手羽先で有名な「世界の山ちゃん」は、リアルにワールドクラスだった【チェーン居酒屋解体新書】

f:id:Meshi2_IB:20170804131611j:plain

「世界の山ちゃん」の推しポイントは……

  1. 手羽先だけじゃない、本格名古屋めし
  2. スタッフの手品で大盛り上がり
  3. じつはカレーもうまい

こんにちは! 忙しい毎日を、お酒というガソリンで回している酔っぱライター江口まゆみです。

 

世界中の地酒を飲み歩き、日本全国でうまい酒を飲みつくした私が、チェーン居酒屋の魅力に切り込みますよ〜。

 

一代で築いた「手羽先の殿堂」

今回は「世界の山ちゃん」の池袋北口店へ行ってきました。

 

「世界の山ちゃん」といえば、大きな看板が目印ですね。

そしてそこには必ずイメージキャラクターの「鳥男」がいます。

これは創業者の山本重雄さんがモデルです。

f:id:Meshi2_IB:20170804131456j:plain

山本さんは1981年24歳の時、名古屋に居酒屋「やまちゃん」をオープンしました。

わずか4坪13席の小さなお店だったそうです。

そして当時名古屋でブームだった手羽先に注目します。

 

甘辛いその味付けをアレンジし、ピリ辛にして出したところ大人気。店舗は急拡大します。

その後、あえてメニューから焼き鳥をなくすという決断をしました。

売上が落ちるのではないかと危惧されましたが、さにあらず。

かえって「手羽先のお店」という確固たる地位を築くことができたのです。

 

f:id:Meshi2_IB:20170804130340j:plain

では、たたき上げの山本さんが一代で築いた「手羽先の殿堂」へ入ってみましょう。

 

手羽先にはやっぱりビール!

f:id:Meshi2_IB:20170804130354j:plain

出迎えてくれたのは、店長の宍戸宏徳さん。

「何か面白そうな会社だ」と思い入社して、今年で5年目だそうです。

 

なにはともあれまず手羽先!

 

f:id:Meshi2_IB:20170804130415j:plain

二度揚げしてカリッと仕上げた小ぶりの手羽先は、胡椒がきいていてピリ辛です。

 

f:id:Meshi2_IB:20170804130444j:plain

 

f:id:Meshi2_IB:20170804130508j:plain

箸袋に食べ方が書いてあり、その通り食べるとスルリと骨が外れます。

いや〜、これはまさにスナック感覚で、なんぼでもイケますね。

 

お供はもちろん生ビール。

f:id:Meshi2_IB:20170804130521j:plain

クラフトビールの「銀河高原ビール」とサントリーの「ザ・モルツ」がお好みで選べます。

ピリ辛の手羽先に、ビールがすすみまくりです〜。

 

池袋北口店は「酢たまねぎ」推し

f:id:Meshi2_IB:20170804130535j:plain

「じつは店舗ごとに少しずつメニューが違いまして。うちは酢たまねぎメニューを推しています」と宍戸店長。

 

その中からさっそくいちおしの「酢たまねぎ」(150円)をたのんでみました。

f:id:Meshi2_IB:20170804130548j:plain

いやこれはサッパリしますね。

手羽先の胡椒でビリビリしていた口の中が、あっという間に穏やかになる感じ。

血液もサラサラになるし、いいんじゃないでしょうか。

 

スタッフ全員がマジシャン!?

そんななか、壁に「スタッフが贈るおもしろ手品」という貼り紙を見つけました。

f:id:Meshi2_IB:20170804130608j:plain

宍戸店長、これは?

「うちはアルバイトまで、スタッフ全員研修で手品を習うんです」(宍戸さん)

なんと、頼めばテーブルマジックを披露してくれるそうです!

 

さあ、宍戸さんのカードマジックが始まりましたよ。

f:id:Meshi2_IB:20170804130633j:plain

▲普段は立った状態でマジックを行うそうです

 

決して鮮やかな手さばきではありませんが、一生懸命な姿に拍手〜!

テーブルはひとしきり盛り上がりました。

 

名古屋めしメニューも充実

ノリにノって、お酒はビールから焼酎に。

f:id:Meshi2_IB:20170804130650j:plain

オリジナルの芋焼酎と麦焼酎があり、ボトルでもグラスでもたのめます。

グラスはオンザロックでなみなみ一杯。

これはうれしい!

 

さてここらで名古屋めしをいってみようか。

f:id:Meshi2_IB:20170804130725j:plain

ちょっと変わった「台湾ラーメンの具」をチョイス。

ラーメンはなくて具だけというのが笑えます。

でもこれがまさに台湾ラーメンの味。

辛ウマです!

 

シメはオリジナルの名古屋カレー」

f:id:Meshi2_IB:20170804130753j:plain

飲んだあとでも食べられるよう、ちゃんとミニサイズがあります。

カレーとどて煮が半々に乗っていて、カレーもうまいし、どて煮もごはんに合いまくり!

 

ごちそうさまでした〜。

 

「やまちゃん」から「世界の山ちゃん」になったのは、ある日アルバイトさんがシャレで「はい、世界の山ちゃんです」と電話に出たのを、創業者の山本さんが「夢があるなあ」と気に入ったからだとか。

 

今や全国で71店舗、海外でも7店舗を展開し、世界的居酒屋チェーンに成長した「世界の山ちゃん」。

コトバにすると夢はかなうんだな〜。

 

惜しくも山本さんは、2016年に59歳の若さで急逝されましたが、若いスタッフが生き生きと働いて、「手羽先の殿堂」を守っています。

今夜あたりガソリンを補給しに、「世界の山ちゃん」へ行ってみませんか?

元気出ますよ!

 

【お会計】

手羽先(一人前5本)=430円、サントリー・ザ・モルツ(中ジョッキ)=480円、銀河高原ビール(グラス)=450円、酢たまねぎ=150円、山ちゃん麦焼酎=380円(グラス)980円(ボトル)、山ちゃん芋焼酎=400円(グラス)1,280円(ボトル)、台湾ラーメンの具=460円、ちょこっと名古屋カレー=400円

 

お店情報

世界の山ちゃん 池袋北口店

住所:東京都豊島区西池袋1-42-1
電話番号:03-5950-2205
営業時間:平日17:00 〜翌0:15、日曜日・祝日17:00~11:15
定休日:無休(年末年始は除く)
ウェブサイト:http://www.yamachan.co.jp/

www.hotpepper.jp

※この記事は2017年7月の情報です。
※金額はすべて税込みです。

 

書いた人:江口まゆみ

江口まゆみ

神奈川鎌倉生まれ。早稲田大学卒。1995年より、「酔っぱライター」として世界中の知られざる地酒を飲み歩き、日本中の酒のつくり手をたずねる旅を続ける。旅をした国は20ヶ国以上、訪ねた日本酒、焼酎、ワイン、ビール、ウイスキーの現場は100カ所以上。JCBA認定ビアテイスター。SSI認定利酒師。酒に関する著書多数。近著は『ビジネスパーソンのための一目おかれる酒選び』(平凡社)

過去記事も読む

トップに戻る