自家製の「豆乳ヨーグルト」をまとめて作りおきしたら、毎日の食卓がこんなに楽しくなった

おうち時間が増えて最近こっそり流行ってきているのが自宅で発酵食品を作る自宅発酵。お味噌や甘酒を自家製で作ったり、マイ麹室を購入して麹から手作りする強者までいるようです。

f:id:iyasaka_fasting:20210531183906j:plain

発酵食品の魅力を伝えるために、今回は初心者でも簡単に作れる豆乳ヨーグルト作りに挑戦してみようと思います。

ヨーグルトと言えば牛乳から作るのが一般的ですが、実は豆乳で作ることも出来るんです。

豆乳ヨーグルトは牛乳で作るヨーグルトとまったく同じ工程で作ることができます。普通に牛乳でヨーグルトを作りたい人も、この記事の方法で作ることができますよ。

 

「豆乳ヨーグルト」作りに挑戦

では、ここから実際に豆乳ヨーグルトを作ってみたいと思います。

 

f:id:Meshi2_IB:20210608112910j:plain

【準備するもの】

  • 成分無調整の豆乳
  • 市販の豆乳ヨーグルト
  • 耐熱の保存容器

 

準備する材料はこれだけです。とってもシンプルで簡単ですよね。

分量は、作りたいだけご用意ください。

 

では、実際に作ってみましょう。

まずはじめに保存容器とスプーンを綺麗に洗い、熱湯で殺菌します。

f:id:iyasaka_fasting:20210531162622j:plain

この作業は発酵食品を作るうえで基本の作業です。

 

f:id:iyasaka_fasting:20210531162625j:plain

保存容器についている雑菌を熱湯で殺して、目に見えないところまで清潔にしてあげることが重要です。もちろん保存容器のフタや、豆乳ヨーグルトをすくうスプーンも入念に熱湯で殺菌することを忘れずに。

 

f:id:Meshi2_IB:20210608113035j:plain

続いて、保存容器をキッチンペーパーで綺麗に拭いたら豆乳を容器に好きなだけ注ぎます。

 

f:id:Meshi2_IB:20210608111957g:plain

どれくらいの豆乳ヨーグルトを作りたいかで保存容器の大きさや豆乳の量は調整しましょう。

 

f:id:Meshi2_IB:20210608113050j:plain

とりあえずこのくらい入れてみます。だいたい400mlくらいでしょうか。

 

f:id:Meshi2_IB:20210608113146j:plain

そしてここに豆乳ヨーグルトをスプーン1杯入れて、優しくかき混ぜます。

 

f:id:Meshi2_IB:20210608113204j:plain

あとは保存容器のフタを軽く被せて好みの硬さになるまで発酵させます。

ポイントは保存容器のフタを完全に閉めないようにしましょう。密封させてしまうと、うまく発酵が起こらない場合があります。

 

f:id:Meshi2_IB:20210608113255j:plain

直射日光のあたらない涼しい場所で半日から1日ほど室温のまま放置して、発酵させれば完成です。

また夏場で室内の気温が30度を超えるような場合は発酵も早く、それとともに腐敗が進んでしまう恐れもあるので、そういう場合は日が落ちた夕方から発酵させ、日中は発酵中でも冷蔵庫にしまうようにしましょう。

逆に秋冬で室温が低すぎると発酵が遅くなる場合があります。

 

途中、2~3回発酵の具合を見ながら少しかき混ぜてあげると失敗しづらいですね。

 

f:id:iyasaka_fasting:20210531163859j:plain

完成しました。

 

f:id:iyasaka_fasting:20210531165628g:plain

完成の目安は、「お好みの硬さになったら」。

 

f:id:iyasaka_fasting:20210531182726j:plain

グルグルっとかき混ぜてもらうと、普段見ているヨーグルトの感じになります。

 

たったこれだけで自家製の豆乳ヨーグルトが作れてしまいます。

不思議ですよね。

 

簡単に解説をすると、市販の豆乳ヨーグルトの中にはたくさんの乳酸菌が含まれています。

その乳酸菌を掬い上げて豆乳の中に入れると、豆乳の中に含まれている糖質を乳酸菌が食べることで増殖してくれます。

すると段々ととろみがついてきて、皆さんの知っているヨーグルトへと姿を変えるのです。

 

発酵って本当に不思議ですよね。

 

f:id:iyasaka_fasting:20210531183906j:plain

さっそく試食してみましょう。

なにも加えずに食べると、ほのかな豆乳の香りとともに、スキッとした酸味のあるプレーンヨーグルトの味がします。

 

お好みで蜂蜜をかけたりジャムをかけたりして食べると良いでしょう。

f:id:iyasaka_fasting:20210531184002j:plain

僕、個人的にはヨーグルトにぶつ切りのバナナを入れて蜂蜜をかけるのが好きです。

さらにシリアルを少し加えて食感を出すのがお気に入り。

 

こうして手軽に豆乳ヨーグルトは作ることができます。

豆乳ヨーグルトは、冷蔵庫に保管してくださいね。冷蔵保存で3〜4日以内が賞味期限の目安です。

 

タンパク質も豊富な「豆乳ヨーグルト」アレンジレシピ3品

f:id:iyasaka_fasting:20210531184208j:plain

こうしてただ豆乳ヨーグルトを作るだけでもなんですので、ここからは豆乳ヨーグルトを使ったアレンジレシピを3品ご紹介します。

どの料理も栄養満点ですよ。

 

①簡単で超便利な「豆乳ヨーグルトのドレッシング」

自家製の豆乳ヨーグルトで自家製のドレッシングを作ることにします。

ダブル自家製ドレッシングです。

 

f:id:Meshi2_IB:20210608113324j:plain

【材料(1皿分)】

  • 豆乳ヨーグルト 大さじ2
  • オリーブオイル 大さじ1
  • りんご酢 大さじ1
  • 蜂蜜 大さじ1/2から1
  • 塩コショウ 少々

 

f:id:iyasaka_fasting:20210531184425j:plain

塩コショウ以外の材料をボウルに入れて一気に混ぜます。

 

f:id:iyasaka_fasting:20210531184515j:plain

最後に塩コショウを入れて味を調えれば完成です。

 

f:id:iyasaka_fasting:20210531222505j:plain

味わいは豆乳ヨーグルトの酸味と蜂蜜の優しい甘さが入ったサッパリ系のドレッシングです。

通常のグリーンサラダにも使えますし、パクチーサラダともかなり相性が良いです。

 

②枝豆ときゅうりのライタ(ヨーグルトサラダ)

インドの有名なサラダがライタです。

簡単にいうと豆乳ヨーグルト和えといった感じでしょうか。

これが暑い日にはいいんですよ。

 

f:id:iyasaka_fasting:20210531184717j:plain

【材料(2人分)】

  • 豆乳ヨーグルト 大さじ3
  • 茹でた枝豆 150g(さやから取り出した豆の状態で)
  • きゅうり 1本
  • 塩コショウ 少々
  • オリーブオイル  小さじ1
  • コリアンダーパウダー 小さじ1/8
  • クミンパウダー 小さじ1/8
  • レモン果汁 小さじ1

 

f:id:iyasaka_fasting:20210531185006j:plain

まずきゅうりは塩(分量外)と一緒に板ずりしてから半月切りにしていきます。

 

今回は生の枝豆を買ってきたので熱湯で枝豆を茹でておきます。

 

f:id:iyasaka_fasting:20210531185101j:plain

切ったきゅうりをボウルに入れ、茹でた枝豆をさやから出しボウルに入れていきます。

 

f:id:iyasaka_fasting:20210531185617j:plain

そこに豆乳ヨーグルトとオリーブオイル、コリアンダーパウダーとクミンパウダー、レモン果汁を加えます。最後に塩コショウで味を調えて完成です。

 

f:id:iyasaka_fasting:20210531185556j:plain

筆者はインドに1カ月ほど滞在したことがあり、このライタはよく食べていたので思い出の味。

味はとってもシンプルなので単品で食べると少し物足りないかもしれませんが、カレーと一緒に食べるとカレーの辛さを和らげ、口の中をスッキリとさせてくれるので非常にカレーとの相性がいいです。

日本では少しめずらしい豆乳ヨーグルトサラダをぜひトライしてみてください。

 

③豆乳ヨーグルトチキンカレー

最後は豆乳ヨーグルトを使ったチキンカレーです。

『メシ通』でもお馴染みの東京カリ〜番長さんのこちらのレシピを参考にしました。

 

www.hotpepper.jp

 

このレシピの材料にあるヨーグルトを豆乳ヨーグルトに変更して作ってみます。

 

f:id:Meshi2_IB:20210608121240j:plain

 

【材料(2人分)】

  • 鶏もも肉 250g程度
  • 玉ねぎ 小1個(160g)
  • 豆乳ヨーグルト 400ml  
  • トマト 小2個(250g)※大1個でも可
  • 香菜 1株(45g)
  • にんにく 1片(5g)
  • しょうが 1/2片(5g)
  • ターメリック 小さじ1/2  
  • レッドチリパウダー 小さじ1/2
  • クミンパウダー 小さじ1  
  • コリアンダーパウダー 小さじ2
  • カルダモン(ホール) 4粒  
  • マスタードシード 小さじ1/2
  • 塩 小さじ1
  • 調理油 大さじ2
  • 塩コショウ 少々
  • 砂糖 小さじ1/2 ※省略可

 

作り方は東京カリ〜番長の記事を参考にしてみてください。

f:id:iyasaka_fasting:20210531221740j:plain

スパイスからカレーを作るのも楽しいものですね。

おうち時間にはもってこいのレシピです。

 

f:id:iyasaka_fasting:20210531221833j:plain

完成です。

個人的なアレンジですが、カレーを食べるときはご飯にクミンシードをパラパラっと振るのがオススメです。

普通のご飯もクミンシードの香りが入るだけで一気に本場感が味わえるようになります。ちなみにお米は分つき米なので茶色いです。

 

f:id:iyasaka_fasting:20210531222032j:plain

このカレー、非常においしいです! 非常に素晴らしいレシピだと思います。

豆乳ヨーグルトを使うことで、よりさっぱりした味わいになっていると思います。

 

今回はチキンを使ったレシピでしたが、豆を使ったダルカレーにしてもおいしそうです。ダルカレーを豆乳ヨーグルトで作れば完全植物性のベジタリアンカレーもできそうです。

 

f:id:iyasaka_fasting:20210531222311j:plain

手作り豆乳ヨーグルトとアレンジレシピを3品紹介してきました。

 

発酵の世界はハマりだすと本当に面白いです。

在宅勤務で家にいる時間が増えたからこそ、愛情込めて手入れができる自宅発酵に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

書いた人:パーソナル栄養士いっしー

20191028125848

パーソナル栄養士、エキスパートファスティングマイスター。大学卒業と同時に栄養士を取得。「タニタ食堂」で勤務し、健康な方へより健康的な食事を提供する経験をする。 退職後、かねてより夢であった世界一周の旅に出発。世界中の有名料理から地元人しかいないようなローカル屋台飯まで食べ歩き、各国の市場やファーマーズマーケットに足を運んで食文化に触れる旅をする。 帰国後、フリーランス栄養士として「食の力で楽しく健康に」をテーマに「食べる楽しみ」を伝える活動をしている。

トップに戻る