「鶏むね肉のおかか梅肉和え」がおかずにもトッピングにも都合よすぎた【エダジュン】

f:id:edajun:20190603110612j:plain

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。

今回は、高タンパク低カロリー、安くてたっぷり食べられるコスパ食材「鶏むね肉」を使った、お手軽レシピの“夏バージョン”です。鶏むね肉に和風の味付けをすると、さっぱり感と旨味が同居する、これからの時期にぴったりのおかずに大変身です。冷蔵で2~3日保存も可能ですので、ぜひ作り置きしてみてください!

 

エダジュンの「鶏むね肉のおかか梅肉和え」

【材料】(作りやすい量)

  • 鶏むね肉 1枚(300g)
  • 塩、砂糖 各小さじ1/4 

(A)

  • いりごま(白) 小さじ2
  • かつお節 1パック(2g)
  • 梅干し(種を取って身をほぐす) 1個
  • 大葉(みじん切り) 2枚
  • しょうゆ 小さじ1

 

作り方

f:id:edajun:20190603110615j:plain

1. 鶏むね肉は皮を取って、表面をフォークで6~7ヵ所穴をあけ、ポリ袋などで塩と砂糖をもみ込む。

取った皮は冷凍しておいて、スープやみそ汁のだしに使ったり、5分ほど茹でてポン酢、いりごま、薬味(ミツバ、みょうが、パクチーなどお好みで)と和えればもう一品!

 

f:id:edajun:20190603110617j:plain

2. 鍋にたっぷり湯を沸かし、袋から出した1を入れてフタをしたら火を止める。そのまま30~40分ほど冷ます。

 

f:id:edajun:20190603110624j:plain

3. 肉にしっかり火が通り、粗熱が取れたら、自家製サラダチキンが完成。これを食べやすい大きさに手でさく。

 

f:id:edajun:20190603110621j:plain

4. ボウルに(A)を入れて和え、

 

f:id:edajun:20190603110627j:plain

さらに3の鶏むね肉を入れて和える。

 

夏にぴったりなダイエットおかずが誕生!

f:id:edajun:20190603110653j:plain

梅肉の酸味と大葉のさわやかな風味は、食欲が落ち気味な夏にぴったり。そのままおかずやおつまみとしてつまんだり、そうめんや冷ややっこのトッピングにも◎です。ぜひ作ってみてください!

今回、鶏むね肉は食べやすい大きさにちぎりましたが、さらにおかず感を出したい時は、削ぎ切りにして、ソースを和えずに上からかけるスタイルもおすすめですよ。

自家製サラダチキンのアレンジレシピは、こちらもおいしいです。

www.hotpepper.jp

www.hotpepper.jp

 

作った人:管理栄養士 エダジュン

管理栄養士 エダジュン

パクチー料理研究家・管理栄養士。株式会社スマイルズに入社。SoupStockTokyoの本社業務に携わり、2013年に独立。家で作れるエスニック料理とパクチーを使ったレシピを研究中。「料理にやっちゃいけないことはない」がモットー。著書に『パクチー!パクチー!パクチー!』(NHK出版)、『これ1品で献立いらず!野菜たっぷり具だくさんの主役スープ150』(誠文堂新光社)、『野菜と栄養たっぷりな具だくさんの主役サラダ200』(誠文堂新光社)。2018年10月24日発売予定の最新刊『鍋の素―極旨・鍋スープの作り方 バリエーションは無限大!』(PARCO出版)は、極旨・鍋スープ20種、アレンジ鍋60種を収録したずっと使えるウチ鍋レシピの決定版!

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る