【自宅で簡単調理】手間いらずで作れる!タコ焼きをもっと楽しめる味付け5選

f:id:exw_mesi:20180926191348j:plain

 

「まいど!」いしたにです。

 

皆さんはタコ焼きに何をかけて食べますか?

 

言うまでもなくソースとマヨネーズですよね。でも、それとは別の味付けで食べてみると、もっと楽しめると思うんですよ。タコ焼きを。

 

こう言うわたくし、現在は宮城に居を構えていますが生まれも育ちも関西なので大のこなもん(粉物)好き。タコ焼き屋さんで働いていた経験もあるんですが、その時にいろんな味付けを編み出しまして(商品化には至りませんでしたが……)。中でも、今回は自宅で手間がかからずにできるおすすめの味付けを5つ紹介します。

 

ちなみにタコ焼きそのものですが、「家にたこ焼き器がない」「一人でささっと作って食べたい」という方々のために、冷凍モノを使用します。これでも十分おいしいので、ご心配なく。

 

ソース風味

f:id:exw_mesi:20180926194252j:plain

 

【材料】

  • タコ焼きソース:大さじ2
  • 紅しょうが:大さじ1
  • 玉ネギ:小さめ1つ(大さじ1程度のみじん切りができればOK)
  • 青ネギ:大さじ1

 

※タコ焼きソースがない場合は、ソース+めんつゆを3:1の割合で混ぜるだけで即席タコ焼きソースができあがります。ソースはとんかつ用でも中濃ソースでもOK。甘口が好きな人は砂糖をひとつまみ混ぜてください。

 

【作り方】

f:id:exw_mesi:20180926194112j:plain

[手順1]

紅しょうがと玉ネギをみじん切りにして合わせます。

 

f:id:exw_mesi:20180926194145j:plain

[手順2]

そこにソースを混ぜる。これで完成です。

 

f:id:exw_mesi:20180926194349j:plain

[手順3]

レンジでチンした冷凍タコ焼きにソースをかけ、さらに、青ネギをどっさり盛り付けて完成。紅しょうがとネギがポイントなので名づけて、「べネギそ〜す」。

 

ちなみに、今回は青ネギを使用していますが、ネギならなんでもOK。白ネギだと甘みがアップします。

 

f:id:exw_mesi:20180926194454j:plain

 

スパイシーかつ甘みが感じられるタコ焼きソースと、紅しょうがやネギの酸味、ほんのりとした辛みが絶妙にマッチング! シャリシャリっとした食感もたまりません。

 

例えるなら、紅しょうがをドバっとかけた焼きそばの味に近いかなと。ただ、これはよりスパイシーに、薬味のテイストがダイレクトに伝わる味わいです。こってりしたソースなのに飽きずに食べられるところもまた良いんですよ。

 

しょうゆ風味

f:id:exw_mesi:20180926194853j:plain

 

【材料】

  • しょうゆ:100ml
  • みりん:100ml
  • 温泉たまご:1個
  • かいわれ大根:10g
  • かつお節:1パック(2.5g)

 

【作り方】

f:id:exw_mesi:20180926195226j:plain

[手順1]

まずは、しょうゆとみりんを鍋に入れて、煮立たせます。

 

f:id:exw_mesi:20180926195309j:plain

[手順2]

ひと煮立ちしたら火をとめて、かつお節1パック(2.5g)を加えます。

 

f:id:exw_mesi:20180926195402j:plain

[手順3]

荒熱がとれたら細かい目のざるでこして、出汁しょうゆの出来上がり。

 

f:id:exw_mesi:20180926195439j:plain

[手順4]

レンジでチンしたタコ焼きに出汁しょうゆを塗ります。

 

f:id:exw_mesi:20180926195506j:plain

[手順5]

かいわれ大根、さらに温泉たまごをのせ、追加で出汁しょうゆをかけたら完成。温泉たまごとしょうゆがポイントなので名づけて、「温玉のっけしょうゆ」。

 

f:id:exw_mesi:20180926195547j:plain

 

粉物に温泉たまごや半熟たまごがのっかったものって、意外とありそうでないんです。とろ~りとしたたまごが絡みあって、コクが増します。かいわれ大根はなくても問題はありませんが、あると辛味がほんの少し入りますし、シャキっと感も合わさっておいしいですよ。

 

これでも物足りない方、

 

f:id:exw_mesi:20180926195700j:plain

 

冷蔵庫に明太子は余っていませんか? パスタ用の明太子ソースでもOKです。

 

f:id:exw_mesi:20180926195748j:plain

 

そこへ、味のりを加えると濃い目の味になります。ごはんにも合うので、おかずとしてもぜひどうぞ!

 

ポン酢風味

f:id:exw_mesi:20180926195849j:plain

 

【材料】

  • ポン酢:大さじ2
  • 大根:80g
  • 鷹の爪:2本
  • 大葉:1枚

 

【作り方】

f:id:exw_mesi:20180926200037j:plain

[手順1]

まず大根に穴をあけます。そこに、種抜きをして水に漬けておいた鷹の爪を詰めて、すり金ですります。

 

f:id:exw_mesi:20180926200112j:plain

[手順2]

お好みで、一味唐辛子を混ぜてもOK。大根おろしが辛すぎると感じた場合は、うま味調味料を少し混ぜると辛味がおさまりますよ。

 

f:id:exw_mesi:20180926200235j:plain

[手順3]

大葉を刻みます。これで準備完了です。

 

f:id:exw_mesi:20180926200337j:plain

[手順4]

タコ焼きに大葉をのせて、ポン酢をトクトクかけて完成。これからの季節、鍋物料理によく登場するポン酢が効いているということで名づけて、「秋ぽん」。

 

f:id:exw_mesi:20180926200445j:plain

 

率直に言うと、あっさり系です。

 

もみじおろしとポン酢の組み合わせは、焼き魚や鍋物なんかを食べるときにおなじみですよね。実はこの味付け、タコ焼きにも十分使えるんです。酸味もそこまで気になりません。

 

さらに、追加でおすすめなのが、

 

f:id:exw_mesi:20180926200845j:plain

 

わさびマヨネーズ。

 

f:id:exw_mesi:20180926201025j:plain

 

ツーンとしたわさびが一押しですが、からしでも代用可能です。これは、日本酒のお供にも最適な味付けでしょう。

 

塩風味

f:id:exw_mesi:20180926201118j:plain

 

【材料】

  • 粗塩:小さじ1/3
  • 青のり:小さじ1/2

 

【作り方】

f:id:exw_mesi:20180926201208j:plain

[手順1]

ざっと混ぜるだけです。

 

f:id:exw_mesi:20180926201450j:plain

[手順2]

これをタコ焼きにかけたら完成。

 

f:id:exw_mesi:20180926201517j:plain

 

名づけて、「のり塩」

 

f:id:exw_mesi:20180926201646j:plain

 

のり塩と言うと、フライドポテトやポテトチップスをイメージしますよね。味付けはまさにその通り。タコ焼きにかけることで、ポテトチップスのような塩っけの効いたお手軽スナックになっちゃいます。

 

粗塩を選んだのは、天然ゆえのマイルドな味わいがタコ焼きの味を引き立たせるから。普通の食塩でももちろん大丈夫ですよ。

 

明石焼き風味

f:id:exw_mesi:20180928111618j:plain

 

【材料】

  • めんつゆ(3倍濃縮):25ml
  • 水:75ml
  • 顆粒だし:ひとつまみ
  • 白ねぎ:10g

 

【作り方】

f:id:exw_mesi:20180928111821j:plain

[手順1]

めんつゆを規定の分量の水で薄めたら火にかけます。

 

f:id:exw_mesi:20180928111856j:plain

[手順2]

ふつふつとしてきたら顆粒だしをひとつまみ加えてください。

 

f:id:exw_mesi:20180928111924j:plain

[手順3]

煮立った出汁を器に移して、白ねぎを加えたら完成。名づけて、「即席・明石焼き風」。

 

f:id:exw_mesi:20180928112012j:plain

 

出汁を吸ってもちもちっとした食感が最高です。揚げタコ焼きを入れると、カリっ、ふわっとした食感にさっぱりとした味付けが合いますよ。

 

以上の5つの味付け、興味がある方は是非おためしくださいませ。

 

それではまた。「おおきに!」

 

書いた人:いしたに

いしたに

「全国にともだちをつくることが目標です」と言うと「ホテルがわりやんけ」と言われました。全国に個人ホテルをつくることが目標の、兵庫県尼崎市出身のフリーエディター・ライターいしたにです。

過去記事も読む

トップに戻る