【京都桂川〜向日市の境】エアギター日本チャンプ×京都カレーのギャップに萌え狂う【カレー工房ギャー】

f:id:mesitsu_la:20160817134102j:plain

みなさまこんにちは。メシ通ライターのナガオヨウコです。

本日のレポは、個性強すギィ! な京都のカレー店ですよ!

 

f:id:mesitsu_la:20160817134033j:plain

JRなら桂川駅から徒歩5分。

 

f:id:mesitsu_la:20160817134100j:plain

阪急電車なら洛西口駅から徒歩5分。

 

f:id:mesitsu_la:20160817134059j:plain

住所は向日市。

ですが、限りなく京都市に近い立地です。

イオンモール桂川の斜め向かいらへん、というと分かりやすいでしょうか。

 

f:id:mesitsu_la:20160817134057j:plain

2016年2月にオープンした「カレー工房 ギャー」です。

外観は、ちょっとおしゃれなカフェレストランという感じ。

 

f:id:mesitsu_la:20160817134106j:plain

清潔感ありありな店内。太陽の優しい光が差し込みます。黄と茶色を基調とした内装なのは、カレーを意識しているからだそう。

 

f:id:mesitsu_la:20160817134107j:plain

カウンター席もあります。BGMはジャズ。

 

f:id:mesitsu_la:20160817134103j:plain

駐車場は、お店の裏(北側)に6台分あります。

 

f:id:mesitsu_la:20160817134039j:plain

出迎えてくれたのは、工房主の齊藤岳人さん。

ん、んんんん……? このポーズは……!

 

f:id:mesitsu_la:20160817134038j:plain

実は齊藤さん、エア音楽界では一目置かれているエアギタリスト。

ステージネームはチョコバット鵜飼(うかい)。ネーミングの元ネタは、アレ業界のあの方ですね……。

 

f:id:mesitsu_la:20160817134037j:plain

2012年のエアギター日本大会で優勝。同年、フィンランドで開かれた世界大会では6位を受賞したという、ほんまもんのエアギタリストなのです。

 

f:id:mesitsu_la:20160817134036j:plain

なんとサマーソニック@幕張への出演経験もあり。

さすが、どのポーズもキマってます。

 

2012年世界大会の動画は一般公開されていないのですが、なんとか探せば見つかります。「チョコバット鵜飼 エアギター」で検索して見てください。爆笑注意ですよ!

 

うまうまカレーは野菜ベース

では、カレーのご紹介とまいりますねー。

f:id:mesitsu_la:20160817134052j:plain

▲まろやかベジポタチキンカレー(並) 842円

7種の野菜で作る「ベジブロス」ベースに13種のスパイス、鶏ムネ肉を合わせて8時間以上煮込んだマイルドなカレーです。

ポークベース&和ダシのスープとピクルスが付きます。

 

f:id:mesitsu_la:20160817134035j:plain

▲南森町あのカレー(並) 842円

大阪市・南森町、伝説店のカレーを再現。

レシピなしの状態から開発を始め、カレー仲間とともに作り上げたそうです。お店の名前はあえて伏せますが、あのお店のあのカレーです。

 程よい辛さがくせになりそう! しかし、大量の玉ネギとビーフエキスのおかげであと口はマイルド。追いルーが1回無料なのもうれしー。

 

f:id:mesitsu_la:20160817134034j:plain

▲あいがけ 842円

初訪問、またはマイルドタイプも激辛も両方食べたい! って方は、複数種を楽しめるあいがけがおすすめ。

ちなみにカレーは全種類あいがけ可。2種842円~、3種1,220円~です。

 

カレーのルーには、固形の具は入っていないのか? はい、入ってません。

しかし、たっぷりの野菜や肉が溶け込んでいます。

 

京都人は本音を言わないので、心の中では何を考えているか分からない」と、言われることがあります。これ、京都のカレーにも共通していると思ってます。

 

京都のカレー専門店では「デフォのカレーはルーのみ」、もしくは「肉の固まりが数個のみ」ってとこも少なくないです。

 

f:id:mesitsu_la:20160820202156j:plain

こだわりや喜怒哀楽、起承転結、○○産が詰まっていたとしても、あくまで皿の上のカレーはすまし顔なのです。

「こだわりをわざわざひけらかさない」「限りなくシンプルな見た目で、こだわりなんて無いかのように仕上げる」という京都の食文化は、もちろんカレーだけに現れているのではありません。

 

だし巻きやちりめん山椒がそうですし、こだわりを店内外に掲げるラーメン店も、ごくごくわずかです。

 

京都の中心部を離れた場所で、しかもマッドなエアギタリストが作るカレーが京都らしいなんて、かなーり意外でした。

 

f:id:mesitsu_la:20160817134046j:plain

▲たまごかけギャー飯(はん) withカレースープ 626円 ※1日限定5食

醤油ベースのあっさり鶏そぼろに、バター入りの特製タレ、天かす、フライドオニオンなどを合わせています。実はこのメニュー、4段階の楽しみ方があるのです!

 

f:id:mesitsu_la:20160817134047j:plain

まずは、スプーンで卵黄を割って、全体を混ぜ混ぜ。

 

f:id:mesitsu_la:20160817134108j:plain

わしゃわしゃーっと混ぜると、すべての具材が一体に。ひと口でいろんな味や食感が楽しめる!

 

f:id:mesitsu_la:20160817134049j:plain

卓上にある「ギャー油(ゆ)」を好きなだけプラス。唐辛子と煎りゴマにフライドガーリックやアーモンドをミックスした、食べるラー油的な調味料です。

 

f:id:mesitsu_la:20160817134051j:plain

「ギャー油」は販売もしています。辛さは4段階あり500円~。カレーだけでなく、白ごはんやスープに1スプーン足すのもおすすめだとか。

白いラベルの「噴ギャー油」(2,000円)は、2015年時点で世界最高・最恐の辛さといわれる、キャロライナ・リーパーという唐辛子が入っています。

齊藤さんいわく「食べ物じゃないレベル。興味レベルで試すのはやめといた方がいいです」とのこと。ちょっと気が早いですが、激辛マニアの忘年会の景品なんかにいかがでしょうか。

 なお、卓上のギャー油はスタンダードタイプです。ご安心ください。

 

f:id:mesitsu_la:20160817134048j:plain

次は、かつおダシ+醤油+ポークエキスを合わせたタレをかけてみます。ふんわりと香るダシが鼻孔をくすぐる~。最強の味変アイテムです。

こういう和素材をさりげなく使っているのも京都らしいといえるでしょう。

 

f:id:mesitsu_la:20160817134050j:plain

そして最後に、じょぼぼーっとカレースープを投入! このスープはこれだけでもかなりウマウマなのですが、ご飯に注ぐことでお茶漬け感覚で楽しめるのです。これで626円って、安すぎるうー。

 

マッドでクレイジーな激辛に挑戦

f:id:mesitsu_la:20160817134053j:plain

▲マッドキーマ(並)1,026円 ※土・日限定

「カレー工房ギャー」の真骨頂といえる激辛カレーです。

齊藤さんいわく「人を○すつもりで開発した」。※あまりに物騒なので伏せ字にした

 

さあ! 挑戦だァァァ!!

f:id:mesitsu_la:20160817134054j:plain

顔を近づけるだけで、辛さが顔面にくるくる!

肌の表面から新陳代謝がスタートを切りました。

 

f:id:mesitsu_la:20160817134055j:plain

まずはひと口。うう、こ、これは……。

私、あまりの辛さに○されるかも!?

 

ところがですよ。んん? 刺すような辛さは最初だけ。じんわりとうま味がやってくるではないですか。

 

カレーは、鶏ミンチ以外は、ほぼほぼ粉唐辛子+自家製コーレグース(島唐辛子を泡盛に漬け込んだ沖縄の調味料)。ですが、ベジスープや和ダシ、トマトがしっかり支えてくれるおかげできちんと「辛いはうまい」が感じられます。

f:id:mesitsu_la:20160817134056j:plain

にっこり。

はっははは~。うまい、うまいよ、辛うまいよ!

 

取材時は辛さノーマルバージョンでお出しいただきました。

辛さレベルは、1辛~3辛(1段階上がるごとに+108円)もお願いできます。次回はもうワンランク上の、1辛(+108円)に引き上げてもいいかもー。 

 

しかし、辛さのレベルアップには注意が必要です。

「3辛レベルになると、鍋から漂う辛さでむせかえってしまって調理が大変なんですよ」と、齊藤さん。

調理する人でさえゴホゴホなので、食べる方は決死の覚悟で臨んでほしいものです。なお、空調がしっかり効いているので客席までは辛さは飛んできません。ご安心くださいね!

 

f:id:mesitsu_la:20160820195920j:plain

なお、1辛〜3辛は

1辛=キーマウォーリアー

2辛=サンダーキーマ

3辛=怒りのデス・キーマ

という、分かる人には分かる通称が密かに付けられています。ロックでマッドなゲキカラリストの方は、覚えておくと通ぶれるはず。

「カレー工房ギャー」は、京都府向日市の町おこし事業「激辛商店街」に所属しています。※実際は商店街ではなく、激辛メニューを出すお店が向日市内に点在

激辛マニアなら、このマッドキーマを食べた後に、他の激辛店舗を巡ってみるのもいいと思います。

 

エアギター購入=全額募金&カレー割引

f:id:mesitsu_la:20160817134058j:plain

また、各種サービスがもりだくさん。以下のサービスはすべて、カレーご注文の方に限ります。

  • 【水曜日】レディースデー…女性の方は会計時に100円OFF またはソフトドリンク(小)サービス
  • 【木曜日】ドカ盛りメンズデー…男性の方、大盛価格で特盛りサービス
  • 【毎日】学割…学生証提示で100円OFF
  • 【毎年4月12日】サイトウ割…姓が「サイトウ」の方、200円OFF(旧姓OK)。店長と同姓同名の方、カレー一杯無料(要・身分証明書提示)

 

f:id:mesitsu_la:20160817134045j:plain

「エアギターを買って、被災地を応援しよう」というユニークな割引システムもあります。

●エアギター本体 1,000円

エアギター弦セット/エアギター用ストラップ/エアピック/エアギタースタンド/エアシールド/エアギター教則本/エアギター教則ビデオ(VHSのみ)/各種エア楽譜/エアカレー

 

エアギターまたはエア小道具を購入すると、日本赤十字社を通して、熊本地震と東日本大震災の義援金としてなんと「全額」募金されます。

 

ただし、以上の商品(?)は、すべてエア。つまりは、ギター本体も、弦セットも、すべてすべてエアです。

 

f:id:mesitsu_la:20160817134044j:plain

エア商品を購入すると、購入証明書がもらえます。

1,000円購入につき

  • 1,000円分募金
  • 100円割引×食事12回分=1,200円分を割引

が、付くサービスです。募金ができる上、カレーをお得に食べられるというこのサービス、使わない手はありません!

このエアギター専門店(←これもエア)を立ち上げてから約1カ月で、すでにエアギター10本=1万円、エア小道具20セット=2,000円の購入があったそうです。

ただし募金をしても、チョコバット鵜飼さんのエアギター演奏を拝むことはできませんのでご了承を。

 

世界レベル! エアギター極意を学ぶ

せっかくなので、エアギターの極意を教えてもらいました。

f:id:mesitsu_la:20160817134040j:plain

「エアギターは意外とストイックな競技です。細かいチェックポイントは、曲に合わせて指を動かすことと、リズム感を体に刻み込むこと。でも、もっと大事なことが3つあるんですよ」と、チョコバット鵜飼さん。

  

では、チョコバット鵜飼さんの得意ネタ、メタリカ『バッテリー』をエアBGMにして、行ってみましょーーー!

f:id:mesitsu_la:20160817134041j:plain

 

エアギター極意① 羞恥心を捨てる!

f:id:mesitsu_la:20160817134042j:plain

 

極意② 自分はスーパーギタリストだと思い込む! 思い込む!!

ぎゅいんぎゅいんぎゅいん!(※実際は無音)

f:id:mesitsu_la:20160817134043j:plain

 

極意③ バンドのエアメンバーの存在を意識する。

ぁああああああああああああああああーーーーーーー!!(※実際は無声)

 

レポはこれで終了です。

お店はあくまでカレー専門店ですので、エアギターを観覧することはできません。

f:id:mesitsu_la:20160817134101j:plain

しかし、マイルドから激辛まで、誠実すぎるカレーの中にヘビーでロックな魂を感じることができるはずです。

 

諸事情で画像UPできませんが、本棚はガンダム関連本オンリーです。

ガンオタさんもぜひ。 

 

お店情報

カレー工房ギャー

住所:京都府向日市寺戸町八ノ坪120
電話番号:075-921-0878
営業時間:11:00~14:00(LO)、17:00〜20:00(LO) ※夜は金曜日~日曜日のみ
定休日:月曜日
Facebook:https://www.facebook.com/curry.gyaaa/
Twitter:https://twitter.com/curry_gyaaa

※金額はすべて消費税込です。
※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

 

書いた人:ナガオヨウコ

ナガオヨウコ

ライター歴22年、京都在住のフリーライター。食、手芸、子育て、京都関連の雑誌や書籍、webに執筆中。10年間続けている自然農業の畑では、20~30種の野菜やハーブ、花を栽培。

過去記事も読む

トップに戻る