読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メシ通 Produced by RECRUIT

食欲と知識欲をシゲキする食メディア

  • ブクマする
  • フォローする
  • フォローする
  • フォローする

全国的にも珍しい市営の飲食店ビルで営む「まるちょ~」に潜入【北海道】

f:id:mesitsu_lc:20170404091943j:plain

札幌トップクラスのディープスポット。

居酒屋さんやスナックが軒を連ねる「ニュー札東ビル」です。

札幌市民の中には、「怖くて近づけない」という人がいるほど。

でも大丈夫!
なんとこのビル、全国でも珍しい「市営」なんです。

だから、市の審査のうえに、入居してるというわけです。


あの建物は一体何なの?
どんなお店が入っているの?

 

今回は中華料理がいただける「まるちょ~」をご紹介します。

 

東区役所のすぐ近く

f:id:mesitsu_lc:20170410172430j:plain

今日はとっても楽しみにやってきました。

北海道を拠点に食べ歩き。

入りづらいお店ほどテンションがあがるタイプの飲兵衛、
メシ通レポーターの裸電球です。

札幌に住んでいても、
「勇気がないと行けない」というディープな界隈を教えてもらいました。

2階建ての建物で、居酒屋さんやスナックが、
所狭しと並んでいて、しかも安いお店が多いというのです。

なんだそれ!
話だけ聞くと最高じゃないですか。

 

f:id:mesitsu_lc:20170410172524j:plain

札幌市営東豊線「東区役所前」駅から歩いてすぐ。

ここですよ!

ズドンと鎮座するような建物。
ここが今回の舞台、「ニュー札東ビル」です。

1階が飲食店で2階がオフィスや住宅という、市営ビルはありますが、
全部が飲食店という市営ビルは、全国探してもそんなにないですよね?

珍しい気がします。

 

f:id:mesitsu_lc:20170404091944j:plain

市営だから家賃が安い。

だから安く提供できる。

そんなカラクリでしょうか。
飲兵衛にはたまらない界隈であることは間違いありません。

 

f:id:mesitsu_lc:20170404091947j:plain

2階へ続く階段です。

上はスナックが多いみたいです。

なかなかハードルの高い「暗さ」が広がっています。
まだ、日が高いので2階はやっていないようです。

「ニュー札東ビル」は、夜だけではなく、
お昼から営業しているお店もあるんですよね。

 

いい匂いがするお店を発見

f:id:mesitsu_lc:20170404092024j:plain

四角いビルの、まさに「角」にあるお店。


ここ!
いい佇まいではありませんか。
「中華 まるちょ~」です。

f:id:mesitsu_lc:20170404092023j:plain

お店の前の看板には、

「あんかけ焼きそば」と、「豆乳塩ラーメン」の文字。

とっ……豆乳塩!?
食べたことないですよ、それ。

やっぱりここに入ってみましょう。
ディープスポットの予感がプンプンします。

 

f:id:mesitsu_lc:20170404091951j:plain

勇気を出して入店。

店内はおお!

まさにビルの中といった感じの中華料理店。
いいですね~。

おいしい料理に出会える気がします。

 

f:id:mesitsu_lc:20170404091955j:plain

店主の長屋さんです。

お店のオリジナルTシャツには、サル。

似てる!
というか、そのまんま!

プロのイラストレーターに似顔絵を頼んだら、
出来上がってきたのが「サル」だったそうです。

人柄、伝わりますね。
爆笑! サルって!!

f:id:mesitsu_lc:20170404091954j:plain

中華メニューがズラリ。

実に北海道らしいメニューもあります。

エゾシカと中華の融合。
オイスター炒めですって、気になりますね。

f:id:mesitsu_lc:20170404091958j:plain

でもやっぱり食べたいのは、

表の看板にもあった、「あんかけ焼きそば」と「豆乳塩ラーメン」です。

2つ食べるのはお腹がな~と悩んでいると、
「ハーフもできますよ」とおサルさん。

間違った、長屋さん。

 

いいですね! ハーフでお願いします

f:id:mesitsu_lc:20170404091957j:plain

ずっと中華料理店で働き、5年前にこちらのお店をオープン!

札幌の中でもディープな界隈ですが、
そのぶん、常連さんが通ってくれているんだとか。

それ、すっごくわかります!
秘密にしたい、隠れ家感がありますね。

客層は30代でも若いほう。
50代の飲みなれたベテランが多いそうです。

70代、80代もザラにいるそうで。
より一層ディープ感が引き立ちます。

 

f:id:mesitsu_lc:20170404092002j:plain

▲豆乳塩ラーメン(ハーフ) 550円

 

おお!
白いラーメン!

北海道の雪原を思わせるような美しさです。
ハーフとはいうものの、具材もしっかりで食べごたえがありそうです。

中華料理店ですからね、

チャーシューも卵も自家製ですよ。

ちなみに1人前は800円でした。

f:id:mesitsu_lc:20170404092010j:plain

ではスープから。

ズズズズ……。

ああ、おいしい!
そして、まろやかで優しい!

豆乳の風味はしっかりするものの、独特のくさみはありません。
へー、これは新しい!

f:id:mesitsu_lc:20170404092006j:plain

飲み屋さんのビルですから、

〆に「豆乳塩ラーメン」を求めてやってくるお客さんも多いんですって。

私も飲んだ後のラーメンが大好物。


なるほど!
これは胃にも優しい気がします。

 

続いてお店の人気ナンバーワン!

f:id:mesitsu_lc:20170404092005j:plain

▲あんかけ焼きそば(ハーフ)550円

「豆乳塩ラーメン」と同様、ハーフでも量あります!

それにしても。
さすが人気ナンバーワン。

おいしそう!

 

f:id:mesitsu_lc:20170404092004j:plain

見てください!

この麺のカリカリっぷり。

トロトロのあんをたっぷりと絡めて最高です!

f:id:mesitsu_lc:20170404092003j:plain

エビにイカ、豚肉などなど。

具だくさん!

おいしさの秘訣は、
ほんの少し甘めに仕上げたあんに、
ピリッと効かせたショウガなんですって!

ああ、お腹いっぱい。

 

 デザートは別腹

f:id:mesitsu_lc:20170404092015j:plain

お店の看板娘・ユッキー!

明るく気遣いのできるしっかり者。

店長、絶対ユッキーで売り上げ2割は上がってますよ。

エプロンにはあら?
サル のイラストが描かれていますね。

デザートを運んでくれました。

f:id:mesitsu_lc:20170404092016j:plain

▲杏仁ブラマンジェ 250円

フランス語で「白い食べ物」を意味するブラマンジェ。
そうか!

杏仁もブラマンジェか!
中華との融合です。

 

f:id:mesitsu_lc:20170404092020j:plain

トロトロでおいしい!

杏仁の香りが広がります。

それでいて、生クリームでしょうか。
とてもクリーミーなんです。

 

ごちそうさまでした!

f:id:mesitsu_lc:20170404092022j:plain

食事を楽しんでもらいたいと話す長屋さん。

「中華 まるちょ~」はその人柄が味に出ているようなお店でした。

札幌市民でも近づけない人がいるという、
ディープスポット「ニュー札東ビル」

 

ここは、ちょっとの勇気でパラダイス。
確かに外観はごっついですけど(笑)。

皆さん是非、散策してみてはいかがでしょうか。

 

お店情報

中華 まるちょ~

住所:北海道札幌市東区北10条東8丁目 ニュー札東ビル1階
電話番号:011-711-0130
営業時間:12:00~14:00
     18:00~翌2:00(水曜日・日曜日はランチ休みのため18:00から営業)
定休日:日曜日

www.hotpepper.jp

※この記事は2017年3月の情報です。
※金額はすべて税込みです。

 

書いた人:裸電球

裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。

過去記事も読む

トップに戻る