一切れから注文できる「焼肉萬野ホルモン舗」の希少ホルモンが……ウマすぎた【大阪】

f:id:mesitsu_lc:20161205103944j:plain

こんにちは、メシ通レポーターのケメコです。

ひとりラーメンやひとり寿司、ひとり天ぷら、ひとり定食、ひとり居酒屋さん……などなど、ひとり飯は大好きなのですが、今までひとり焼肉はチャレンジしたことありませんでした。

 

なんか、ちょっとハードル高いですよね。一皿に入っている肉の量も多いですし、焼肉屋さんに行って肉ふた皿とご飯でお腹いっぱいになるってのも、ちょっとさみしいもんです。

 

と、思っていたのですが、今回ご紹介するお店「焼肉萬野ホルモン舗 上七」なら、肉が一切れから注文できるというのです。お寿司屋さんみたいですよね。これはひとり焼肉にぴったりなのではないか、ということで行ってきました!

 

f:id:mesitsu_lc:20161205104054j:plain

 

一切れ注文できる焼肉ってスバラシイ

f:id:mesitsu_lc:20161205104201j:plain

店内は1Fのカウンター席と、2Fのテーブル席の2フロア。カウンターに座ると調理風景が見渡せるのも、なんだかお寿司屋さんっぽいですよね。

 

f:id:mesitsu_lc:20161205104217j:plain

座席の前には七輪がスタンバイ。

 

f:id:mesitsu_lc:20161205104232j:plain

ホルモンメニューがずらりと並んでいます。こちらはホルモン舗というだけあって、希少なホルモンが食べられるのも魅力。

 

f:id:mesitsu_lc:20161205104253j:plain

店長の藪内さん。笑顔がステキです!

 

f:id:mesitsu_lc:20161205104447j:plain

「焼肉萬野ホルモン舗」の肉は、すべて「朝引き」したもの。だからとても新鮮でおいしいのです。

 

朝引きし、下処理された肉が毎日開店前に店舗に届けられます。そこから丁寧に1枚1枚切って仕上げ。おいしそう!

 

f:id:mesitsu_lc:20161205104500j:plain

そして、ずらりと並んだホルモン。

 

f:id:mesitsu_lc:20161205104514j:plain

ピンク色の新鮮なホルモンです。

 

f:id:mesitsu_lc:20161205104539j:plain

つけダレは2種類。それぞれテーブルの上に用意されていて、上がだし醤油のタレ、下がさっぱりとしたつけダレです。おすすめはだし醤油のタレだとか。だし醤油で食べる焼肉って、珍しい気がします。

 

さあ、ではさっそく赤身の肉から注文!

f:id:mesitsu_lc:20161205104600j:plain

▲左からブリスケ(291円)、上カルビ(518円)、上ロース(518円)

 

ブリスケとは前バラ肉のこと。かみごたえがあって脂もたっぷりなので、がっつり感のある肉です。上カルビと上ロースは仕入れによって内容が違うのですが、この日は上カルビはカイノミ、上ロースはハネシタでした。

 

f:id:mesitsu_lc:20161205104718j:plain

まずはブリスケから。じっくり焼いて、出来上がり!

 

f:id:mesitsu_lc:20161205104737j:plain

生姜のみじん切り、わさびのみじん切りをそれぞれ好みでつけて、いただきます。

 

むは〜!! うまい間違いない。肉を食べている、というしっかりとした味わいと脂の甘み、だし醤油タレのやさしい味わいがあいまって、とてもおいしいです。たまらない。

 

f:id:mesitsu_lc:20161205104808j:plain

上カルビいきましょう。

おおっ! こちらはより一層脂の味わいが楽しめます。やわらかいし、極上においしい。

 

f:id:mesitsu_lc:20161205104837j:plain

そして、上ロース。

やわらけえええ!!! かむと口の中でとろけていきます。これは間違いありません、おいしいやつです。

 

続いてホルモンを注文。

f:id:mesitsu_lc:20161205114646j:plain

▲左から、ホオズリ(194円)、グレンス(248円)、ハチノス(248円)、マルチョウ(248円)

 

f:id:mesitsu_lc:20161205114738j:plain

まずはグレンスいきましょう。これは膵臓で、かなり希少な部位とのこと。焼いているとまわりがとろりと溶け出してきます。これはグレンスがほぼほぼ脂肪分だから。ひとまわりほど小さくなったら食べごろです。

 

ええええ!! 何でしょうこの食感!! 舌の上でとろけていく繊細なやわらかさと、なんとも言えないかみごたえ。こっくりとしているけれど上品な脂の味わいも含めて、驚きます。たしかに脂分を食べている感じなのですが、まったくしつこくない。こういうホルモンがあるんだ……と素直に感動してしまいました。

 

時折「これ、もういいですよ〜」と藪内さんがお肉の具合をチェック。カウンターなので、焼き加減などもちゃんと見ていてくれるのでありがたいです。焼きすぎることなくいい頃合いで食べられます。

 

f:id:mesitsu_lc:20161205114921j:plain

そして、ハチノス。牛にある4つの胃袋のうちのひとつ、第2の胃袋です。

ひゃーーー!! おいしいーーー!!!
これ、ちょっとびっくりしちゃいますよ。さっくりとした食感と適度な香ばしさ。たんぱくながら、かむごとに味わい深いハチノスです。


これは、皮を剥いでボイルし、きちんと下処理されて提供しているから。ここまでおいしいハチノスは初めて食べました。

 

f:id:mesitsu_lc:20161205114951j:plain

次はホオズリいきましょう。

ホオズリは、ほっぺたのお肉です。コリコリとした食感で赤身肉の味わいもあり、ヘルシーな印象。これ、わさびをつけて食べるとめちゃめちゃにおいしいです。

 

f:id:mesitsu_lc:20161205115008j:plain

最後はマルチョウ。ホルモンとしては定番ですね。小腸です。

外側がカリッカリで香ばしく、食感がとにかく最高。脂の部分もじゅわ〜っとしていて、たまりません。だし醤油でいただきましょう。

 

f:id:mesitsu_lc:20161205115059j:plain

一切れずつ楽しめるので、食べたいものを好きなだけ選んでテイスティング感覚で堪能。これなら、初めて食べるホルモンでもためらいなく注文できますし、ひとり焼肉の懸念点もなんら問題ありません。

 

滋味あふれる赤身肉&ホルモンを堪能でき、大満足。はあ〜、ごちそうさまでした!

 

お店情報

焼肉萬野ホルモン舗 上七

住所:大阪大阪天王寺区上本町7-2-30
電話番号:06-4305-1110
営業時間:ランチ(火曜日〜日曜日)11:30〜14:00(LO 13:30)
     ディナー 17:00〜23:30(LO 22:30)
定休日:無休(年末年始除く) ※ランチは月曜日定休
ウェブサイト:http://www.mannoya.com/

※金額はすべて消費税込です。
※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

 

書いた人:ケメコ

ケメコ

福井県出身、大阪府在住。某エンタメ系企業にて雑誌編集に携わり、その後コピーライターを経てフリーランスに。大衆居酒屋から小洒落たカフェまで、うまいと聞けばどこへでも突入。ゆえに体重増量中。

過去記事も読む

トップに戻る