サラダチキンをレンジで3分 「ルーローハン風ごはん」が食べられる【エダジュン】

f:id:edajun:20210403082215j:plain

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。 本日はコンビニなどでお手軽に手に入るサラダチキンで、「ルーローハン風ごはん」を作ります。電子レンジの簡単仕上げです。

台湾屋台メシでもおなじみのルーローハンは本来は豚の塊肉を使うのですが、今回は鶏むね肉、しかも市販のサラダチキン。サラダチキンならすでに火が通っていて下味もついていますし、しっとりとした味わいも楽しめますよ。

香りづけにかかせないのが五香粉。ルーローハンには外せない八角をはじめ、シナモン、花椒、クローブなどがミックスされていて、これだけで台湾気分が盛り上がります。ぜひ作ってみてください。

 

エダジュンの「ルーローハン風ごはん」

【材料】(1人分)

  • ご飯 茶碗1杯分
  • サラダチキン(プレーン) 1パック(100g)
  • 玉ねぎ(薄切り) 1/6個(30g)
  • 五香粉 小さじ1/4
  • 黒こしょう 適量
  • パクチー(食べやすく切る) お好みで適量

(A)

  • オイスターソース 小さじ2
  • しょうゆ、酒 各小さじ1
  • 砂糖 小さじ1/2

 

作り方

f:id:edajun:20210403082230j:plain

1. サラダチキンを角切りにして、耐熱ボウルに入れる。

 

f:id:edajun:20210403082242j:plain

2. 玉ねぎを入れ、

 

f:id:edajun:20210403082256j:plain

(A)も入れたら、全体をよく和える。

 

f:id:edajun:20210403082308j:plain

3. ふんわりとラップをして、電子レンジ(600W)で2分ほど温める。

 

f:id:edajun:20210403082120j:plain

4. 1度取り出して、五香粉をふりかけ全体を混ぜたら、再度1分加熱する。

 

f:id:edajun:20210403082147j:plain

5. 器にごはん、3をのせ、黒こしょうをかける。お好みでパクチーを添える。

 

電子レンジでお手軽ルーローハン風!

f:id:edajun:20210403082200j:plain

しっとり食べやすいサラダチキンが、オイスターソースのこってりしたタレをまとって、ご飯がどんどんすすみます。

パクチーを添えて、五香粉の香りとパクチーの爽やかな風味を一緒に食べるのがおすすめ。とっても簡単で美味しいので、ルーローハン好きは一度、作ってみてくださいね。

 

今回使った五香粉でひき肉を炒めるアジア風の肉みそもご飯がすすみますよ!

www.hotpepper.jp

 

作った人:管理栄養士 エダジュン

管理栄養士 エダジュン

料理研究家・管理栄養士。株式会社スマイルズに入社。SoupStockTokyoの本社業務に携わり、2013年に独立。家で作れるエスニック料理とパクチーを使ったレシピを研究中。「料理にやっちゃいけないことはない」がモットー。著書に『パクチー!パクチー!パクチー!』(NHK出版)、『野菜たっぷり具だくさんの主役サンド150』(誠文堂新光社)、『毎日食べたい!お粥ごはん』(パルコ出版)。2021年1月発売の最新刊『フライパンひとつで!のっけ弁当』(学研プラス)では、たんぱく質1種+野菜1~2種で、フライパン1つ、3ステップでできる、お弁当でも丼にしてもおいしいのっけおかずレシピを提案。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る