バターとカレーに使うカルダモンで鶏むね肉を焼くとビールがウマい【エダジュン】

f:id:edajun:20210428153123j:plain

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。

本日は、カレーのスパイスとしても使われる「カルダモンパウダー」で、おいしいビールが飲めるお手軽おつまみを作ります。

カルダモンパウダーは「香りの王様」といわれるほど、芳醇で柔らかい香りが特徴です。このカルダモンをバターと合わせて、淡泊な鶏むね肉を香りとコクたっぷりに焼き上げます。

鶏むね肉は、焼いても硬くなりにくいようにポリ袋を使って下ごしらえ。ブロッコリーも合わせて、筋トレメシにもおすすめです。

 

エダジュンの「鶏むね肉とブロッコリーのカルダモンバター」

【材料】(1~2人分)

  • 鶏むね肉 1枚(300g程度)
  • ブロッコリー 100g
  • 薄力粉 小さじ2
  • カルダモンパウダー 小さじ2
  • バター(有塩タイプ) 10g+10g
  • 塩 小さじ1/4
  • 砂糖 小さじ1/4

 

作り方

f:id:edajun:20210428153140j:plain

1. 鶏むね肉は、繊維を断ち切るように5mm幅くらいに削ぎ切りにする。ブロッコリーは小房に分ける。

 

f:id:edajun:20210428153219j:plain

2. ポリ袋に鶏むね肉、塩、砂糖を入れて、

 

f:id:edajun:20210428153248j:plain

よく揉み込み、

 

f:id:edajun:20210428153304j:plain

薄力粉も入れてさらに揉む。

 

f:id:edajun:20210428153318j:plain

3. フライパンにバター10gを入れて中火で熱し、バターが溶けたら鶏むね肉、ブロッコリーを重ならないように広げて、焼く。

バターは10gずつ、まずは炒め油として入れ、残りは香り付けと味付け用に入れます。

 

f:id:edajun:20210428153334j:plain

これくらい焼き色がついたらひっくり返して、弱火にして5分くらい焼く。

 

f:id:edajun:20210428153349j:plain

4. 全体に火が通ったら、残りのバター10gを入れ、

 

f:id:edajun:20210428164950j:plain

カルダモンパウダーを振りかけて、全体を和えたら完成。

 

鶏むね肉にカルダモンバターがよく絡みます

f:id:edajun:20210428153036j:plain

ふわ~っと鼻に抜けるさわやかな香りがやみつきになる、カルダモンバターのソテーの完成です。

鶏むね肉は塩と砂糖で下味を付けながら保水力をアップさせ、さらに薄力粉で旨味が逃げないようコーティングします。薄力粉をまぶすと、カルダモンパウダーとの絡みも良いですよ。無塩バターを使う際は、最後に塩で味をととのえてください。

 

f:id:edajun:20210428153052j:plain

お好みでパクチーを添えても美味しいですよ。さらにエスニックな仕上がりになります。

カルダモンとバターの組み合わせは、もちろん鶏むね肉以外にも使えます。いろいろな肉や野菜を炒めるのに試してみてくださいね。

 

同じくカレーに使うスパイス「クミン」でこんなおつまみもぜひ。

www.hotpepper.jp

 

作った人:管理栄養士 エダジュン

管理栄養士 エダジュン

料理研究家・管理栄養士。株式会社スマイルズに入社。SoupStockTokyoの本社業務に携わり、2013年に独立。家で作れるエスニック料理とパクチーを使ったレシピを研究中。「料理にやっちゃいけないことはない」がモットー。著書に『パクチー!パクチー!パクチー!』(NHK出版)、『野菜たっぷり具だくさんの主役サンド150』(誠文堂新光社)、『毎日食べたい!お粥ごはん』(パルコ出版)。2021年6月発売の『できるだけうちにある調味料で作る!エスニックつまみとごはん』(主婦と生活社)では、スーパーでも手に入る調味料とハーブを使って、なじみのある材料でちゃちゃっと手軽に作れる、台湾、タイ、ベトナム、韓国、インドネシア、フィリピンなど各国の人気料理115レシピを紹介。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る