読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癒し系な美人すぎるママさんと飲むハイボール。高田馬場「あでぃくしょん」【美人ママさんハシゴ酒】

高田馬場 おもしろ 下関マグロ バー ジビエ Pickup

f:id:Meshi2_IB:20150702174525j:plain

下関マグロのニッポン全国美人ママさんハシゴ酒
第2回:高田馬場あでぃくしょん」慧ママ 

高田馬場に美人ママがいるというので、やってきた。高田馬場駅の早稲田口。早稲田通りを渡り、山手線沿いの道を進む。

実は今回の美人ママは、前回のゴールデン街「原子心母」の雅子ママのご紹介だ。というか、前回の取材のときにお客さんとして原子心母にきていた井川遥似の癒し系美人さんが、ママをつとめるお店へ向かう。

 

f:id:Meshi2_IB:20150618212900j:plain

知らないと足をちょっと踏み込まないマニアックな界隈。左側を山手線が通り過ぎて行く。

 

f:id:hotpepper-gourmet:20160429002912j:plain

ほら、山手線だ。

こういうところに美人ママがいるんだね。

f:id:Meshi2_IB:20150618213035j:plain

「あっ、あった」

ここだよ。看板に「あ」とある。

f:id:Meshi2_IB:20150618213303j:plain

目立つねぇ。いいかんじだ。「あでぃくしょん」というお店。

 

f:id:Meshi2_IB:20150618213110j:plain

入り口にこんな貼り紙。学園祭のようなかんじだ。

ドリンクは500円〜でチャージが500円。

そして、入口にはこんなオブジェや蚊取り線香があった。

 

f:id:Meshi2_IB:20150618213157j:plain

f:id:Meshi2_IB:20150618213339j:plain

若い人のお店ってかんじだけど、どうなんだろ。じゃ、さっそく中に入ってみよう。

 

f:id:Meshi2_IB:20150618213410j:plain

「いらっしゃーい!」と迎えてくれた、女性。わ、若い。

「あのーママさんですか?」

 

f:id:Meshi2_IB:20150618213441j:plain

「ママじゃありません、アオイといいます。おしぼりどうぞ」

アオイさんは22歳なのだそうだ。学生さんで、このお店で働いているのだそうだ。日替わりでいろいろな女の子がいるので、Facebookでチェックして出かけるのもいいかも。

 

f:id:Meshi2_IB:20150618213518j:plain

冷たいおしぼり気持ちいいぃぃぃ!

などど、やってるところに

「なにをお飲みになりますか?」とママ登場。

 

笑顔が素敵すぎる美人ママさんを高田馬場で発見!

f:id:Meshi2_IB:20150618213703j:plain

おおっ、美人ママ登場だ。いいねえ。

どこかの女優さんみたいな美貌なんだけど、親しみやすい雰囲気。

「えっと、こちらのおすすめってなにかありますか?」

ちなみにママの名前は「慧」と書いて「せい」と読むのだそう。慧ママだ。ちなみに30歳。めちゃめちゃイイ女じゃあ、あーりませんか!

 

f:id:Meshi2_IB:20150618214027j:plain

「ビネガー酒がおすすめですよ。中でもこのイチゴ。ベリー酒が人気です」

じゃあ、それで。

あの、乾杯をさせて、ください。

 

f:id:Meshi2_IB:20150618214348j:plainお近づきのしるしにカンパーイ!

 

f:id:Meshi2_IB:20150618214511j:plain

「くーっ、夏はビールですね」

慧ママははビールが好きなんだそう。

 

f:id:Meshi2_IB:20150618214537j:plain

「はい、お通しです」

おっ、ママ、きれいな手ですねぇ……って、ママ。あの、お通しってこれ、なんですか? 錠剤みたいだけど。

 

f:id:Meshi2_IB:20150618214644j:plain

「元気が出るように、サプリメントなどいろいろと」

へえ、サプリですかぁ。

 

f:id:Meshi2_IB:20150618214718j:plain

「こちらの駄菓子はその日の女の子が用意するんで、いつも同じじゃないんですが、よかったら、お好きなのをどうぞ」

こちらの駄菓子は食べ放題なんだそう。おっ。懐かしい「アスパラガス」って駄菓子、好きだね。あとイカの蒲焼き。これいただこう。

 

f:id:Meshi2_IB:20150618214758j:plain

あれ、このテーブルはおもしろいですね。中にいろんなものが入ってますよ。

 

f:id:Meshi2_IB:20150618214931j:plain

「このお店、“にゅ~ニッポンバー あでぃくしょん”っていうんですけどね、アディクションは“依存症”って意味で、このお店は19歳の消費依存症のパミンちゃんっていう女の子の部屋ってコンセプトなんです」

 

f:id:Meshi2_IB:20150618215006j:plain

f:id:Meshi2_IB:20150618215028j:plain

ああ、それで、いろんなものがお店の中にあふれているんですね。

「実はスタッフ女の子たちの要らないものを持ってきてもらったんですよ。まあ、ゴミですね(笑)」とママ。

えっ、ママのゴミはどれですか?

 

f:id:Meshi2_IB:20150618215418j:plain

あそこのスピーカーにかぶさっているものですね」

むむむ、あれはもしかして……し、下着?

 

f:id:Meshi2_IB:20150618215440j:plain

「一回も履いてないんですけどね。お土産でもらうじゃないですか、かわいいパンツ。でも履かないので、ここで成仏させてあげようと思ったんです」

 

なんだか、よく見るといろいろなものが置かれている。

「トイレも変わってるんですよ」」

 

f:id:Meshi2_IB:20150618215532j:plain

「ほら、照明がかわいいでしょ? 知り合いのアーティストに作ってもらったんです」

こ、これは……いやぁ、す、素敵です。

「あでぃくしょん」の過激すぎるメニューとは?

ところで慧ママ、飲みものをおかわりしたいんですけど。

「じゃ、これなんかどうですか?」

 

f:id:Meshi2_IB:20150618215903j:plain

 えっ、これって、なんです?

 

f:id:Meshi2_IB:20150618220034j:plain

うへえ、ハブ酒じゃないですか。

目があっちゃったよ、ハブと。苦手かも。でも、慧ママにススメられたら、断れないね。じゃ、それください。

「どうします?」

あ、じゃあ、ロックでお願いします。

 

f:id:Meshi2_IB:20150618220140j:plain

じゃ、今度はお二人とカンパーイ!

 

f:id:Meshi2_IB:20150618221751j:plain

ハブ酒は、なんだか生きている香りがするね。

生臭い。これは元気が出そうだけど、味は強烈だねえ。

ちょっと酔ってきたなぁ。

 

f:id:Meshi2_IB:20150618230803j:plain

ほかにはこんなお酒も。むむむ、サソリにスズメバチ。

今日は酔っ払っちゃったから、遠慮してまたこんどにしようかな。ところで、なにか食べるものはないんですか、ママ。

 

f:id:Meshi2_IB:20150618220323j:plain

「系列店が近所にあって、そこから料理が取れるんですよ」

ああ、これ途中にあったお店ですね。最近なにかと話題の「米とサーカス」だ。鹿とかラクダとかいろいろなお肉があるんだ。ふーん、ジビエ居酒屋かあ。

せっかくだから、この「山羊の金玉」をいただこうかしら。すると、慧ママはさっそく電話でオーダー。

「キ⚪︎タマあります?  あ、キ⚪︎タマ。あー、そうですか?」

電話とはいえ、なんだかすごいやりとりだ。

「残念、キ⚪︎タマは生だからダメなんですって。ヤモリの焼いたのとかどうですか?」

あ、じゃそれで。

というわけで、しばらくしてやってきたのが、こちら。

f:id:Meshi2_IB:20150618220455j:plain

ヤモリさんです。

 

f:id:Meshi2_IB:20150618230611j:plain

見た目はちょっと怖い。せっかくなので、目をつぶって、特別にママに食べさせてもらった。

 

f:id:Meshi2_IB:20150618220730j:plain

f:id:Meshi2_IB:20150618220820j:plain

f:id:Meshi2_IB:20150618220858j:plain

……まじでおいしい。

魚みたい。ししゃもに似ているかな。香ばしい。これは、ビールに合うかな。いや、ハイボールだ。ママ、ハイボールお願いできますか?

 

f:id:Meshi2_IB:20150618221031j:plain

ウィスキーハイボールを作る姿も、やっぱり井川遥に似ている。氷と氷のあたる音がなんとも風情があって、いい。

同行したメシ通スタッフやカメラマンは「似てるのはおのののか!」「いや、平井理央だ!」「綾瀬はるか!」とか言ってたけど。

でもホント、ママさん、綺麗だね。

 

f:id:Meshi2_IB:20150626164027j:plain

気がつけば、お店はお客さんでいっぱいになってきた。中を覗いて、いっぱいなので帰っていく客もいた。人気店なのだ。みなさん、ママの魅力に吸い寄せられるようにやってきているんだろうね。

 

おふたりともお忙しくなってきたところで、お店をあとにした。

慧ママ、またくるね。

 

美人ママFile #002

高田馬場「あでぃくしょん」 慧ママ

f:id:Meshi2_IB:20150618221316j:plain

  • お店のモットーを教えてください。

「ひとりひとりの“発信”を大切に」

  • ママさんの好きな男性のタイプは?

「顔がくずれているほうが好きなんですね。ぶちゃいく系が好きです」

  • 自分の性格をひとことで言うと?

「アディクション、ですかね」

  • いちばんの得意料理はなんですか?

「豚汁ですね。豚コマで生姜なんかも入れちゃいます」

  • どんな言葉で口説かれたらドキッとしますか?

「おいしいごはんを食べさせてあげる」

  • 『メシ通』の読者にひとことお願いします!

「あでぃくしょんに、ぜひ依存しにきてください」

 

お店情報

にゅ~ニッポンバー あでぃくしょん

電話番号:03-6233-9889
住所:東京新宿高田馬場2丁目19-8
営業時間:19:00~翌5:00 (日曜定休) 総席数:10席

写真:沼田学

 

f:id:hotpepper-gourmet:20160331153801p:plain

書いた人:
下関マグロ

(しものせき・まぐろ)1958年生まれ。山口県出身。出版社、編集プロダクションを経てフリーライターへ。『東京アンダーグラウンドパーティー』(二見書房)、『歩考力』(ナショナル出版)『まな板の上のマグロ』(幻冬舎)など著書多数。

下関マグロさんのすべての記事

トップに戻る