【そば好きの楽園】収穫量全国1位の幌加内「雪月花」で新そば!【北海道】

f:id:mesitsu_lc:20161012123358j:plain

ちょっとちょっと!
ぜいたくなおそば屋さんがありますよ。


北海道・幌加内町はそば好きにとって、
とてつもな〜い場所なんです。

なぜならば!

作付け面積、全国1位!
収穫量、全国1位!(※)

おまけに。
日本の最寒記録、第1位!(※)

寒暖の差は、美味しいそばを育てるのです。

そんな幌加内のそばにほれ込み、
移住してしまったご主人が営むお店、
「雪月花」をご紹介します。

 

旭川市から車で1時間

年々、そばが好きになり、
なんとなく「打っちゃいそう」な予感までしてきている、
メシ通レポーターの裸電球です。

今日は、そば好きなら一度は訪れたい憧れの街。
幌加内町にやってきました! 

f:id:mesitsu_lc:20161012123401j:plain

最寒って書いていますが、
その温度ときたら…ズバ抜けていますよ。

 

なんと、マイナス41.2℃!

 

いやいやいや!
これは「寒い」のレベルじゃないですよ。

f:id:mesitsu_lc:20161012123430j:plain

そんな幌加内では今年も新そばが!
ただでさえ美味しいそばが、もっともっと楽しくなる季節です。

町内あちこちに、
新そばの旗がたなびいていますよ。

 

f:id:mesitsu_lc:20161012123434j:plain

見渡す限り、一面そば畑ですよ!
こんな光景、なかなか見られないのではないでしょうか。

刈り取った後の畑はピンクに色づいています。

f:id:mesitsu_lc:20161012123400j:plain

お米は稲穂が垂れた黄金色が食欲をそそりますが、
そばはむしろ、刈り取ったあとのピンク色だと思いませんか。

新そばの合図、とでもいいましょうか。
町全体が美味しい色に染まっています。

 

目的のお店に到着!

f:id:mesitsu_lc:20161012123402j:plain

こちらはバス乗り場や観光協会なども入る交流プラザです。
この中で営業されているお店が今、話題だというのです。

なんでもオープンしたばかりだといいます。
楽しみですね!

 

f:id:mesitsu_lc:20161012123423j:plain

北海道のみならず、全国のおそば屋さんが幌加内のそば粉を使っています。

そば好きなら一度は訪れたい町ですよね。

なんと、こちらのご主人。
幌加内のそばに魅かれ、 移住 してしまったというのです!

 

f:id:mesitsu_lc:20161012123416j:plain

埼玉浦和市(現 さいたま市)の出身・店主の曽根さんです。
脱サラして、東京でレストランを経営するなど飲食の道へ。

それだけでは終わりません。

そば畑で5年間、栽培の仕事をしたのち、
ここ、幌加内に移住。
2016年の7月から念願だったおそば屋さんを経営されています。

とってもアグレッシブな方で、語り口調も職人気質!

「ほら、兄ちゃん、早く撮らないと打ち終わるぞ!」

 

f:id:mesitsu_lc:20161012123429j:plain

ガラス張りで店内からもその様子を見ることができます。
なんて見事な手さばき!

みるみるうちに、伸びていくではありませんか。

f:id:mesitsu_lc:20161012123424j:plain

f:id:mesitsu_lc:20161012123426j:plain

ここまでがお弟子さんの仕事。
切るのは店主・曽根さんが担当します。

「それは、奥でやるんだ、見せられねえ」

さすが職人さん……何か秘密が、と思いきや。
その理由がたまりません。

 

「俺、見られると調子にのっちゃうんだ」

かわいい子がガラス越しに見ていると、
ついつい、切りすぎてしまうんだとか。

たまりません!

 

欲張って「温かい」のと「冷たい」の! 

f:id:mesitsu_lc:20161012123420j:plain

せっかく来た幌加内。
お腹もペコペコなので、2つ注文しちゃいましょう!
そばって、食べ過ぎても大丈夫っていう、安心感ありません?

 

f:id:mesitsu_lc:20161012123419j:plain

ここはそうですね。
「もりそば」か……いや、納豆そばが気になりますね。
それに、壁のメニューにあった「きつね」にします。

 

f:id:mesitsu_lc:20161012123413j:plain

f:id:mesitsu_lc:20161012123403j:plain

「納豆そば 800円」です。

まさか幌加内で本場の納豆が味わえるとは!
大きくてゴロゴロです。

別皿なので、まずはそばの味を堪能してから入れてみます。

 

f:id:mesitsu_lc:20161012123411j:plain

美しいそうですね~。
それでは早速、いただきま~す!

 

f:id:mesitsu_lc:20161012123409j:plain

ズズズ……ズズズズズ……。
おおお!

これは!!

コシが全然違いますね、そして抜けてくるそばの香り。
のど越しもたまりません。

ああ、幌加内に来た甲斐がありました。
新そばバンザイ!!

 

f:id:mesitsu_lc:20161012123410j:plain

納豆を入れて食べても抜群!
カツオが効いた奥深い味わいです。

 

f:id:mesitsu_lc:20161012123408j:plain

まだまだ食べますよ!
おかわりは「キツネそば 800円」です。

すでに外は冬の気配。
温かいそばが染みる季節の到来ですね。

 

f:id:mesitsu_lc:20161012123406j:plain

温かくてもコシがあります。
これには驚きました。

「雪月花」のそば、最高ですね!
どれもしっかり一人前なのですが、
大げさではなく、もう1杯食べられる美味しさです。

 

f:id:mesitsu_lc:20161012123421j:plain

なんだか自分でもそばを打ってみたくなりますね。
こんなに上手にできないのはわかっているのですが……。

ちなみにここでプチ情報!
地元の幌加内高校ではなんと……。

必修科目に「そば」があるんですって!

そば打ちから学ぶもの、確かにたくさんありそうですよね。
恐れ入りました。

皆さんもそばの町、幌加内で
最高の新そばを味わいませんか?

 

参考資料

(※)幌加内町観光協会ホームページより http://www.horokanai-kankou.com/

  

お店情報

雪月花

住所:北海道雨竜郡幌加内町字幌加内 幌加内交流プラザ内
電話番号:0165-26-7770
営業時間:11:00~15:00、17:00~20:00
定休日:不定休

※金額はすべて消費税込みです。
※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

  

書いた人:裸電球

裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。

過去記事も読む

トップに戻る