【炒飯よりウマい】材料切ったら3分! エダジュンの「パクチージャンバラヤ風」

f:id:edajun:20170405134725j:plain

ピリリと辛い味付けが、これからの季節にピッタリ!

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。

今日はアメリカンフードで有名な「ジャンバラヤ」を作りたいと思います。しかし、本場の「ジャンバラヤ」はいろいろなスパイスを使っているので、家でお手軽に作るにはハードルが高い! そこで、今日はカレー粉&タバスコでサクッと作ってみたいと思います。それではいってみよう!

 

「パクチージャンバラヤ風」

【材料】(1人分)

  • ごはん 200g
  • パクチー 1株
  • ウィンナー 4本
  • 玉ねぎ 1/4個
  • 赤パプリカ 1/4個
  • 黒こしょう 少々
  • サラダ油 大さじ1
  • (A)
  • ケチャップ 大さじ2
  • コンソメ(顆粒) 小さじ1/2
  • カレー粉 小さじ1/2
  • タバスコ 小さじ1/2
  • チリパウダー 小さじ1/2

 

作り方

f:id:edajun:20170405134738j:plain

1. パクチーは2cm幅に切る。ウィンナーは斜め切りにする。玉ねぎはみじん切りにする。赤パプリカは5mm角に切る。

 

f:id:edajun:20170405134740j:plain

2. フライパンにサラダ油をひき、玉ねぎがしんなりするまで中火で炒め、ウィンナーを入れて表面に焼き色がつくまで炒める。

 

3. 2にごはん、赤パプリカ、(A)を入れて、混ぜ炒めて黒こしょうで味を調えたら、皿に盛り付けてパクチーを添えて完成。

 

材料切ったら、3分で完成! スパイシー味の「ジャンバラヤ」!

f:id:edajun:20170405134729j:plain

まるで炒飯をつくるように、オシャレな名前の「ジャンバラヤ」が完成しました! 結構辛いので、辛いのが苦手な方はタバスコを減らしてもOK。チリパウダーを入れるだけで、すごく本格的な味わいになるのでオススメです! パクチーもお忘れなく!

 

作った人:管理栄養士 エダジュン

管理栄養士 エダジュン

パクチー料理研究家・管理栄養士。株式会社スマイルズに入社。SoupStockTokyoの本社業務に携わり、2013年に独立。家で作れるエスニック料理とパクチーを使ったレシピを研究中。「料理にやっちゃいけないことはない」がモットー。最新刊、野菜たっぷりのつくりおきレシピを集めた「エスニックつくりおき」(PARCO出版)が好評発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。

※この記事は2017年4月の情報です。

トップに戻る