「麺-1グランプリ」そば部門賞受賞!立ち食いそばの名店の絶品メニューとは【東京ソバット団】

f:id:Meshi2_IB:20171002182638j:plain

こんにちは! そばだけでなくお酒もけっこう好きだったりする、東京ソバット団の本橋です!

さて、最近は富士そばやゆで太郎などのチェーン系立ち食いそば店がちょい飲みを推していたりして、立ち食いそば店で飲むのがなんとなくはやっているわけですが、今日はその中でもイチオシの「飲める立ち食いそば店」を紹介しますよ。

f:id:Meshi2_IB:20170924172008j:plain

その店は「四谷政吉」。

飲食店が建ち並ぶ四谷のしんみち通りにある名店で、立ち食いそばファンにはよく知られたお店なんですが、こちらのつまみメニューがかなりすごいんですよ。

 

f:id:Meshi2_IB:20170924171913j:plain

天ぷらやだし巻き玉子などの定番メニューに加え、店内にはおすすめが書かれたホワイトボードまであるんですから、その気合の入り方もわかろうというもの。

 

f:id:Meshi2_IB:20170924172000j:plain

いやもう、ここまで言われたら、飲まずにはいられないでしょう。

というわけでまずはカツ煮(500円)と、そば焼酎をソーダで割ったソバッチュ(300円)をお願いします!

 

f:id:Meshi2_IB:20170924171941j:plain

はい、カツ煮が来ましたよ。

 

f:id:Meshi2_IB:20170924171948j:plain

実はこのカツ煮、見た目は普通なんですが、カツがただものじゃなくて、薄めのダシつゆで煮た角煮を使っているんですよ。

なので、箸で切れるぐらいトロトロに柔らかくて、なおかつジューシー。

お酒に合うに決まっているじゃないですか!

 

f:id:Meshi2_IB:20170924171954j:plain

それでまた、このソバッチュがうまい。長野県佐久市の「素頓蕎」というそば焼酎がベースなんですが、なんとも華やかな味わいで、ちょっと驚くうまさ。

 

f:id:Meshi2_IB:20170924171933j:plain

他のお店ではほとんど見ない「素頓蕎」なんですが、それもそのはず。

この「四谷 政吉」の運営に関わっている株式会社イナサワ商店は、生そばからそばの実までそば関連の商品を幅広く扱っている商社。

だからこそ、こんな隠れた銘酒を提供できるわけなんです。

そして、その「イナサワ商店」はそばの栄養効果に着目して、そばをそば切り(いわゆる麺状のそば)で食べるだけでなく実の状態で食べることを提案しているんですが、そんな中から生まれたのが、こちらのそばの実を使ったおつまみメニュー。

 

f:id:Meshi2_IB:20170924172020j:plain

まずは、そばの実サラダ(250円)。

ほんのり甘みがあって、プチッとしたそばの実の食感が楽しいんです。

 

f:id:Meshi2_IB:20170924172031j:plain

そして、蕎麦餃子(280円)。

皮にそば粉を練り込んで、あんにもそばの実を使っています。

皮が厚めで甘みがあってうまいんですよ。

 

f:id:Meshi2_IB:20170924172014j:plain

さらにそばの実ドリア(250円)まで。

いや、餃子やサラダは味が想像ついたんですが、これは意表を突かれました。

中にもそばの実が入っているわけですが、ほんのりしたそばの実の甘みとホワイトソースが、絶妙に合うんですよ。

柔らかめの味わいですが、刺激が欲しければタバスコをかけてもよし。

これはぜひ一度、食べてみてほしい!

 

f:id:Meshi2_IB:20170924172039j:plain

「四谷 政吉」のそばの実三兄弟、そろい踏み!

 

さてさて、お酒とつまみを楽しんだら、そろそろそばで締めたいところ。

もちろん、こちらにはうまいのがそろっていますよ。

f:id:Meshi2_IB:20170924172058j:plain

まずは名物のカレーつけそば(570円)でしょう。

 

ダシ感とスパイシーさの塩梅がちょうどいい感じ。

とろみがついているんで、そばに絡みまくって、ズバズバいけますよ。

 

f:id:Meshi2_IB:20170924172103j:plain

実はこの「四谷 政吉」は、以前、「政吉そば」として営業していて、やはり名店として評判が高かったんです。

しかし2013年に惜しまれながら閉店。

その後、以前から「政吉そば」と深い関わりのあったイナサワ商店が味と店名を受け継ぎ、2014年に「四谷 政吉」として復活したのです。

カレーつけそばは「政吉そば」時代の人気メニューだったんですが、こちらも進化させたうえで、復活させたんですね。

当時はサラサラのカレーつゆだったんですが、現在の姿はトロリタイプ。

お肉がゴロッと入っていて、食べ応えもあり以前に負けない人気メニューになっています。

 

f:id:Meshi2_IB:20170924172113j:plain

ライス付きなんで、そばを食べ終われば、カレーライスとしても楽しめる!

 

f:id:Meshi2_IB:20170924171852j:plain

他にも鴨肉のうま味がたっぷりの鴨ブツつけそば(570円)も、締めのそばとしてオススメ。

 

f:id:Meshi2_IB:20170924171858j:plain

こちらはそば自体がおいしいんでどれもおすすめなんですが、やっぱり秋になると、こういうじんわり温まるそばがたまらんですよね。

 

夜限定そばが攻めすぎている

さてさて、そろそろおなかいっぱいになってきたと思いますが、まだまだいきますよ。

夜が楽しい「四谷 政吉」ですが、なんと16時以降の飲みタイムでしか食べられない、夜限定そばがあるんですよ。

立ち食いそばというと、どうしても明るい時間に食べるイメージがあるけれど、夜のそばももっと盛り上げたいと考えて作られたこちらのメニュー。

期間限定で出していることもあり、かなり攻めたラインアップになっているんです。

f:id:Meshi2_IB:20170924172119j:plain

もう終わってしまったんですが、今年のメニューを紹介すると、6〜7月に出していたのが、豚骨醤油つけ蕎麦(780円・天ぷら付)。

 

カツオ感を強めにしたとんこつスープなんですが、そばの香りがしっかり感じられてびびりました。だって豚骨ですよ。

f:id:Meshi2_IB:20170924172128j:plain

そして7月〜9月に出していたのが、トマトつけ蕎麦(750円・天ぷら付)。

 

これもうまい。

タバスコと粉チーズも合っちゃったりして、驚きましたね〜。

だってトマトですよ。

f:id:Meshi2_IB:20170924171921j:plain

取材時に出していたのが、なんとトムヤムつけ蕎麦(680円)ですよ。

 

つゆの具材はパクチーのみで、イカと小エビの天ぷら付。

ツユの酸っぱ辛さを引き立てるために、あえてダシつゆは不使用。

それでも深いうま味があって、そもそもトムヤムスープとして上等なんですが、これでそばを食べると不思議にうまいんですよ。

当たり前ですが、こんなの初めて食べました。

f:id:Meshi2_IB:20170924171927j:plain

けっこう辛いんで、勢い良くそばをすするとむせます。

この記事が公開される頃には、このトムヤムつけ蕎麦は終了していると思うんですが、「四谷 政吉」のことですから、きっと攻めた夜限定そばをやってくれているに違いありません。

最新情報は「四谷政吉」のフェイスブックページで確認を!

つまみからお酒からそばまで、とにかく魅力的なメニューがそろっている「四谷 政吉」。

おかげでいつもより長めの記事になってしまいましたが、どれもこれも本当においしいし、そもそもおいしいそばを楽しんでもらいたいって気持ちがすごく感じられて、本当にいいお店なんです。

昼でも夜でも、ぜひ一度、行ってみてください!

 

f:id:Meshi2_IB:20170924171904j:plain

ちなみにテラス席あり。ここで風に吹かれながら飲むのが、またたまんないんだ。

 

【最新情報!】

f:id:Meshi2_IB:20171019131321j:plain

最後に、取材時には間に合わなかったんですが、10月現在、提供されている夜限定そばは鴨塩蕎麦(680円)です。

 

2017年麺-1グランプリのそば部門賞を受賞したこちらは、そばの風味を存分に楽しんでもらおうと、醤油は使わず塩のみの味つけという変わりだね。

ナンプラーを隠し味に使ったというこのツユが、角もなくカツオの香りもそばも楽しめる優れものなんですよ。さらにそばの食感をより楽しめるようにと、冷水で締めたそばを温め直さずにツユをかける、ひやあつ仕様だっていうんだから、ホント芸が細かいです。

f:id:Meshi2_IB:20171019131305j:plain

終了時期はおそらく11月半ばという、この鴨塩蕎麦。気になった人は、急いで「四谷 政吉」に行ってください!

 

お店情報

四谷 政吉

住所:東京新宿区四谷1-8 ヒロ四谷ビル 1F
電話番号:03-3357-0091
営業時間:月曜日〜金曜日 10:45〜21:00(夜メニューは16:00〜)
定休日:土曜日、日曜日、祝日

www.hellolife.com

※この記事は2017年10月の情報です。
※価格は全て税込み表示です。

 

書いた人:本橋隆司

本橋隆司

フリーランスの編集、ライターとしてウェブや雑誌などで仕事中。立ち食いそば好きが高じて2013年に『立ち食いそば図鑑 東京編』を、2014年に『立ち食いそば図鑑 ディープ東京編』を制作。そばであればだいたい好き。最近、注目しているのは細うどん。

撮った人:安藤青太

安藤青太

カメラマン、書籍制作。グラビア系から食べ物系まで何でも撮るカメラマン。本橋とは『立ち食いそば図鑑 東京編』『立ち食いそば図鑑 ディープ東京編』を制作。その他『檀蜜DVD色情遊戯2』『DK 男子高校生萌え』『書店男子』など。最新作は『TOKYO餃子図鑑』。好きな立ち食いそばは「コロッケそば」。

東京ソバット団

早く安く美味く、そして面白い立ち食いそばの魅力を広めるために結成。団員は現在、本橋と安藤の2名。

過去記事も読む

トップに戻る