「焼きそば」を激ウマに作る新ルール。最初に炒める意外なものって?【エダジュン】

f:id:edajun:20190401164803j:plain

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。

お腹にもたまって、野菜も食べられて、しかもビールもすすんじゃう「焼きそば」。10分もあればできて失敗なし、何かと忙しいこの時期には特に重宝しますね。

今回は、その焼きそばを絶品、より濃厚に味変! 隠し味はこれ、

f:id:edajun:20190401165036j:plain

買い置きしてある「インスタントみそ汁」なんです。

 

エダジュンの「ハムと水菜のみそソース焼きそば」

【材料】(1人分)

  • 焼きそば麺 1玉 
  • ハム 2枚
  • 水菜 1束
  • 水 50ml
  • バター 10g
  • インスタントみそ汁(しじみ) 1パック(19g)
  • 焼きそば麺に付属のソース 半量 
  • 卵(目玉焼き用、お好みで) 1個

 

作り方

f:id:edajun:20190401164833j:plain

1. ハムは半分に切り、2cm幅に切る。水菜は4cm幅に切る

 

f:id:edajun:20190401164851j:plain

2. フライパンにバターを溶かし、

 

f:id:edajun:20190401164853j:plain

弱火でインスタントみそ汁を軽く炒める。

 

f:id:edajun:20190401164837j:plain

3. ハムと焼きそば麺をほぐしながら入れ、中火で炒め、

 

f:id:edajun:20190401164846j:plain

水を入れて蒸し焼きにする。

 

f:id:edajun:20190401164924j:plain

4. 水がなくなったら付属のソース(みそを入れるので袋の半量でOKです)で味付けをして、

 

f:id:edajun:20190401164931j:plain

水菜を加えて和えながら炒める。

 

しじみのエキスが隠し味!濃厚なみそソース焼きそばです

f:id:edajun:20190401164809j:plain

最初にしじみのみそ汁を炒めて、みその香ばしさを引き立てます。インスタントみそ汁ならだし入りでうま味たっぷりですし、何よりゆるいので炒めやすい! しじみ以外の種類でも、また違った風味が出せて美味しそうですね。液状タイプのみそがある方は、そちらでもOKです。

水菜はたっぷりな量を入れてもしんなりするので大丈夫です。炒めすぎるとしんなりしすぎるので、サッと火を入れて下さい。

 

f:id:edajun:20190401164830j:plain

最後に目玉焼きをのせても美味しいです! アウトドアでも使える一品、ぜひ作ってみてください。

 

作った人:管理栄養士 エダジュン

管理栄養士 エダジュン

料理研究家・管理栄養士。株式会社スマイルズに入社。SoupStockTokyoの本社業務に携わり、2013年に独立。家で作れるエスニック料理とパクチーを使ったレシピを研究中。「料理にやっちゃいけないことはない」がモットー。著書に『パクチー!パクチー!パクチー!』(NHK出版)、『野菜たっぷり具だくさんの主役サンド150』(誠文堂新光社)、『毎日食べたい!お粥ごはん』(パルコ出版)。2021年6月発売の『できるだけうちにある調味料で作る!エスニックつまみとごはん』(主婦と生活社)では、スーパーでも手に入る調味料とハーブを使って、なじみのある材料でちゃちゃっと手軽に作れる、台湾、タイ、ベトナム、韓国、インドネシア、フィリピンなど各国の人気料理115レシピを紹介。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る