元グラビアアイドルのキュートすぎるママさんが切り盛りするお店を発見!【美人ママさんはしご酒】

f:id:Meshi2_IB:20160330123824j:plain

第8回:元グラビアアイドルが迎えてくれるお店・代官山「楚々」成子(せいこ)ママ

 

前回の恵比寿に続いて、今回は代官山。このあたりは高そうなお店ばかりのイメージだけど、今日の取材、予算は大丈夫かな?

f:id:Meshi2_IB:20160324102037j:plain

ってことでまいりましょうか。

東急東横線の代官山駅正面口をスタート。

f:id:Meshi2_IB:20160324102107j:plain

左に曲がって、さらに左。今回、美人ママがいるのはこちらのお店!

なんと駅から徒歩30秒だ!

 

f:id:Meshi2_IB:20160324102108j:plain

あれが「楚々」さん。うーん、なんだかとってもオシャレな店構え。

オジさんでも楽しめるお店だといいなあ。

 

f:id:Meshi2_IB:20160324102038j:plain

「大丈夫ですよ。アポも入れてますし、とりあえず入りましょう」と編集担当Mくん。

手前にカウンター、奥はこんなテーブル席。

落ち着いた雰囲気だねぇ。

 

f:id:Meshi2_IB:20160324102040j:plain

こんばんはぁ、と声をかければ、「いらっしゃい」と美人ママ登場。

 

おお!

本当に美人だ。

f:id:Meshi2_IB:20160324102103j:plain

あの、あたくし、ライターの下関マグロと申します。

「はい、安藤成子です」

と、いただいた名刺に驚いた。

 

だって肩書が……

「美人女将」。

f:id:Meshi2_IB:20160404170951j:plain

いやもう、この記事にぴったりの方じゃないですか。

成子は「せいこ」と読むのですね。

ママ、とりあえず、乾杯したいので、うーん、僕はビールもらおうかな。ママはなに飲みます? 「っじゃ、私もビール」と美人女将。

 

f:id:Meshi2_IB:20160324102041j:plain

▲キリン一番搾り生(680円)

 

f:id:Meshi2_IB:20160324102042j:plain

「はい、どうぞ!」 

あ、ありがとうございます。

 

f:id:Meshi2_IB:20160324102043j:plain

それじゃ、かんぱーい!

 

成子ママは、いい飲みっぷり。

f:id:Meshi2_IB:20160324102044j:plain

おやっ……あれ?

 

f:id:Meshi2_IB:20160324102045j:plain

平山カメラマンが「撮られ慣れていらっしゃいますね、なにかやっていらっしゃったんですか」と訊くと、「ええ、タレントとか、グラビアとか女優やってましたね」と成子ママ。

 

f:id:Meshi2_IB:20160324102046j:plain

たしかに、表情がさっと定まり、止まる。普通の人ではない感じだ。

しかし、グラビアアイドルが、なぜこういうお店を? しかも安藤さんがオーナーさんなんですよね。

 

「ええ、そうです。まあ、もともと飲食店でアルバイトなんかしてて、お客さんに接するのも好きだったんで、お店をやりたいなって、ずっと思ってたんですよ。でも、グラビアとかいろいろお仕事があったんで、なかなかできなくて。でも、3年ほど前に、骨折して入院したんですね。全治8カ月で仕事ができない状態になったんです」

 

えっ、なんで骨折?

 

「あー、スノーボードやってて、骨折したんですよ。で、母がお見舞いに来てくれたときに、ちょうど母も仕事を辞めたタイミングだったので、なにかお店をっていうことで。それで2年前にお店を出したんですよ……あ、どうぞ、お通しです」

f:id:Meshi2_IB:20160324102050j:plain

おっ、このお通しは?

 

f:id:Meshi2_IB:20160324102051j:plain

「きょうは、汲み上げ湯葉ですね」 

 

f:id:Meshi2_IB:20160324102052j:plain

▲お通し(350円)

 

うーん、上品な味わい。京都っぽい、というか、京料理ですね。お通しは、おいくらなんですか? 「えーっと、350円ですね」とスマホを確認するママ。聞けば、スマホで伝票をつけているのだそう。それがレジとつながっているシステムなのだとか。

 

「なにスマホいじってんだって言われることもたまにあるんですが、注文を打ち込んでいるんですね(笑)」

 

それにしても、けっこうリーズナブルですね。お店の雰囲気がオシャレだから、もっとお高いのかと思ってましたよ。「お通しは夜だけなんですが、だいたいこの値段です。こういう外観なので、ちょっと心配される方もいらっしゃいますが、そんなにお高くはないんですよ」

 

おや、そこに和菓子がありますね。

f:id:Meshi2_IB:20160324102049j:plain

▲季節の和菓子 うぐいす餅 桜餅 黄身しぐれ(各450円)

 

「ああ、これは夜もお出ししているんですが、お昼は和カフェなんですよ。もともと、おばあちゃんの実家が和菓子店をやっていたんですが、お店をたたんでしまったので、私と母が、和菓子店をやりたいねって言ってたんですよ。でも、和菓子店っていっても大変なんで、和カフェにしようっていうことになったんですが、それじゃ、和食も出して、お酒もっていうことで、いまの形になったんです」

この小さいのも和菓子なんですか? 

「ああ、これはSUAMA。四角い“すあま”で、キューブ状なんですよ。いろいろな味が少しずつ食べられるんです」

 

f:id:Meshi2_IB:20160324102048j:plain

▲SUAMA(2個 250円 4個 450円 6個 550円)

 

「カフェタイムは、季節の和菓子が付いた“お点前セット(1,100円)”というのがあって、自分で抹茶をたてるんですけど、けっこう珍しいとかで、外国人の方にも喜んでいただいてますね」

 

ところで、この「楚々」という店名の由来は? 

「私が考えました。お店のコンセプトが“四季を五感で感じる”なんですが、それに合う素敵な日本語ということで楚々にしました」

 

f:id:Meshi2_IB:20160324102106j:plain

お店のロゴというか、この書も素敵ですねぇ。お店のいたるところにあるんですが。

「これは、圭春さんという書道家の方にお願いしたんですよ」

お知り合い?

「ずいぶん前なんですが、クラブイベントで女体に書道している女性がいて、かっこいいいなぁって思って、それ以来の知り合いです」

女体書道か、それは素敵!

和のお店をやろうって思ったときに、圭春先生のことがパッと浮かんだんですよ」

オリジナルのボトルラベルにもなっているんですね。

「これは、梅酒が入っているんですけど」

そこで、平山カメラマンが「持ってもらっていいですか?」

 

f:id:Meshi2_IB:20160324102053j:plain

なんだか、ママが持つと、なにかのCMみたいですね(笑)。

それじゃ、お料理いただきましょうか。カウンターの前にいろいろとお料理がありますね。

目移りしちゃうなぁ。

おすすめは?

「そうですねぇ、“黄金のポテトサラダ”なんていかがでしょう」

おお、黄金っていうと? 

「見ていただければ、わかりますよ」

いいですねぇ、じゃ、それをお願いします。

 

f:id:Meshi2_IB:20160324102054j:plain

▲黄金のポテトサラダ(780円)

 

おお、黄金というのは、黄身のことだね。あ、あとお皿も金色だね。

 

f:id:Meshi2_IB:20160324102055j:plain

見た目も素敵。味も素敵!

 

あの、これ、取材するときの決まりなんですが(ウソだけど)、あーんするので、私にちょっと食べさせてください。

「こうですか(笑)」

 

f:id:Meshi2_IB:20160324102058j:plain

うーん、幸せ!

 

f:id:Meshi2_IB:20160324102057j:plain

黄金、いただきました! んまぁーい!

たしかに、ゆで卵が混ぜこまれているポテトサラダってあるけど、こういうスタイルは初めてだなぁ。どこをどう食べるかで、味が違ってくるのも楽しい! ビールが進むね。ママ、おかわり!

 

f:id:Meshi2_IB:20160324102047j:plain

ポテトサラダ、けっこうボリュームありますね。これともう一品でお腹にはちょうどいい感じかな。

あとなにか、おすすめはあるんですか?

「そうですね、“孤高のだしオムレツ”ですかね」

おっ、メニュー名もおもしろいですねぇ。それをもらいましょうか。

「ソースが明太クリーム、つぶ磯バター、きのこあんかけがありますが」

おお、それじゃ明太クリームでお願いします。

 

f:id:Meshi2_IB:20160324102056j:plain

▲孤高のだしオムレツ(明太クリーム or つぶ磯バタ or きのこあんかけ)1,100円

 

ああ。見た目もいいねぇ。

すぐに食べちゃうのはもったいない。でも食べちゃうけど。

 

f:id:Meshi2_IB:20160324102059j:plain

ふわトロで、しっかりダシがきいているね。これもまたビールが進むお料理だ。

 

f:id:Meshi2_IB:20160324102100j:plain

多くのスタッフが働いているが、みなオシャレだ。そして、お手洗いも清潔でオシャレ。

さきほど、お手洗いを借りたんですが、これもこだわってますね。

 

f:id:Meshi2_IB:20160324102101j:plain

「ははは、そうでしょ。こだわって造りましたね。私、お手洗いフェチなんですよ。私もね、飲み歩くのが好きなんで、いろいろなところへ飲みに行くんですけど、いいお店でも、お手洗いでがっかりすることがあるんですよね」

ああ、わかるなぁ。僕もお手洗いフェチですが、ここへ来たら必ずお手洗いを見てほしいですね。

 

「お手洗いだけというのは困りますけど(笑)、そう言っていただけるとうれしいです。とにかく落ち着ける場所にしたかったんですよ」

写真は撮ったけど、ここはぜひ足を運んでみていただきたい。

 

ところで、グラビア時代はどんな名前だったんですか?

「あ、そのままですよ」

そっか、安藤成子さんか。

 

えっ、じゃあ、ネットでお名前を検索すれば、グラビア時代の動画や画像がネット上にはあるんですね。

「うふふ、そうですよ」

 

グラビアアイドルはどれくらいやっていらっしゃったんですか?

「かれこれ11年ほどやってましたね。1年前に事務所を辞めたので、今はこちらのお店を本気でやろうと思ってます」

 

f:id:Meshi2_IB:20160324102104j:plain

しかし、ファンだった人は、お客さんとして来られるからうれしいでしょう。

「そうなんですよ、お店に来てもらったり、2周年でお花をいただいたりしています。ありがたいです。ただ、私は毎日お店にいるわけじゃないんですよ」

えっ、どのくらいの頻度でいらっしゃるの? 

「けっこう不定期なんです。実は、もうひとつ会社をやってまして。ALOPARTYというケータリングやパーティプランニングの会社なんですが、でも、すぐこの裏に事務所があって、そこで作業しているので、呼んでいただければ顔は出せますよ」

 

ちょい飲みにも利用できそうなお店だし、成子ママの顔を見て飲むだけでも楽しそうだ。そうそう、お話もお上手で、とても楽しい時間をありがとう、成子ママ。

また来るね!

 

美人ママFile #008

代官山「楚々」成子ママ 

f:id:Meshi2_IB:20160324102105j:plain

お店のモットーを教えてください。

「みんなが笑顔になれるお店です。スタッフも笑顔で、来ていただいたお客さんも笑顔になる、そんなお店です」

ママさんの好きな男性のタイプは?

「ひさしぶりですね、こういう質問。えっと、今は、やさしくて、頼りがいのある人。昔はやさしくて、面白い人って答えてましたけど(笑)」

自分の性格をひとことで言うと?

「細かい!  小姑のようにスタッフにも注意してしまいます。お客さんが快適に過ごしてもらうようになんですけどね」

いちばんの得意料理はなんですか?

「豚の生姜焼きです。コマ切れ肉に片栗粉をまぶして、玉ねぎと一緒に炒めます」

どんな言葉で口説かれたらドキッとしますか?

「一生幸せにします、とかですかね(笑)

『メシ通』の読者にひとことお願いします!

「ぜひぜひみなさん、一度足を運んでいただいて、美味しいお酒とご飯と会話を楽しんでください。美人女将名刺もお渡ししますよ」

 

写真:平山訓生

 

お店情報

楚々

住所: 東京渋谷恵比寿西1-34-28代官山ファーストビル1F
電話番号:03-6416-9827
営業時間:Lunch 11:30~14:30 Cafe 14:30~17:00 Dinner 18:00~24:00

定休日:無休(年末年始を除く)
ウェブサイト:http://soso-tokyo.com/

※ 金額はすべて消費税込です。 

 

書いた人:下関マグロ

下関マグロ

1958年生まれ。山口県出身。出版社、編集プロダクションを経てフリーライターへ。『東京アンダーグラウンドパーティー』(二見書房)、『歩考力』(ナショナル出版)『まな板の上のマグロ』(幻冬舎)など著書多数。

過去記事も読む

トップに戻る