1食で野菜400g美味しく食べられる。筋肉料理人の「麺なしちゃんぽん」をデフォにしたい

f:id:kinniku39:20210329120042j:plain

こんにちは~筋肉料理人です!

長崎のソウルフード「ちゃんぽん」ですが、私的にちゃんぽんは麺料理というよりは、野菜を美味しく食べることがメイン。ということで今日は、最初から「麺なしちゃんぽん」を作って、大量の野菜を美味しく食べましょう。今の時期にお安いあさりを使いましたが、冷凍のシーフードミックスでもOKです。

筋肉メシにもいいヘルシーな一杯ですし、スパイシーな味つけなのでビールのつまみにもバッチリですよ。

なお、今回はキャベツ、もやし、玉ねぎなどの野菜ときくらげ合わせて400gとしましたが、例えばキャベツ200gともやし200gで合計400gとしてもかまいません。

 

筋肉料理人の「麺なしちゃんぽん」

【材料】1人分

  • 豚こま肉 60g
  • カニかまぼこ 2本
  • あさり(今回は殻付きを使用) 150g(缶詰のあさりや解凍した冷凍シーフードミックス80gでもOK)
  • キャベツ 葉を2~3枚(200g)
  • もやし 1/2袋(100g)
  • 玉ねぎ 1/4個(50g)
  • にんじん 1/5本(40g)
  • 乾燥きくらげ 1枚(戻した状態で10g程度)
  • 牛乳 大さじ3
  • 塩、黒こしょう 適宜
  • サラダ油 小さじ1

(A)

  • 水 400ml
  • しょう油、日本酒 各大さじ1
  • 砂糖 小さじ1
  • 鶏がらスープの素 小さじ1
  • かつおだしの素 小さじ2/3
  • おろしにんにく 小さじ1/4

作り方

f:id:kinniku39:20210329115702j:plain

1. 乾燥きくらげをぬるま湯に15~20分漬けて戻しておきます。

乾燥きくらげが入ると食感が良くなります。しかも食物繊維、ミネラル豊富で値段も安く、長期保存できます。炒め物の他、サラダにも使えるので、買っておくと便利ですよ。

 

2. あさりは、砂抜き済みのものを使うと便利です。今回は殻つきを使ったので、殻同士をこすり合わせるように洗っておきます。

 

f:id:kinniku39:20210329115645j:plain

砂抜きをする場合は3%の食塩水(水500mlに塩大さじ1、分量外)に1時間ほど漬けてから、殻同士をこすり合わせるように洗います。

 

f:id:kinniku39:20210329120314j:plain

3. 具材を切ります。キャベツの葉の薄い部分は大きく切り、

 

f:id:kinniku39:20210329120352j:plain

キャベツの太い葉脈は縦方向に薄く切ります。

 

f:id:kinniku39:20210329120410j:plain

玉ねぎは薄切り、

 

f:id:kinniku39:20210329115719j:plain

にんじんはせん切り、

 

f:id:kinniku39:20210329115739j:plain

カニかまぼこは斜めに細く切ります。きくらげも戻っている頃ですので、細切りにします。

キャベツの葉脈を薄く切り、にんじんをせん切りにするのは、熱が通りやすくなるようにするためです。こうすることで、キャベツの葉の部分と同時に料理できます。

 

f:id:kinniku39:20210329115814j:plain

4. フライパンにサラダ油を入れて強めの中火にかけ、豚こま肉、

 

f:id:kinniku39:20210329115828j:plain

きくらげ、3の野菜を入れて炒め、

 

f:id:kinniku39:20210329115844j:plain

野菜がしんなりしたら(A)を入れます。

 

f:id:kinniku39:20210329115916j:plain

5. カニかまぼこ、あさり(シーフードミックス)、

 

f:id:kinniku39:20210329115930j:plain

牛乳も入れ、煮立ったら、

 

f:id:kinniku39:20210329115947j:plain

もやしを入れて、黒こしょうをふります。

 

f:id:kinniku39:20210329120003j:plain

味見をし、塩で味を調えたら出来上がりです。

 

旨味が溶け出したスープが野菜にしっかり絡む

f:id:kinniku39:20210329120020j:plain

「麺なしちゃんぽん」の完成です! ちゃんぽんスープで炒め煮にされた野菜は、旨味がしっかり絡んで美味しいです。

 

f:id:kinniku39:20210329120103j:plain

大量の野菜に豚こま肉、練り物(カニかまぼこ)、シーフードを煮込むので、これらの旨味がスープに溶け出し、それがまた野菜に絡むという好循環で美味しくなります。400gの野菜+肉やシーフードとかなりのボリュームですが、最後まで美味しく食べられるでしょう。

 

f:id:kinniku39:20210329115533j:plain

さて、せっかく麺なしにしたのですが、旨味たっぷりのスープがたっぷり余ってしまったのでつい「ちゃんぽんおじや」も作ってしまいました……。

 

f:id:kinniku39:20210329120153j:plain

大き目の茶碗に150gほど白飯をよそい、カニかまぼこが残っていたら刻んでのせ、ちゃんぽんスープをひたひたにかけます。

 

f:id:kinniku39:20210329115548j:plain

茶碗にラップをして電子レンジに入れたら、様子を見ながら沸騰するまで加熱します。

 

f:id:kinniku39:20210329120215j:plain

卵を卵白と卵黄に分けておき、熱々にしたちゃんぽんおじやに、まずは卵白を加えて混ぜます。

 

f:id:kinniku39:20210329120234j:plain

卵白が半熟にかたまってきたら、

 

f:id:kinniku39:20210329120253j:plain

卵黄をトッピングし、あれば刻みねぎをちらし、お好みで黒こしょうをふっていただきます。

 

f:id:kinniku39:20210329115625j:plain

なめらかな食感、そして旨味の詰まったちゃんぽんスープを吸ったちゃんぽんおじやは言うことなしです。トッピングした卵黄をつぶし、混ぜずに食べると、なめらかさと旨味が一層増して美味しいです。ちなみに、卵黄も混ぜると食感がざらついて悪くなるので、卵白だけを混ぜて作りました。

余ったスープまで美味しい麺なしちゃんぽん。ぜひお試しください。

 

作った人:筋肉料理人 藤吉和男

筋肉料理人 藤吉和男

料理と筋トレをこよなく愛する料理ブロガー。料理研究家としてレシピ本執筆や料理教室、テレビ出演、ボランティア活動を行う。自信のブログやYouTubeでは、簡単で美味しい魚料理や簡単レシピを専門的ながらわかりやすく紹介。レシピブログプラチナブロガー認定。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る