チキン南蛮風味の「甘酢たれの豚バラ丼」。即席甘酢とレンジ1分のタルタルでご飯が捗ります【山本リコピン】

f:id:y-ricopin:20210511101715j:plain

こんにちは、料理ブロガーの山本リコピンです。

さっと作れてご飯ががっつり食べられる、豚バラを使った丼。今回は豚バラの薄切りをさっと炒めて、甘酢たれとマヨネーズの効いたタルタルソースで、チキン南蛮風に仕上げてみました。

タルタルソースは、卵を茹でることなく電子レンジであっという間に作るレシピです。以前、メシ通のディレクターさんにもご紹介したところ大好評で、それ以来何度も作っていただいているというお墨付き。

それでは、早速レシピです。

 

山本リコピンの「甘酢たれの豚バラ丼」

【材料】1人分

  • ご飯 1膳分
  • 豚バラ薄切り肉 150g
  • 水菜(せん切りキャベツでもOK)、パセリ(刻む) お好みで適量
  • 片栗粉 大さじ1
  • サラダ油 大さじ1
  • 塩 適量

(タルタルソース)

  • 卵 1個
  • マヨネーズ 大さじ1~
  • 塩 ひとつまみ
  • ピクルス(刻む) お好みで適量

(甘酢たれ)

  • 砂糖 大さじ1
  • しょうゆ 大さじ1
  • 酢 大さじ2

 

作り方

1. まずはタルタルソースから。耐熱容器に卵を溶き、塩を混ぜたら、ふんわりとラップをして電子レンジ(600W)で50秒~1分加熱する。

 

f:id:y-ricopin:20210511101628j:plain

2. レンジから取り出し、ふんわり固まった卵を

 

f:id:y-ricopin:20210511101553j:plain

スプーンの背などでポロポロになるまで潰したら、

 

f:id:y-ricopin:20210511101638j:plain

マヨネーズ、お好みでピクルスを加えてよく混ぜて完成。

 

f:id:y-ricopin:20210511101648j:plain

3. 豚バラ薄切り肉は4㎝の長さに切り、塩を振り、片栗粉をまんべんなくまぶす。

肉に片栗粉をもみこんでおくことで、甘酢たれがからみやすくなります。

 

f:id:y-ricopin:20210511101619j:plain

4. フライパンにサラダ油を中火で熱し、豚バラ肉を入れて炒める。写真くらいこんがりとするまで炒めて火を通したら、一旦別の皿にうつしておく。

 

f:id:y-ricopin:20210511101657j:plain

5.フライパンの油をキッチンペーパーでさっと拭き取り、合わせておいた甘酢たれの材料を入れて煮詰めたら、

 

f:id:y-ricopin:20210511101705j:plain

炒めた豚バラ肉を戻し、たれにまんべんなくからむようさっと炒める。

 

f:id:y-ricopin:20210511101545j:plain

6. 器にご飯をよそい、たれをからめた豚バラ肉、お好みで水菜ものせ、タルタルソースをたっぷりかけて出来上がり。タルタルにはお好みでパセリをちらす。

 

そのままおつまみとして食べても

f:id:y-ricopin:20210511101715j:plain

豚バラ肉にからんだ甘酢たれとタルタルソースが混ざり合って、尋常でないご飯のすすみようです。薄切り肉、しかも丼なので、さっと作れて食べられるのがいいですね。ご飯の上にはのっけずに、そのままおつまみとして食べても最高なのもお伝えしておきます。

ちなみに、市販のから揚げにこの甘酢たれをからめ、お手軽タルタルソースをかければ、ほぼチキン南蛮です。

タルタルソースは、卵サンドの具としても使えて本当に便利です。茹で卵を用意することなく、思い立ったら電子レンジですぐにできるのでぜひお試しください。

 

作った人:山本リコピン

山本リコピン

料理ブロガー、フードコーディネーター。簡単&手軽に作れて見栄えのする料理レシピを公開しているブログ『ビジュアル系フード』を運営。日々のごはんや、おつまみ、こどものごはん、おやつ、おもてなしなど、ジャンルも幅広く、雑誌や企業へのレシピ提供も行う。『山本リコピンのちゃちゃっとかわいい毎日おかず』(主婦と生活社)、『ごはんがすすむ!!!山本リコピンのうちごはん』(ワニブックス)が発売中。

  • レシピブログ:山本リコピンさんのmyレシピブック
  • 過去記事も読む

    企画協力:レシピブログ

    レシピブログ

    テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

    トップに戻る