらず!野菜たっぷり具だくさんの主役スープ150 』(誠文堂新光社)が好評発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。

※この記事は2017年10月の情報です。

トップに戻る