安くて簡単「ひき肉もやしうどん」は、忙しい人をポカポカにしてくれる一杯です。

f:id:kanagohan:20180228124754j:plain

こんにちは! 管理栄養士の北嶋佳奈です。

朝晩はまだコートが手放せない季節。野菜もなかなかお値段が落ち着かず、お財布も寒い…… なんて方もいらっしゃるのでは? そこで重宝するのが、お手頃な「もやし」です。今回はそのもやしを使って、簡単かつ体が温まるうどんレシピをご紹介します。

 

もやしには食物繊維やカリウムが含まれていますが、じつは、豆もやし(大豆もやし)にするとさらに栄養価がアップ! 食物繊維、カリウムは普通のもやしよりも多く、タンパク質やカルシウムも含まれています。普通のもやしと比べたら少しお値段が張りますが、選ぶ価値ありです!

 

北嶋佳奈の「ひき肉もやしうどん」

【材料】(2人分)

  • ゆでうどん(解凍した冷凍うどんでもOK) 2玉
  • 豚ひき肉 100g
  • 豆もやし(ふつうのもやしでもOK) 1/2袋(100g)
  • ごま油 小さじ2
  • おろししょうが 小さじ1~2
  • オイスターソース 小さじ2
  • めんつゆ(かけつゆ用に希釈したもの) 3カップ
  • 青ねぎ(小口切り) あれば適量

(A)

  • 片栗粉 小さじ4
  • 水 大さじ3

 

作り方

f:id:kanagohan:20180228124814j:plain

1. 鍋にごま油を熱し、ひき肉、おろししょうがを炒める。色が変わってきたらオイスターソースを加えてからめ、もやしを加えさっと炒める。

 

f:id:kanagohan:20180228124903j:plain

2. 希釈しておいためんつゆを加え、沸騰したらうどんを加えて3分ほどゆでる。

 

f:id:kanagohan:20180228124949j:plain

(A)を混ぜて少しずつ加え、とろみをつける。

 

3. 器に盛り、青ねぎを散らす。

 

しょうがと片栗粉で体ポカポカ!

f:id:kanagohan:20180228125048j:plain

今回はオイスターソースを使いましたが、お醤油(小さじ1)、砂糖(小さじ1/3)、粉末の中華だし(または鶏ガラスープ、ひとつまみ)を合わせてもOKです。

 

まだまだ冷える朝や夜のごはんにぴったりのもやしうどん。今回はしょうがも入れましたが、しょうがは加熱することで血行をよくする「ショウガオール」が増え、さらに体を温めてくれます。片栗粉でとろみをつけることでポカポカ効果UP! ぜひお試しください!

 

ちなみに、あまったもやしは、1週間くらいなら冷凍保存もできます。ただしシャキシャキ感は落ちるので、今回のような煮込む料理に使うのがおすすめです。

 

作った人:北嶋佳奈

北嶋佳奈

管理栄養士、フードコーディネーター。大学卒業後、飲食店勤務やフードコーディネーターアシスタントを経験し、独立。「こころもからだもよろこぶごはん」をテーマに美容・ダイエット・健康に関する料理本の出版、雑誌でのレシピ開発やコラム執筆、ラジオ・テレビ・イベントへの出演などで活動中。控え目カロリーの使える90レシピ掲載の最新刊『簡単!時短!低カロリー!電子レンジで作る基本のおかず』(オーバーラップ)が発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る