【秋のなすレシピ】ねぎタン塩が好きすぎて、ねぎタン塩風の味付けで焼きうどんを作ってしまった【山本リコピン】

f:id:y-ricopin:20200930152512j:plain

こんにちは、料理ブロガーの山本リコピンです。

ねぎタン塩が好きすぎて、鶏むね肉をねぎタン塩風に焼くレシピをご紹介してしまった私。

www.hotpepper.jp

今回は、涼しくなり食欲も戻ってきた秋にぴったり、ねぎタン塩風に味付けしたがっつり「焼きうどん」のレシピです。“風”なので、今回もタンは入ってはいませんが……。

豚バラ、なす、うどんをにんにくのきいたねぎ塩ダレで味付け。香ばしく炒めた豚バラの脂を吸ったなすと、パンチのきいたねぎ塩ダレが驚くほどうどんとマッチします。さらにレモンをひとしぼりすれば、よりねぎタン塩風味に。

ではでは早速、レシピです。

 

山本リコピンの「なすと豚バラのねぎ塩焼きうどん」

【材料】1人分

  • 冷凍うどん 1玉
  • 豚バラ薄切り肉 100g
  • なす 1本
  • ごま油 大さじ1
  • カットレモン、糸唐辛子 お好みで適量

(ねぎ塩ダレ)

  • 長ねぎ 1/2本(60g程度)
  • 青ねぎ 3本
  • すりおろしにんにく 大さじ1/2
  • 鶏がらスープの素 小さじ2
  • 塩、粗びき黒こしょう 適量
  • ごま油 大さじ1
  •  

 

作り方

f:id:y-ricopin:20200930152515j:plain

1.なすは、縦3等分に切り、さらに1切れを6等分に切って5分ほど水にさらす。

 

2. 冷凍うどんは電子レンジで規定の方法で解凍しておく。豚バラ薄切り肉は食べやすい大きさに切る。

 

f:id:y-ricopin:20200930152521j:plain

3. ねぎ塩ダレを作る。長ねぎはみじん切りに、青ねぎは小口切りにして、その他のねぎ塩ダレの材料とともによく混ぜておく。

 

f:id:y-ricopin:20200930152526j:plain

4. フライパンにごま油を中火で熱し、豚バラ薄切り肉を入れる。肉の色が変わり火が通るまで炒めたらフライパンの端に寄せ、水気を拭き取った1のなすを入れてやわらかくなるまで炒める。

油が少なくなってなすが炒めづらければ、水大さじ1(分量外)を加えて炒めてください。

 

f:id:y-ricopin:20200930152531j:plain

5. 3のねぎ塩ダレと、解凍したうどんを加えて混ぜ、全体がなじむまで炒める。味を見て足りなければ塩(分量外)で調味する。

 

6. 皿に盛り、お好みで糸唐辛子をのせ、レモンを添える。

仕上げにさらに粗びき黒こしょうをふってもピリッとしておいしいです。

 

レモンで味変、一気にさっぱり味

f:id:y-ricopin:20200930152540j:plain

全体的にこってりしているので、食べている途中でちょっぴり飽きてきたら、レモンをひとしぼりして味変がおすすめ。一気にさっぱり味になり、レモンの酸味と香りがいい感じのアクセントになるので、ぜひ試してみてください。市販のレモン果汁をふりかけるのもOKです。

食べ応え抜群ながっつり焼きうどんは、食事としてはもちろんですが、ビールのおともにもぴったり。粗びき黒こしょうを増し増しにしますと、ますますお酒もすすみます。そうそう、うどんを焼きそば麺に変えた「塩ダレ焼きそば」のアレンジもビールに合いますよ。

そして、このねぎ塩ダレは焼いた豚肉や鶏肉、牛肉にかけたり、きゅうりと和えたりするだけでも最高のおつまみに。使い道いろいろの万能ダレとして重宝しますよ。

 

作った人:山本リコピン

山本リコピン

料理ブロガー、フードコーディネーター。簡単&手軽に作れて見栄えのする料理レシピを公開しているブログ『ビジュアル系フード』を運営。日々のごはんや、おつまみ、こどものごはん、おやつ、おもてなしなど、ジャンルも幅広く、雑誌や企業へのレシピ提供も行う。『山本リコピンのちゃちゃっとかわいい毎日おかず』(主婦と生活社)、『ごはんがすすむ!!!山本リコピンのうちごはん』(ワニブックス)が発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る