雷が鳴り、豪雨が降りすさぶお好み焼き屋さん「ちえり」に行ってきた【別視点ガイド】

f:id:matsuzawa7:20170406171626j:plain

新連載! 東京別視点ガイドの松澤さんが『メシ通』に登場! 毎月東京を中心に珍スポットをご紹介します。栄えある第一回は、、、雷が鳴り、豪雨が降りすさぶお好み焼き屋さんです。

 

雷とどろくお好み焼き屋さんが存在する

f:id:matsuzawa7:20170406191912j:plain

雷とどろき、豪雨が降りすさぶお好み焼き屋さんがある……。

 

そんな噂を耳にしました。

雷とどろき、豪雨降りすさぶ古城ならばイメージできます、たぶんドラキュラの住み家なんでしょう。

でも、雷とどろき豪雨降りすさぶお好み焼き屋さんっていったいなんでしょうか。

まだ焼けてないのにやたらひっくり返して、神の怒りに触れてしまったのでしょうか。

 

謎の実態を確かめるべく、都電荒川線「荒川遊園地前」にやってきました。

町のなかをゆっくり走るちんちん電車です。

  

f:id:matsuzawa7:20170406171626j:plain

駅をおりると、さっそく看板が出ていました。

たしかに「カミナリの鳴る店」と自己申告しています。

 

f:id:matsuzawa7:20170406182453j:plain

雷の鳴るお好み焼き屋さん「ちえり」です。

ずいぶん落ち着いた外観で雷なんて落ちそうにありません。

 

f:id:matsuzawa7:20170406172532j:plain

鉄板が6卓あって座布団が敷かれています。

お好み焼きを焼くジュージューした音こそ聞こえるものの、雷は鳴っていませんし雨も降っていませんね。室内なので当然といえば当然ですが。

 

f:id:matsuzawa7:20170406173516j:plain

▲左:かみなりもんじゃ(1,050円)、右:もち天(600円)

 

店内にはお好み焼きのいい匂いが立ちこめているので、食欲が刺激されます。「かみなりもんじゃ」と「もち天」を注文しました。

「かみなりもんじゃ」に突き刺したカニの足は、雷さまの角のイメージだそうです。エビやイカなど、たっぷり海鮮の入ったぜいたくなもんじゃですね。

 

f:id:matsuzawa7:20170406175937j:plain

f:id:matsuzawa7:20170406174907j:plain

お好み焼きの出来上がり。

マヨネーズをかけて、かつおぶしをふって、いただきますとヘラを握ると……

 

f:id:matsuzawa7:20170408143618j:plain

突然、室内が暗くなり、ゴロゴロゴロゴロと不穏な低音が響きました。

これは、ひと雨来そうだぞ。

 

f:id:matsuzawa7:20170406181620j:plain

ドドーーーーン!!!

 

案の定、雷が落ちて、入り口あたりで豪雨が降りはじめました。

ドーン、ドーン。

かなりの大音響で雷が落ち続けているので、会話もままなりません。

 

f:id:matsuzawa7:20170406181650j:plain

雷が鳴っていたのは時間にして1~2分。

ほんの少し前まで豪風だったのに、ぴたりと雷がやみ、室内も明るくなり、ピヨピヨホーホケキョと小鳥のさえずりが聞こえます。いきなりの晴天です。

 

雷がやみ晴れたとたん、常連とおぼしきご家族が「すいませーん、いかバターおねがいします」とすかさず注文。

店員さんも「はい」とやりとりしています。なにごともなかったような雰囲気に、さっきの豪雨が白昼夢に感じられます。

 

▲その様子は、動画でもごらんくださいませ!

 

f:id:matsuzawa7:20170406174136j:plain

▲寺地店長にお話しを聞いた

 

ーーいつから雷を鳴らしているんですか?

 

40年前からはじめていて、何度か改良しています。1時間に1回鳴っていますよ。初代店長のオーナーが作ったものなんです。

わたしは小学生の頃からここに食べに来ていたヘビーユーザーでした。

 

ーーあ、もともとお客さんだったんですね!

 

そうです、近所に住んでいたので。

学生になってアルバイトではいったんですけど、前店長が辞めたタイミングで、あとをついで店長になりました。

 

ーーなんでお好み焼き屋さんで雷なんですか?

 

すぐ近くにあらかわ遊園がありますから、そのそばでやるからには普通のお好み焼き屋さんじゃつまらないなと。アトラクションをつけようと考えたみたいです。

雨も雷も自作なんですよ。

 

ーー常連さんはこの状況に慣れていて、普通に食べているの面白いですね。

 

そうですね。あらかわ遊園帰りのご家族がくると、お子さんは驚いて泣くか、喜んではしゃぐかのどっちかなんですけど、常連さんはもう平然としていますから。シュールですよね(笑)。

常連さんが一組だけのときは「雷やんなくてもいいよ」っていわれることもありますけど、あれ、1時間に1回自然に鳴っているってことになってるので……。

 

ーー自然にあらがって、とめることはできませんね!

 

f:id:matsuzawa7:20170406172610j:plain

ーー立派なスピーカーですね。

 

デカいスピーカーを用意して、設備にはかなりの金額をかけたそうです。

 

ーーこれだけ気合が入っていると、雷目当てで遠くからくるお客さんもいるんじゃないですか?

 

一番遠くでインドからというお客さんもいましたよ。

 

ーーインド!! ビックリしてました?

 

はい、ビックリされてました。

 

雷マシーンの制作者にも会ってきた

f:id:mesitsu:20170418205912j:plain

じつは、雷マシーン制作者のオーナーさんは「お好み焼き ちえり」のならびで喫茶店をされています。

お店の名前は「喫茶チェリー」。チェリーとちえりでかかっています。

もともとこちらの喫茶店が先で、お好み焼き屋さんは2店舗目というわけです。

 

f:id:matsuzawa7:20170406185455j:plain

さきほどの「かみなりもんじゃ」はカニの足が角みたいに生えていましたが、こちらのバナナチョコパフェはバナナがぴよーんと生えていますね。

 

f:id:matsuzawa7:20170406191535j:plain

▲ちえりの初代店長さん(左)と現店長さん(右)

 

現店長さんはお客さんの入りをみて「お好み焼き ちえり」と「喫茶店チェリー」を行き来し、配膳や後片付けのお手伝いをしていました。

 

「本当は床下にスピーカーを仕込んで、雷が鳴ったら振動で震えるようにしたかったんですよ! でも、床のコンクリートが厚くてねえ。削るのにお金がかかりすぎちゃうので、あきらめました」とのこと。

趣味の釣りをやっているとき、うしろの山に雷が落ちて「これだ!!」とひらめいたそうです。

 

f:id:matsuzawa7:20170406191608j:plain

f:id:matsuzawa7:20170406191616j:plain

ひととおりお話しをうかがって、帰りじたくをしているときに「取材がんばってくださいね!」と自家製スイートポテトをいただきました。甘くておいしいスイートポテト。

 

雷が鳴り豪雨が降りすさぶ恐るべきお店ですが、店長さんは晴れわたる太陽のように優しいかたでした。

 

お店情報

お好み焼き ちえり

住所:東京都荒川区西尾久7-6-11
電話番号:03-3800-1180
営業時間:平日 17:00~23:00、土曜日・日曜日・祝日 13:00~23:00
定休日:月曜日

www.hotpepper.jp

※この記事は2017年4月時点での情報です。
※金額はすべて消費税込です。

 

書いた人:松澤茂信

松澤茂信

観光会社「別視点」の代表。「東京別視点ガイド」を書いてます。

過去記事も読む

トップに戻る