【鶏むね肉】ナンプラー×レモンで「エスニックよだれ鶏」がしっとりできた【エダジュン】

f:id:edajun:20200218164758j:plain

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。

本日は、エスニック料理で欠かせないナンプラーを使って「お手軽よだれ鶏」を作りたいと思います。

ナンプラーとレモンの組み合わせは、酸味と旨味が強くてとても美味しいです。これをピリ辛のよだれ鶏風にして、ご飯もビールも進む味わいに仕上げました。高たんぱく、低脂肪の鶏むね肉を使うので、“筋肉メシ”としてもおすすめですよ。

 

エダジュンの「エスニックよだれ鶏」

【材料】(1~2人分)

  • 鶏むね肉 1枚
  • 塩、砂糖 各小さじ1/4
  • パクチー、ピーナッツ お好み量

(A)

  • 鶏のゆで汁 大さじ2
  • ナンプラー、酒 各大さじ1
  • ごま油、レモン汁 各小さじ2
  • ラー油 小さじ1(豆板醤を使う場合は小さじ1/2)

 

作り方

f:id:edajun:20200309160121j:plain

1. 鶏むね肉は皮をとり、フォークで全体に穴を開け、塩と砂糖をもみ込む。

 

f:id:edajun:20200130144607j:plain

2. 鍋に鶏肉が浸るくらいの湯(分量外、700mlほど)を沸かし、1の鶏肉を入れる。火を止めてフタをし20分ほどそのまま温める。

 

f:id:edajun:20200218163753j:plain

その間に(A)を混ぜ合わせておく。

(A)のラー油を豆板醤に変えると、ソースのコクがアップしますよ。

 

f:id:edajun:20200309160141j:plain

3. 2の鶏むね肉に火が通り、粗熱がとれたら鍋から取り出し、薄切りにする。

この茹で汁は美味しいスープにするので、捨てずに残しておいてください。

 

f:id:edajun:20200218164713j:plain

4. 皿に盛り付け、(A)のタレをかけ、お好みで食べやすく切ったパクチーと、砕いたピーナッツを添える。

 

酸味、旨味、辛味が味わえるよだれ鶏が完成

f:id:edajun:20200218164955j:plain

じっくり火を通すので鶏むね肉はしっとり仕上がります。冷蔵庫で冷やして食べても美味しですよ。レモン汁は、生のレモンを絞って使うと香りが段違い、とても美味しくできるのでおすすめです。

そして、今回は鶏むね肉の茹で汁を使ってもう1品、

 

f:id:edajun:20200130154119j:plain

「エスニック卵スープ」を作ります。

鶏むね肉を取り出した鍋に残った茹で汁を再度中火にかけ、沸騰して、アクが出たらすくってください。そこに、ナンプラー大さじ2、レモン汁小さじ2を入れて(ナンプラーは味を見て調節してください)、

 

f:id:edajun:20200218164425j:plain

沸騰している状態で、溶き卵1個分を回し入れたら、

 

f:id:edajun:20200218164432j:plain

鶏の出汁が効いた、ふわふわ卵のスープが完成です。

 

f:id:edajun:20200218164944j:plain

ビールと一緒にいただくもよし、ここにご飯を添えれば一汁一菜、立派なエスニック献立の完成です。1つの鍋で2つの料理ができるので、ぜひ作ってみてください。

 

今回のレシピと同じ方法で火を通した鶏むね肉は、麻婆ソースで食べるのもおすすめです↓

www.hotpepper.jp

 

作った人:管理栄養士 エダジュン

管理栄養士 エダジュン

パクチー料理研究家・管理栄養士。株式会社スマイルズに入社。SoupStockTokyoの本社業務に携わり、2013年に独立。家で作れるエスニック料理とパクチーを使ったレシピを研究中。「料理にやっちゃいけないことはない」がモットー。著書に『パクチー!パクチー!パクチー!』(NHK出版)、『これ1品で献立いらず!野菜たっぷり具だくさんの主役スープ150』(誠文堂新光社)、『毎日食べたい!お粥ごはん』。(パルコ出版)2019年12月発売の最新刊『野菜たっぷり具だくさんの主役パスタ150』は、2人分の量を1人分の麺(100g)で作り糖質オフできる、毎日食べたくなる150種類のパスタレシピを掲載。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る