もつ煮込みは炊飯器でカンタンに作れてしまう

f:id:Meshi2_IB:20160918001624j:plain

心地よい秋風に誘われて、ぬるく燗した日本酒に手が伸びる今日この頃。

日本酒っていうとツマミも和風のものが恋しくなりますよね。

その中でも、煮込み! 特にもつ煮込みは、居酒屋さんで最初に頼むものの超定番。諸事情でなかなか居酒屋さんに行けない今日この頃、私の中でもつ煮込みが欠乏してきたんですよ!

そんなら、ってんで、家で作ってみました。もつ煮込み。色々作り方はあると思うんですが、今回は特別な道具がなくても簡単に作れるレシピで、長時間かかって面倒な煮込みは、炊飯器にやってもらったんで、みなさんもぜひまねしてみてくださいね!

 

もつ煮込みの材料はアバウトでオッケー

野菜などの量はあくまでも目安です。手元にあるだけでも、大根が好きだからたくさん入れちゃおう、とかでオッケーです。

 

材料(約4人前)

  • 豚もつ(ボイル) 300g
  • 大根 1/4本
  • 人参 1本
  • 長ねぎ 10cm
  • コンニャク 1個
  • 生姜 1片(スライス5枚)
  • 豆腐 1丁
  • 糸唐辛子 お好みで

f:id:Meshi2_IB:20160919194038j:plain

豚モツはスーパーで売っている、一番調理が簡単なボイル豚モツを用意しました。豆腐はお好みのもので良いのですが、今回は水分量が少ない焼きどうふにしてみました。

 

f:id:Meshi2_IB:20160919194056j:plain

野菜は、まあ大体こんな感じです。

 

調味料

  • めんつゆ(2倍濃縮) 50cc
  • 砂糖 大さじ1
  • みりん 大さじ2(なければ、砂糖大さじ1増量して代用)
  • 酒 大さじ3
  • 水 1/2カップ
  • 味噌 大さじ3〜5(味見しながら加減)
  • ゴマ油 大さじ1

f:id:Meshi2_IB:20160919194126j:plain

あとは、ご家庭にある、ごく普通の炊飯器。

 

f:id:Meshi2_IB:20160919194355j:plain

 

下ごしらえはきちんとね!

簡単レシピといえども、豚モツの下ごしらえだけはきちんとした方が、のちの幸せが大きくなります。

f:id:Meshi2_IB:20160919202324j:plain

なるべくたっぷりのお湯を沸騰させて、豚モツを茹でます。一度サッと茹でた後、お湯を変えて20分くらい茹でるのが理想ですが、面倒だったらお湯を変えずにそのまま20分でも良いです。アクはすくって下さいね。

 

f:id:Meshi2_IB:20160919202658j:plain

その間に、野菜を切っておきます。

 

f:id:Meshi2_IB:20160919202745j:plain

大根と人参はいちょう切りに。まあ、自分が食べたい大きさでいいです。

 

f:id:Meshi2_IB:20160919202937j:plain

 長ねぎは細い輪切りに。生姜は皮つきのまま適当にスライスします。

 

f:id:Meshi2_IB:20160919203145j:plain

焼きどうふとコンニャクはこんな感じ。

 

そうこうしているうちに、豚モツが茹で上がりますので、

f:id:Meshi2_IB:20160919203549j:plain

ザルにあけて、

 

f:id:Meshi2_IB:20160919203637j:plain

水洗いします。

これで、下ごしらえはすべてオッケー!

 

煮込みは炊飯器におまかせで

あとの調理は、ほぼすべて炊飯器におまかせです。

f:id:Meshi2_IB:20160919204222j:plain

炊飯器の内釜にまず、豚モツを入れます。

 

f:id:Meshi2_IB:20160919204331j:plain

次に大根。

 

f:id:Meshi2_IB:20160919204414j:plain

そして、人参。

 

f:id:Meshi2_IB:20160919204447j:plain

コンニャク。

 

f:id:Meshi2_IB:20160919204550j:plain

生姜。

この順番は、より味をしみさせたいものを下に置く、といった感じです。

 

f:id:Meshi2_IB:20160919205058j:plain

焼きどうふと長ねぎは後から入れるので取っておきます。

 

f:id:Meshi2_IB:20160919205159j:plain

味噌とゴマ油以外の調味料全部と水を入れます。

 

f:id:Meshi2_IB:20160919205341j:plain

そして、内釜を炊飯器にセットして、

 

f:id:Meshi2_IB:20160919205701j:plain

スイッチオン!

今回は普通の炊飯モードにしましたが、おかゆモードでも良いかもしれません。煮物モードなどがある場合はそれが最適です。

また、うちの炊飯器は普通のIHなので問題ないのですが、圧力IHの方は、炊飯モードではなく必ず、調理モードでお願いします! 圧力IHの炊飯モードでご飯以外のものを調理すると爆発事故の恐れがあるそうです。

※取扱説明書などをご確認の上、炊飯器のメーカーが推奨する以外の使用方法は自己責任でお願いいたします。

 

さて、約一時間後、

f:id:Meshi2_IB:20160919211357j:plain

炊き上がり!

 

f:id:Meshi2_IB:20160919211458j:plain

豚モツもプルプルな感じです。

さて、ここから仕上げに入りますよ!

 

f:id:Meshi2_IB:20160919211731j:plain

味噌を溶き入れます。最初は大さじ3で、味見をしながら増やしていくと良いでしょう。

 

f:id:Meshi2_IB:20160919211901j:plain

焼きどうふをIN!

 

そこで、もう一度、炊飯器をスイッチON!

うちの炊飯器はどういう仕組みかわからないのですが、今度は15分ほどで炊き上がりになります。

f:id:Meshi2_IB:20160919213102j:plain

もつ煮込みの出来上がり〜!

これでも、豚モツは充分とろとろなんですが、お好みでもっと長時間炊いても良いとは思います。ただし、野菜はこれ以上炊くと崩れます。

盛り付ける前に、ゴマ油を回しかけます。

さっそく食べてみましょう!

 

f:id:Meshi2_IB:20160918001624j:plain

じゃ〜ん!

長ねぎと糸唐辛子をトッピングしたら、ちょっと高級な居酒屋さん風もつ煮込みじゃないですか?

もちろん、もっとドーンと大衆居酒屋さん風に盛り付けるのもありですよ。

 

f:id:Meshi2_IB:20160919213835j:plain

ぷりっぷり!

 

f:id:Meshi2_IB:20160918001441j:plain

豚モツ、とろとろです!

 

f:id:Meshi2_IB:20160919214218j:plain

大根もしみしみ!

これで、居酒屋さんに行かなくても、立派なもつ充

みなさんも、秋の夜長に炊飯器モツ煮込みをつつきながら、まったりと晩酌などいかがでしょうか。

 

書いた人:工藤真衣子

工藤真衣子

カメラマン。美しい女性が好きなのでグラビア、音楽が好きなのでライブ写真、映画やドラマが好きなのでテレビドラマのスチール写真、美味しい食べ物が好きなのでグルメ雑誌など、素敵なものを愛を込めて撮るお仕事をしています。趣味は美味しい料理を作って食べること。

過去記事も読む

トップに戻る