しょうが焼きをピリ辛にしたら箸の進みが加速した「ラー油のポークジンジャー」【エダジュン】

f:id:edajun:20200123173006j:plain

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。

本日は、大人のポークジンジャーレシピをご紹介いたします。味のアクセントは「ラー油」。コクもあり、辛さもありで、甘いソースにメリハリをつけてくれます。少し濃い味付けにしているので、白ごはんのお供に、ビールのつまみに、ぜひ作ってみてください。

 

エダジュンの「ラー油のポークジンジャー」

【材料】(1人分)

  • 豚ロース肉(薄切り) 120g
  • 片栗粉 適量
  • 塩、黒こしょう 少々
  • バター 5g
  • ごま油 小さじ2

(A)

  • 玉ねぎ(すりおろし) 1/4個(50g)
  • しょうが(すりおろし) 1片(15g)
  • しょうゆ 大さじ1と1/2
  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • ラー油 小さじ1/2

 

作り方

f:id:edajun:20200123172652j:plain

1. 豚ロース肉はフォークで全体に穴をあける。

筋を切断して縮み防止になります。

 

f:id:edajun:20200123172656j:plain

2. 1に塩、黒こしょうをして、片栗粉を全体に薄くまぶす。

片栗粉をまぶすことで、ソースの絡みがよくなります。

 

f:id:edajun:20200123173107j:plain

3. フライパンにごま油をひき、中火で2を両面焼く。焼き色がついたら、

 

f:id:edajun:20200123172604j:plain

(A)を入れて、

 

f:id:edajun:20200123173307j:plain

水気がなくなるまで温める。

 

f:id:edajun:20200123172618j:plain

4. 最後にバターをおとし、ソースと肉と絡める。

 

濃厚で香ばしいやみつきポークジンジャーが完成です!

f:id:edajun:20200123172535j:plain

最後にバターを落とすと、風味とコクが足されて全体の味がまとまります。少量で十分なので、入れすぎないように気をつけてくださいね。

玉ねぎの甘さとしょうがの爽快感だけでも食欲をそそるのですが、ラー油を入れるとピリッと味のアクセントになって、箸の進みがさらに加速する味になります。ぜひ作ってみてください。

 

魯肉飯風味のしょうが焼きも、白ごはんが止まりませんよ↓

www.hotpepper.jp

 

作った人:管理栄養士 エダジュン

管理栄養士 エダジュン

パクチー料理研究家・管理栄養士。株式会社スマイルズに入社。SoupStockTokyoの本社業務に携わり、2013年に独立。家で作れるエスニック料理とパクチーを使ったレシピを研究中。「料理にやっちゃいけないことはない」がモットー。著書に『パクチー!パクチー!パクチー!』(NHK出版)、『これ1品で献立いらず!野菜たっぷり具だくさんの主役スープ150』(誠文堂新光社)、『毎日食べたい!お粥ごはん』。(パルコ出版)2019年12月発売の最新刊『野菜たっぷり具だくさんの主役パスタ150』は、2人分の量を1人分の麺(100g)で作り糖質オフできる、毎日食べたくなる150種類のパスタレシピを掲載。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る