魯肉飯テイストのしょうが焼きに悶絶。「台湾風しょうが焼き」で白飯がとまらない【エダジュン】

f:id:edajun:20190819172336j:plain

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。

今回は「台湾風しょうが焼き」。すっかり日本でもおなじみになった台湾料理を、日本のあの料理にアレンジしました。八角とオイスターソースを使えば、グッと本場の味に近づいてきます。丼にすれば、少々食欲がなくても丼ご飯だってペロリです。ぜひ作ってみてください。

八角は、カレーやインスタントラーメンのスープを煮込むときに入れても味と香りが深まります。八角を使った「味付けたまご」も以前ご紹介しました。

www.hotpepper.jp

 

エダジュンの「台湾風しょうが焼き」

【材料】(1人分)

  • 豚バラ薄切り肉 150g
  • 玉ねぎ 1/4玉 
  • 八角 1個
  • ごま油 大さじ1
  • 千切りきゃべつ お好み量

(A)

  • しょうが(すりおろし) 1片(6g) 
  • 酒 大さじ1 
  • しょうゆ、オイスターソース、みりん 各小さじ2

 

作り方

1. 豚バラ肉は5cm幅に切る。玉ねぎは薄切りにする。

豚バラ肉は、少し大きめに切るので食べ応え抜群です。

 

f:id:edajun:20190819172351j:plain

2. フライパンにごま油と八角を入れて中火で温める。

最初にごま油と八角を入れておくと、油に香りが移って、料理全体に八角の味わいが広がります。

 

f:id:edajun:20190819172354j:plain

3. 玉ねぎを入れてしんなりするまで炒めたら、

 

f:id:edajun:20190819172358j:plain

豚バラ肉を1枚ずつはがして入れ、写真のように肉に半分ほど火が通るまで焼く。

 

f:id:edajun:20190819172401j:plain

4. 3に(A)を入れて、汁気がなくなるまで炒めたら、皿に盛り、千切りキャベツを添える。

 

八角とオイスターソースで作る! お手軽台湾の味

f:id:edajun:20190819172340j:plain

八角の香りと風味がアクセントとなり、煮込まない魯肉飯(ルーローハン)を食べているようです。お好みで卵黄を添えても◎。

 

f:id:edajun:20190819172345j:plain

そのままおかずとして食べてもいいですが、キャベツと一緒にどーんとのっけ丼にしても言うことなしですよ。

 

f:id:edajun:20190819172348j:plain

八角が入って食べやすい味付けなので、食欲がない時にもおすすめです。ご飯が止まらなくなるスタミナメニュー、ぜひ作ってみてくださいませ。

 

作った人:管理栄養士 エダジュン

管理栄養士 エダジュン

パクチー料理研究家・管理栄養士。株式会社スマイルズに入社。SoupStockTokyoの本社業務に携わり、2013年に独立。家で作れるエスニック料理とパクチーを使ったレシピを研究中。「料理にやっちゃいけないことはない」がモットー。著書に『パクチー!パクチー!パクチー!』(NHK出版)、『これ1品で献立いらず!野菜たっぷり具だくさんの主役スープ150』(誠文堂新光社)、『野菜と栄養たっぷりな具だくさんの主役サラダ200』(誠文堂新光社)。2018年10月24日発売予定の最新刊『鍋の素―極旨・鍋スープの作り方 バリエーションは無限大!』(PARCO出版)は、極旨・鍋スープ20種、アレンジ鍋60種を収録したずっと使えるウチ鍋レシピの決定版!

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る