「目玉焼き」をビールのつまみにする方法が宅飲みで好評だった【エダジュン】

f:id:edajun:20200427142021j:plain

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。

前に同年代の友人たちと宅飲みをした際に、「つまみに何を作ってる?」という話になって、「目玉焼き」という声があがりビックリしました。

目玉焼きは確かにお手軽だし、味付けも割と自由だし、酒のつまみとしてもありなのかと思い、とはいえ、しょうゆや塩をかけるだけでは味気ない……。ということで、その時に即席で作って好評だったのがこの「ねぎ塩目玉焼き」です。たまご2個で作っても1人でペロリの美味しさですよ。

 

エダジュン「ねぎ塩目玉焼き」

【材料】(1人分)

  • たまご 2個
  • 生ハム 4枚
  • サラダ油 大さじ1

(A)

  • 長ねぎ(白い部分) 20g
  • ごま油 小さじ1
  • にんにく(すりおろし) 小さじ1/2(2~3gほど)
  • 鶏ガラスープの素(顆粒) 小さじ1/4
  • 塩、黒こしょう 少々

 

作り方

1. ねぎは芯をとり、みじん切りにする。(A)をボウルで和える。

 

f:id:edajun:20200427142047j:plain

2. フライパンにサラダ油をひき、中火で温める。油がフツフツしてきたら、フライパンの上に生ハムを4枚ひいて、

 

f:id:edajun:20200427142039j:plain

その上にたまごを落とす。

 

f:id:edajun:20200427142044j:plain

3. たまごの白身が固まってきたら、

 

f:id:edajun:20200427142048j:plain

(A)を上にかけて、白身のふちがカリカリになるまで焼く。

 

二度美味しい目玉焼き

f:id:edajun:20200427142107j:plain

生ハムの塩気とねぎ塩のシャキシャキ感は、ビールで流すのに最高です。

 

f:id:edajun:20200427142116j:plain

たまご2個の目玉焼き。まず、1つ目の目玉焼きは、そのままつまみにしてビールをゆっくり楽しんでください。

 

f:id:edajun:20200427142128j:plain

もう1つの目玉焼きは、白ご飯の上にのせて「ねぎ塩目玉焼き丼」に。

 

f:id:edajun:20200427142135j:plain

黄身を崩しながら食べれば、ため息が出るほどの極楽メシになりますよ。二度美味しい目玉焼き、ぜひ作ってみてくださいね。

 

作った人:管理栄養士 エダジュン

管理栄養士 エダジュン

パクチー料理研究家・管理栄養士。株式会社スマイルズに入社。SoupStockTokyoの本社業務に携わり、2013年に独立。家で作れるエスニック料理とパクチーを使ったレシピを研究中。「料理にやっちゃいけないことはない」がモットー。著書に『パクチー!パクチー!パクチー!』(NHK出版)、『これ1品で献立いらず!野菜たっぷり具だくさんの主役スープ150』(誠文堂新光社)、『毎日食べたい!お粥ごはん』。(パルコ出版)2019年12月発売の最新刊『野菜たっぷり具だくさんの主役パスタ150』は、2人分の量を1人分の麺(100g)で作り糖質オフできる、毎日食べたくなる150種類のパスタレシピを掲載。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る