【製麺所直営】気前の良すぎる立ちそば店「星川製麺 彩」の懐かしい味【東京ソバット団】

f:id:Meshi2_IB:20160324195955j:plain

こんにちは!  東京ソバット団の団長、本橋です! 今日もい~い感じの立ち食いそば店を紹介していきたいと思います!

 

さて、今回向かったのは、川崎北部、多摩川に近い南武線の稲田堤駅

f:id:Meshi2_IB:20160324124410j:plain

 

まずはのどかな商店街を抜け……。

f:id:Meshi2_IB:20160324124411j:plain

 

そして川を渡りまして……。

f:id:Meshi2_IB:20160324124412j:plain

 

府中街道を東へ。歩くこと約15分の場所にあるのが……。

f:id:hotpepper-gourmet:20160614104035j:plain

製麺所直営の「星川製麺 彩」なのであります!

f:id:Meshi2_IB:20160324124414j:plain

どうですか、この外観! 

たまらんもんがあるでしょ? ちなみに店の奥が作業場で、向かって左が調理・販売スペース、右側が飲食スペースになっています。外のテーブルはもちろんオープンテラス。

 

f:id:hotpepper-gourmet:20160614104056j:plain

こちら、もともとは明治30年創業の由緒ある製麺会社だったんですが、18年ほど前に工場前で店舗営業を開始。しかしながら道路から奥まった位置にあって目立たなかったため、せり出すような形でこの建物を増設したんだそうです。

女将さん自ら「掘っ立て小屋」と呼ぶこの建物、基礎はプロにやってもらったものの、あとは全部手作り。やたらにアットホームな雰囲気が、満ち満ちているのであります。

 

f:id:Meshi2_IB:20160324124416j:plain

友達の家にいる感がすごい。コーラを飲みながらゲームでもしたいっす。ちなみにすべて女将さんやご家族のお手製です。

 

店の奥には作業場。ここで作られた麺がすぐ目の前で食べられるのです。

f:id:Meshi2_IB:20160324124417j:plain

f:id:Meshi2_IB:20160324124418j:plain

製麺所直営だけあって、お値段もかなりお得。

そば、うどん、ラーメン、どれも激安! しかもうまい棒1本のサービス付き

f:id:Meshi2_IB:20160324124419j:plain

f:id:Meshi2_IB:20160324124420j:plain

かけそば200円。やきそば200円。醤油ラーメン300円。

いつの時代の値段設定かって話ですよ。

 

というわけで、さっそく食べてみましょう! まずは500円というお大尽価格の天ざるいっちゃいましょうか。

f:id:Meshi2_IB:20160324124421j:plain

▲天ざる(500円)

 

おお? 頼んでいないのにかき揚げが2個?

あの、これサービスしていただいたんですか?

「いつも2個ですよ。500円で1個じゃさびしいでしょ?」

……なるほど。ずいぶんと気前のいい答えをいただいたのは、こちらの社長。

f:id:Meshi2_IB:20160324124422j:plain

左が社長の星川さんで、いつもは製麺をしているそうです。右が女将さんで調理と販売を担当。実はこのお二人はご姉弟。いつもご夫婦に間違えられるんだとか。

 

というわけで気前のいい天ざるをいただきます!

f:id:Meshi2_IB:20160324124423j:plain

いや~、麺がツルツルで美味いですよ。さすが製麺所! かき揚げもでかくて具の玉ねぎがたっぷり。う~ん、これは2人で来てシェアするのもいいかも!

 

そしてお次は月見うどん。

f:id:Meshi2_IB:20160324124424j:plain

▲月見うどん(250円)

これも美味いです。適度なコシでまさに関東のうどん。「これ、昔食べてたな~」なんて、お店の雰囲気とあいまって、妙に懐かしい気持ちになっちゃいます。

 

f:id:Meshi2_IB:20160324124425j:plain

さてさて、我々はソバット団ではありますが、せっかくなんでラーメンもいってみましょう。店長一押しという、ピリ辛和風つけ麺を。こちらも500円というお大尽価格なのですが……。

 

f:id:Meshi2_IB:20160324124426j:plain

▲ピリ辛和風つけ麺(500円)

なぜかつけ汁の器のほうが大きいという。しかも汁の中にはピリ辛に炒められた肉とネギがどっさり。ちなみにですが、麺量は300グラムあります。決して麺が少ないわけじゃないですからね。

 

f:id:Meshi2_IB:20160324124427j:plain

う~ん、麺がツルプリでワシワシいけます。ていうか、普通に食べていたら最後に具があまってしまいました。

 

こちら、どれもこれもお得なお値段ですが、実は土曜限定で食べ放題コースもやっているんです。

f:id:Meshi2_IB:20160324124428j:plain

メニュー限定の場合は500円。全メニューだと1,000円。チャレンジャーは若い人だけでなく、40代以降もけっこういるとか。むむ、これは負けられません。

 

次は変わりメニューの焼きラーメンしょうゆ味をください!

f:id:Meshi2_IB:20160324124429j:plain

▲焼きラーメンしょうゆ味(350円)

 

そしてオープンテラス席でいただきます!

f:id:Meshi2_IB:20160324124430j:plain

てっきり博多の焼きラーメン的なものを想像していたんですが、どちらかというと油そばっぽいですね。焼きの入った麺がムチムチして美味い! そしてこれも具がたっぷり!

 

f:id:Meshi2_IB:20160324124431j:plain

外で食べるのって美味いですよね~。普通の道端なんだけど、この開放感がたまりません! ちなみに夏はお客さんが多いと、写真手前にある(切れてますが)駐車場にテーブルを出すこともあるんだそうです。そっちでも食べたい!

 

いや~製麺所だけあって、やっぱり麺が美味いですね。それと味がプロの作ったカチッとしたものではなく、お母さんが作ったような落ち着く感じがたまらんですね。女将さんいわく「主婦感覚」で作っているらしいので、それがポイントなのかと。 

 

そう考えると2個のかき揚げも「ほら、もっと食べなさいよ」とお母さんに言われているみたいだし、つけ麺や焼きラーメンの具がたっぷり感も、友達の家でごはんをごちそうになった時の「これぐらい食べるでしょ?」と盛られちゃったような、あの雰囲気なんですよね~。

 

なんてことを考えながら甘酸っぱい気持ちに浸りながら、ふと横を見たら落書きノートが……。

f:id:Meshi2_IB:20160324124432j:plain

……たまんねえ。

なんていうか、疲れている時とか、ぜひ食べに行くといいですよ。心も体もほぐれていきますから。駅からは少し離れているけど、のどかな雰囲気で散歩気分を楽しめるし、今度の土曜日あたりにぜひ! そして食べ放題に挑戦してみてください!

 

f:id:hotpepper-gourmet:20160614103623j:plain

ここにいると、ついニヤニヤしちゃうんですよね~。

 

※ 金額はすべて消費税込です

 

お店情報

星川製麺 彩

住所:神奈川川崎市多摩区菅馬場1-12-16
電話番号:044-944-8315

営業時間=月曜日~土曜日 11:00~14:00
定休日=日曜日
女将さんのTwitter:星川製麺 彩 (@kazu0226ko) | Twitter
※営業情報などつぶやいています

 

書いた人:本橋隆司

本橋隆司

フリーランスの編集、ライターとしてウェブや雑誌などで仕事中。立ち食いそば好きが高じて2013年に『立ち食いそば図鑑 東京編』を、2014年に『立ち食いそば図鑑 ディープ東京編』を制作。そばであればだいたい好き。最近、注目しているのは細うどん。

撮った人:安藤青太

安藤青太

カメラマン、書籍制作。グラビア系から食べ物系まで何でも撮るカメラマン。本橋とは『立ち食いそば図鑑 東京編』『立ち食いそば図鑑 ディープ東京編』を制作。その他『檀蜜DVD色情遊戯2』『DK 男子高校生萌え』『書店男子』など。最新作は『TOKYO餃子図鑑』。好きな立ち食いそばは「コロッケそば」。

東京ソバット団

早く安く美味く、そして面白い立ち食いそばの魅力を広めるために結成。団員は現在、本橋と安藤の2名。

過去記事も読む

トップに戻る