といっても使うのはお菓子売り場の「甘栗」です。秋の旬で「しょうゆバター炊き込みごはん」【エダジュン】

f:id:edajun:20181001133900j:plain

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。

今日は秋の旬を2つ使った「炊き込みごはん」です。1つはきのこ(しめじ)、もう1つはお菓子売り場で売っている「甘栗」を使います。下ごしらえは必要なし、味も食感もよく、簡単でうれしい秋のごちそうですよ!

 

エダジュンの「甘栗ときのこのしょうゆバター炊き込みごはん」

【材料】(2合分)

  • 米 2合
  • 甘栗 10個(約65g)
  • しめじ 1パック(100g)
  • バター 20g
  • しょうゆ 小さじ2

(A)

  • めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ1
  • ごま油 小さじ1
  • いりごま(白) 小さじ1
  • 塩 少々

 

作り方

1. しめじは石づきをきり、ほぐす。米はといで、20分以上浸水させる。

 

2. フライパンにバター半量(10g)をひき、中火でしめじを炒め、しょうゆで味付けする。

 

f:id:edajun:20181001134150j:plain

3. 炊飯器に1の米を入れ、通常の2合分の水(分量外)を入れたら、そこから大さじ2杯分、水をとる。(A)を入れて、軽く混ぜる。

※調味液で増える分、水をとります。

 

f:id:edajun:20181001134239j:plain

甘栗と2のしめじをのせて、炊飯する

 

f:id:edajun:20181001134342j:plain

4. ごはんが炊けたら、

 

f:id:edajun:20181001134539j:plain

残りのバター(10g)を入れて全体を混ぜる。

 

栗の甘さと、しょうゆバターの風味が抜群!

f:id:edajun:20181001134648j:plain

栗ときのこで、見た目からしてもう秋一色! しょうゆバターの香ばしい風味も食欲をそそります。今回はお手軽にめんつゆを使いましたが、和風だしで作ってもOKです。冷めてもおいしいので、お弁当やおにぎりにして秋のお出かけのおともにするのも◎。ぜひ作ってみてください!

 

作った人:管理栄養士 エダジュン

管理栄養士 エダジュン

パクチー料理研究家・管理栄養士。株式会社スマイルズに入社。SoupStockTokyoの本社業務に携わり、2013年に独立。家で作れるエスニック料理とパクチーを使ったレシピを研究中。「料理にやっちゃいけないことはない」がモットー。著書に『パクチー!パクチー!パクチー!』(NHK出版)、『これ1品で献立いらず!野菜たっぷり具だくさんの主役スープ150』(誠文堂新光社)、『野菜と栄養たっぷりな具だくさんの主役サラダ200』(誠文堂新光社)。2018年10月24日発売予定の最新刊『鍋の素―極旨・鍋スープの作り方 バリエーションは無限大!』(PARCO出版)は、極旨・鍋スープ20種、アレンジ鍋60種を収録したずっと使えるウチ鍋レシピの決定版!

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る