レモンサワーをジョッキ飲みしたくなる、こってりすぎる「えのき茸の肉巻きしょうが焼き」【エダジュン】

f:id:edajun:20191031180335j:plain

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。

本日は、白ごはんのおかずや晩酌のおつまみ、お弁当のおかずにも使えるこってり味の「肉巻きしょうが焼き」をご紹介したいと思います。こってりに仕上がるので、さっぱりしたレモンサワーで流してくださいね。

しょうが焼きは豚肉、入れたとしても玉ねぎくらいのイメージが強いですが、今回はそこにえのき茸をプラス。えのき茸と一緒にすると、食感も良くなり、お肉少な目でもかさ増しできておすすめです。冷蔵庫に中途半端な枚数の豚バラ肉が残っていたら、ぜひ作ってみてください。

 

エダジュンの「えのき茸の肉巻きしょうが焼き」

【材料】1~2分

  • えのき茸 1パック
  • 豚バラ肉(薄切り) 6枚 
  • 大葉(千切り) 4枚
  • ごま油 大さじ1/2

(A)

  • しょうが(すりおろし) 1片(6g) 
  • 酒 大さじ1 
  • しょうゆ 大さじ1と1/2 
  • 砂糖 小さじ2 

 

作り方

1. えのき茸は軸を切り、6等分に分ける。

 

f:id:edajun:20191031180351j:plain

2. 広げた豚バラ肉の上にえのき茸をのせて一巻きしたら、

 

f:id:edajun:20191031180407j:plain

えのき茸の全体を覆うように巻いていく。

 

f:id:edajun:20191031180409j:plain

3. フライパンにごま油をひき、中火で温めて、2の巻き終わりを下にして焼く。

 

f:id:edajun:20191031180416j:plain

時々転がして、

 

f:id:edajun:20191031180424j:plain

側面全体に焼き色がついたらOK。

 

f:id:edajun:20191031180430j:plain

4. 焼き色がついたら弱火にして1分ほどおき、フライパンを少し冷ましてから、タレになる(A)を入れる。

熱い状態でタレを入れると焦げてしまうため、フライパンを冷まします。

 

f:id:edajun:20191031180439j:plain

5. 中火にして、タレと肉を絡める。皿に盛り、大葉をのせる。

 

お財布にやさしいしょうが焼きが完成!

f:id:edajun:20191031180343j:plain

タレと豚肉のうま味をえのき茸がしっかりと吸ってくれて、とっても食べ応えがあります。すき焼きで、えのき茸が割り下を吸って美味しくなるようなイメージですね。食感もよく、食べ応えも満点。

ちなみに、えのき茸は100gで約22kcal。お値段も1パック100円くらいとリーズナブルなので、体にもお財布にもやさしい一皿です。

 

作った人:管理栄養士 エダジュン

管理栄養士 エダジュン

パクチー料理研究家・管理栄養士。株式会社スマイルズに入社。SoupStockTokyoの本社業務に携わり、2013年に独立。家で作れるエスニック料理とパクチーを使ったレシピを研究中。「料理にやっちゃいけないことはない」がモットー。著書に『パクチー!パクチー!パクチー!』(NHK出版)、『これ1品で献立いらず!野菜たっぷり具だくさんの主役スープ150』(誠文堂新光社)、『アジア料理をカレーにしたら?』(文化出版局)。2019年10月発売の最新刊『毎日食べたい! お粥ごはん』は、炊いたご飯から作る、具だくさん「ごちそうがゆ」のレシピ集。身近でシンプルな食材を使った、和、洋、中、エスニックなどのバリエーション豊かな味付けと、お粥に合うトッピングを便利な1人分のレシピで掲載。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る