【名古屋きしめん漫遊記】怒濤の一挙25店を紹介!夏の風物詩「きしころ」を完全攻略!【きしころスタンプラリー2015夏 7/1〜8/31】

f:id:Meshi2_IB:20150623144359j:plain

ふ~っ。それにしても暑い。湿気の多い名古屋の夏はジメジメ。じっとしていても汗が噴き出してくる。こんな日は「きしころ」に限る。えっ、「きしころ」って何かわからないって?「きしめんの“ころ”」の 略称である。なに?「ころ」が何なのか分からない?

 

「ころ」は、よく「冷やかけ」や「冷やしぶっかけ」などの冷たい麺にたとえられるが、実は正しくない。中には、常温で提供する店もあるのだ。だから、「ころ」とは、しいていうなら「温かくない麺」ということになる。

 

その語源については、冷たくても香りの立った、濃いめのつゆを使うことから「香露(こうろ)」が訛ったものといわれるが、定かではない。東区泉にある『みそ煮込みの角丸』の店主で東麺類組合会長の日比野宏紀さんによると、「石ころやさいころ、あんころ餅のように、小さいものや丸いものを指すときに使う“ころ”と同じ意味だと思います。麺はひと玉、ふた玉と数えますしね」とのこと。

 

f:id:Meshi2_IB:20150623144453j:plain

▲東麺類組合会長の日比野宏紀さん

 

「ころ」は、きしめんのほかにうどんやそばもあるが、きしめんの「ころ」、「きしころ」こそ名古屋の夏の風物詩。今回の「きしめん漫遊記」では、オススメのきしころを紹介しよう……と思ったところに、7月1日(水)から8月31日(月)まで名古屋市内およびその近郊の計25店のうどん店が「きしころスタンプラリー2015夏」を開催するという情報が舞い込んできた。これはもう取り上げるしかない!

 

スタンプラリーの方法はいたって簡単。まずは各店舗に置いてあるスタンプの台紙を入手する。そして、今回紹介したきしころ1杯につき1個、会計時にスタンプを押してもらう。ただそれだけ。ラリーの特典は、スタンプ5個たまるごとにもらえる500円の商品券だ。そこで今回はスタンプラリーに出品する25杯のきしころを一気に紹介しよう!

 

名古屋市東区のうどん店を一気にご紹介!

f:id:Meshi2_IB:20150623145110j:plain

まずは名古屋市東区内の店。東区界隈は明治、大正に創業した老舗が多い。前出の『みそ煮込みの角丸』も大正15年創業の老舗中の老舗だ。提供するのは、香り高い気仙沼産のわかめと大根おろしの刺激がクセになる「気仙沼わかめおろしきし」(880円)。

 

お店情報

みそ煮込みの角丸

住所:愛知名古屋市東区泉1-18-33
TEL:052-971-2068
営業時間:11:00~19:30(土は~14:00)
定休日:日曜・祝日

みそ煮込みの角丸 公式ホームページ

 

f:id:Meshi2_IB:20150623145144j:plain

昭和29年創業の『市川屋』では、シンプルな「きしころ」(420円)。具材はカマボコと煮揚げ、ホウレン草の正統派。14時までの営業なので急げ!

 

お店情報

市川屋

住所:愛知名古屋市東区主税町2-19
TEL:052-951-8328
営業時間:11:00~14:00
定休日:日曜・祝日

 

f:id:Meshi2_IB:20150623145239j:plain

『山田屋』もまたシンプルな「きしころ」(480円)。宗田かつおにこだわったダシが激ウマ!素朴な味わいの丼ものメニューも豊富だ。

 

お店情報

山田屋

住所:愛知名古屋市東区東外堀町10
TEL:052-951-7789
営業時間:11:00~15:00、17:00~19:00
定休日:日曜・祝日

 

f:id:Meshi2_IB:20150623145309j:plain

大正10年創業の『川井屋本店』「風味きしころ」(580円)。初代より受け継いだ、手ごね、手延ばし、手切りの純手打ちにこだわっている。ほんのり甘いつゆも◎。

 

お店情報

川井屋本店

住所:愛知名古屋市東区飯田町31
TEL:052-931-0474
営業時間:11:00~14:00、17:00~20:00(19:20L.O.)
定休日:日曜・祝日

 

f:id:Meshi2_IB:20150623145324j:plain

厳選したたまり醤油やみりんで仕込むかえしと丁寧にとったダシが自慢の『戸田屋』。提供する「きしころ」(500円)は昔ながらの、ホッとする味。

 

お店情報

戸田屋

住所:愛知名古屋市東区泉2-24-10
TEL:052-931-9610
営業時間:11:00~15:00、17:00~20:00
定休日:日曜

 

f:id:Meshi2_IB:20150623145343j:plain

鍋屋町商店街にある『チトセ屋』。たまり醤油をベースとした昔から変わらない「手打きしころ・赤」(400円)と白醤油を使った上品な味わいの「手打きしころ・白」(500円)の2種類を用意。食べ比べても楽しそうだ。

 

お店情報

チトセ屋

住所:愛知名古屋市東区泉2-7-17
TEL:052-931-4774
営業時間:11:00~14:30、17:00~20:00
定休日:日曜・祝日

 

f:id:Meshi2_IB:20150623145406j:plain

平成8年開店と、老舗の多い東区内では新しい『勝美屋』。きしめんは今春からメニューにくわえられたばかり。ラリーで提供するのは、濃いめのつゆをかけて食べる「きしころ」(600円)。

 

お店情報

勝美屋

住所:愛知名古屋市東区代官町33-8
TEL:052-936-5081
営業時間:11:30~14:30、17:30~21:00
定休日:日曜・祝日

 

f:id:Meshi2_IB:20150623145420j:plain

下町情緒あふれる代官町商店街にある『朝日屋』では、のどごしが爽やかな「きしころ」(430円)を用意。定番の具材をのせたシンプルな一杯だ。

 

お店情報

朝日屋

住所:愛知名古屋市東区筒井1-12-16
TEL:052-935-1295
営業時間:11:30~14:30、17:00~19:30(土は昼の営業のみ)
定休日:日曜・祝日

 

f:id:Meshi2_IB:20150623145454j:plain

車道商店街で地元の人々に愛されている『釜揚げきしめんとお食事処 宮松』。ムロアジと昆布でとったダシが自慢の「特選きしころ」(600円)を提供。

 

お店情報

釜揚げきしめんとお食事処 宮松

住所:愛知名古屋市東区葵3-17-41
TEL:052-935-0625
営業時間:11:30~15:00(夜の営業は予約のみ)
定休日:日曜

 

f:id:Meshi2_IB:20150623145538j:plain

百人町の住宅地の中にある『摩留喜屋』は、地元の客が大半。ラリーには「きしころ」(400円)を提供。昔ながらの味もさることながら、下町らしい価格も嬉しい。

 

お店情報

摩留喜屋

住所:愛知名古屋市東区百人町92-3
TEL:052-936-8815
営業時間:11:00~14:30、17:00~20:30
定休日:日曜・祝日

 

f:id:Meshi2_IB:20150623150046j:plain

赤塚交差点近くの『ひらのや』は、揚げたてのとんかつをのせた豪快な「勝おろしきしめん」(1,100円)。たっぷりの大根おろしでさっぱりと食べられる。

 

お店情報

ひらのや

住所:愛知名古屋市東区赤塚町3
TEL:052-931-3921
営業時間:11:00~14:00、17:00~21:00
定休日:水曜

 

f:id:Meshi2_IB:20150623150133j:plain

東区のうどん店の中でもっとも歴史があるのが創業明治21年の『森田屋』「幅六きしころ」(700円)は、国産小麦100%使用。しっかりときいたダシと麺の相性は最高。

 

お店情報

森田屋

住所:愛知名古屋市東区赤塚町15
TEL:052-931-6848
営業時間:11:00~15:00
定休日:日曜・祝日

 

f:id:Meshi2_IB:20150623150201j:plain

徳川園の近くにある『三芳屋』は、冷たいきしめんの上にたっぷりの豚ロースがのる「ロースころきしめん」(900円)。甘辛く味付けした、すき焼き風の豚ロースが美味!

 

お店情報

三芳屋

住所:愛知名古屋市東区徳川町2216
TEL:052-936-3444
営業時間:11:00~15:00、17:00~20:30
定休日:月曜

www.hotpepper.jp

 

f:id:Meshi2_IB:20150623150217j:plain

出来町通沿いにある『三浦屋』は、名古屋人が大好きな海老天をのせた「天ころきしめん」(650円)。愛知県産小麦「きぬあかり」を使用した麺のもっちり感が◎。

 

お店情報

三浦屋

住所:愛知名古屋市東区出来町3-3-9
TEL:052-722-0907
営業時間:11:00~14:00、17:30~21:00(祝は昼の営業のみ)
定休日:日曜・月曜祝日

 

f:id:Meshi2_IB:20150623150243j:plain

大曽根のバスターミナルから北へ5分の『大黒屋』。ラリーでは、大根おろしをたっぷりとのせた「おろしきしめん」(650円)を提供。暑い季節に食べたくなる1杯だ。

 

お店情報

大黒屋

住所:愛知名古屋市東区矢田1-12-38
TEL:052-711-9261
営業時間:11:00~14:30、17:00~20:00
定休日:日曜・祝日

 

続いては、東区以外にある名古屋市内のうどん店!

f:id:Meshi2_IB:20150623150301j:plain

ここからは東区以外の名古屋市内の店を紹介しよう。まずは、今池の『うどんや 太門』。ここは、お酒の〆に打ちたて、切りたて、茹でたてのうどんが楽しめる“うどん酒場”。ラリーにはトマトをふんだんに使った「とまときしころ」(918円)を提供。前日までに要予約。

 

お店情報

うどんや 太門

住所:愛知名古屋市千種区今池5-9-18

※このお店は、現在店舗運営状況が確認できておりません。(2021年6月)
飲食店の掲載情報について。

 

f:id:Meshi2_IB:20150623150324j:plain
同じ千種区からは猫洞の『えびすや 猫洞店』も参加。天かすとわかめ、刻み海苔をたっぷりとのせた「冷やしたぬききしめん」(800円)を提供。極限まで薄くのばした麺のもっちり感が絶妙だ。

 

お店情報

えびすや 猫洞店

住所:愛知名古屋市千種区猫洞通3-29 アーバン北本山1F
TEL:052-782-4187
営業時間:11:30~14:30、17:00~20:30
定休日:水曜

 

f:id:Meshi2_IB:20150623150345j:plain

もう1軒、千種区から。地下鉄自由が丘駅すぐの『うどんのいなや』は、旨い・安い・早いの三拍子揃った店。ラリーで提供する「きしころ」(420円)も安ウマ!

 

お店情報

うどんのいなや

住所:愛知名古屋市千種区自由ヶ丘3-2-27 自由ヶ丘プラザ102
TEL:052-762-0178
営業時間:10:00~19:00(祝は~16:00)
定休日:日曜

 

f:id:Meshi2_IB:20150623150418j:plain

愛知県内にのれん分けした店も多い中区錦の『総本家えびすや本店』。提供するのは、自家製の味噌だれでいただく「みそざるきしめん」(1,200円)。

 

お店情報

総本家えびすや本店

住所:愛知名古屋市中区錦3-20-7
TEL:052-961-3412
営業時間:11:00~翌1:00(土、祝は~21:00)
定休日:日曜

 

f:id:Meshi2_IB:20150623150453j:plain

昭和区広路町の『うどん坊 一休』も味噌だれで味わうきしころを提供。「みそころ」(980円)は、エビフライをのせた名古屋らしい一杯。ピリ辛の味噌だれが食欲をそそられる。

 

お店情報

うどん坊 一休

住所:愛知名古屋市昭和区広路町石坂16
TEL:052-834-8340
営業時間:11:30~15:00、17:30~21:00
定休日:木曜

 

f:id:Meshi2_IB:20150623150509j:plain

ミキサーや製麺機など機械はいっさい使わず、手打ちにこだわり続けている名東区山の手の『香流庵』。ラリーで提供するのは、梅肉と大根おろしが涼しげな「うめおろしころきしめん」(840円)。

 

お店情報

香流庵

住所:愛知名古屋市名東区山の手3-1607
TEL:052-774-0368
営業時間:11:00~21:00(20:30L.O.)
定休日:水曜

 

名古屋から離れて、郊外のお店!

f:id:Meshi2_IB:20150623150620j:plain

ここからは郊外のお店。まずは春日井市勝川にある創業95年の『手打めん処 宮田屋』。賄いから生まれた「5色ころきしめん」(700円)。山菜ととろろ、天かす、大根おろし、わかめと具材が盛り沢山!

 

お店情報

手打ちめん処 宮田屋

住所:愛知県春日井市勝川町7-24 パセオ1F
TEL:0568-31-3209
営業時間:11:00~15:00、17:00~22:30(22:00L.O.)
定休日:水曜夜

 

f:id:Meshi2_IB:20150623150648j:plain

愛知郡東郷町の『手づくりめん処 みのぜん』は、きしころと並ぶ夏の定番「えびおろしころきしめん」(1,100円)。大ぶりな海老天は食べ応え十分!

 

お店情報

手づくりめん処 みのぜん

住所:愛知愛知郡東郷町和合牛廻間41-4
TEL:0561-38-3105
営業時間:11:00~15:00、17:00~23:00(土・日・祝は11:00~23:00)
定休日:無休

 

f:id:Meshi2_IB:20150623150710j:plain

地元の人々が足繁く通う瀬戸市西寺山町の『手打ちめん処 中條屋』。提供する「冷やしきしめん」(500円)は、ちくわ天付きで1コインという手軽さ。手打ちめんならではの食感が秀逸。

 

お店情報

手打ちめん処 中條屋

住所:愛知県瀬戸市西寺山町1-2
TEL:0561-83-4323
営業時間:11:00~14:00、17:00~20:30
定休日:水曜

 

f:id:Meshi2_IB:20150623150744j:plain

最後は、岐阜県羽島郡笠松町にある『手打ちうどん 丼物 角浅』。ここのきしめんは平日午後3時から閉店までの限定メニュー。幅広に切った「たらい冷やしきしめん」(600円)は逸品中の逸品だ。

 

お店情報

手打ちうどん 丼物 角浅
住所:岐阜県羽島郡笠松町田代820-1
TEL:058-387-2736
営業時間:11:00~21:00
定休日:水曜

 

以上、全部で計25店。ぜひとも全店制覇を成し遂げ、2,500円分の商品券をゲットしてくれ。健闘を祈る!

 

※金額はすべて消費税込です。
※本記事の情報は2015年6月のものです。

 

書いた人:永谷正樹

永谷正樹

名古屋を拠点に活動するフードライター兼フォトグラファー。地元目線による名古屋の食文化を全国発信することをライフワークとして、グルメ情報誌や月刊誌、週刊誌などに写真と記事を提供。最近は「きしめん」の魅力にハマり、ほぼ毎日食べ歩いている。

過去記事も読む

トップに戻る