おいしいの!? キジ料理が味わえるお店「喜地丸燻(きじまるくん)」に潜入【北海道・岩見沢】

f:id:mesitsu_lc:20161203161458j:plain

お腰につけたきびだんご。

ひとつ私にくださいな。

このセリフでお馴染みのキジ。
犬や猿に比べて、どうも「脇役」感の拭えないキジ。

そんなキジが桃太郎を抑えて、
主役に輝いているお店があります。

なんとも珍しい、キジ料理の専門店を発見しました。

キジってどんな味なんですか?
食べたことないんですけど!

しかも、このお店。
カツカレーやラーメンなど、なんとも庶民的な料理として味わえるというのです。

これは期待が高まりますね!

岩見沢市の「喜地丸燻(きじまるくん)に潜入です!

 

f:id:mesitsu_lc:20161203161445j:plain

冬の北海道からお届けします。

珍しい食材への飽くなき探究心、メシ通レポーターの裸電球です。

今回は北海道・岩見沢市を旅してきました。

なんでも今回のお店は、
メニュー全てが「キジ」だというのです。

 

珍しい料理なので、高級レストランかと思いきや。
そこは「食堂スタイル」というから、もう興味々。

すっ飛んできました。

 

f:id:mesitsu_lc:20161203161446j:plain

岩見沢ICで高速を降りて、そこからおよそ20分。

周りの建物も少しずつ減っていき、ちょっと不安になってきます。

これは完全に知る人ぞ知る穴場ですよ!

調べた住所付近までやってくると、
そこには福祉施設の看板が。


その一番下に目的地の文字を発見!

 

f:id:mesitsu_lc:20161203161519j:plain

今回の舞台、「喜地丸燻」に到着です。

何を隠そう、こちらのお店。

福祉施設の「敷地内」にあるという隠れ家っぷり。
就労継続支援(B型)として、
利用される皆さんが働いているんですって!

それにしても。
キジ料理専門店って!!

 

アットホームな食堂の雰囲気 

f:id:mesitsu_lc:20161203161520j:plain

みなさん揃って「いらっしゃいませ〜」

元気な声が響きます。

キジ料理と聞いていましたから、
こちらもグッと身構えていたのですが、
なんだか緊張が和らぎます。

それではさっそくメニューを見てみましょう。

 

f:id:mesitsu_lc:20161203161458j:plain

ドキドキします。

どんなキジ料理が飛び出すのでしょうか。

 

f:id:mesitsu_lc:20161203161500j:plain

なんとまあ「きじしょうが焼き」ですって。

さっそくすごいぞ、きじまるくん!

 

f:id:mesitsu_lc:20161203161501j:plain

f:id:mesitsu_lc:20161203161503j:plain

そして「きじソースカツ丼」に「きじカツ丼」。

メニューも定食の雰囲気で最高ですね。

写真だけではキジを使っているようには見えません!
なんとも不思議なお店です。

さらに……。

f:id:mesitsu_lc:20161203161450j:plain

f:id:mesitsu_lc:20161203161455j:plain

期間限定や数量限定のキジメニューがずらり!

もう、目にするところ、キジ! キジ! キジ!

 

なんだかとってもメジャーな肉のような感覚になってきましたが、
キジってそんなに食べないですよね?

筆者・裸電球だけじゃ……ないですよね?

 

f:id:mesitsu_lc:20161203161449j:plain

施設内にあったキジの絵です。

そもそも、キジって日常生活で見かけないですよ!

いきなり目の前に現れても、
「あ、見て! あそこにキジいる!」ってリアクションはできないです。


どこに生息しているんでしょう。
やっぱり山でしょうか。

桃太郎は気さくな感じでバッタリ会っていましたが、
北海道出身の裸電球。
一度もそんな経験はありません。

 

f:id:mesitsu_lc:20161203161517j:plain

昔から岩見沢市はキジに力を入れていたんですって!

もともと害獣の駆除として「キジ肉」を食べる文化が広まったようです。

きじまるくんでは、
6,000羽ものキジを飼育しています。

それでは、そろそろいただきましょうか!

 

これがキジ料理だ!

f:id:mesitsu_lc:20161203161506j:plain

じゃじゃーーん!

なんとも珍しい一品が登場しました。

「きじ塩らーめん 756円」です。

忘れちゃならないのが、キジは希少なお肉だということ。
なかなかこの金額ではいただけないと思います。

 

f:id:mesitsu_lc:20161203161508j:plain

中央の黄色いコレ。

何かわかります?

なんと、キジの脂を固めた「キジバター」ですって。
すごいな、このラーメン!

 

f:id:mesitsu_lc:20161203161509j:plain

美味しい!

すっごく濃厚なんです。

キジを食べたことがなかったので、恐る恐るの一口でしたが、
臭みはなく、コクが広がります。

さらに岩見沢市の名物「たまねぎ」もたっぷり!

 

f:id:mesitsu_lc:20161203161512j:plain

キジ肉チャーシューをいただきました。

しっかりとした肉の食感があります。

硬いわけではない、キジ肉ならではのかみごたえが楽しめます。
美味しいぞ、キジ!

 

f:id:mesitsu_lc:20161203161521j:plain

調理していただいた山口さんです。

キジ肉は熱を通しすぎると、硬くなる性質があるので、
その加減が本当に難しいんですって。

キジ肉で定食ラインナップを作るマジシャンのような人です。

 

そもそもキジってどんな鳥? 

f:id:mesitsu_lc:20161208180925j:plain

私は飼育施設内に入ることができないので、

職員の方に写真をお借りしました。

 

キジって。
「仲間を攻撃しちゃう」ことがあるんですって。

知ってました?
そんな恐ろしい性格。

だから桃太郎も鬼退治に連れて行ったのでしょうか。

 

f:id:mesitsu_lc:20161203161522j:plain

飼育部門を担当する佐々木さんです。

キジの性質について、いろいろお話を聞くことができました。

キジは空を飛んで、鬼ヶ島を偵察するイメージがあるじゃないですか。

ところがどっこい、キジはほとんど飛べないそうです。
いいとこ、30〜40mくらいなんですって!

飛ばない代わりに、走るのが早いんだとか。

 

f:id:mesitsu_lc:20161208181448j:plain

飼育中の実体験としては、

「赤いものを突く傾向がある」というのです。

赤い長靴を履いていると、コツコツされるそうです。
もしかすると、赤鬼を突いて欲しいという願いを込めて、

桃太郎はお供にしたのでしょうか。

ちなみに、飼育担当・佐々木さんなら鬼退治に連れて行きますかと聞いたところ、
「キジは使えないと思います」という
力強いコメントをいただけました。

 

もう一品食べてみます!

f:id:mesitsu_lc:20161203161513j:plain

気になったのはこちら!

「きじカツカレー  972円」です。

大きなカツがドーンと盛られています。

 

f:id:mesitsu_lc:20161203161514j:plain

カツは2種類の部位が。

右がムネ、左がモモとなんともぜいたくなお料理です。

キジ肉をこんなに安く食べられるってすごいですよね!

 

f:id:mesitsu_lc:20161203161516j:plain

まるでトンカツのような肉質です!

それでいてキジ肉は低カロリー・高タンパクですからね。

これは美味しい。
かみしめると、キジの味わいもしっかりと感じられます。

 

f:id:mesitsu_lc:20161203161515j:plain

ルーにはたっぷりとキジ挽肉が。

スパイスもしっかりと効いた美味しいカレーです。

ラーメン、カレーと食べましたが。
こうなると他の料理も気になりますね。

リピート決定です!

 

朗報! 通販もできます!!

f:id:mesitsu_lc:20161203161505j:plain

お肉や調味料などは、ネットでも注文できます。

これは全国の方に楽しんでほしいですね!

ちなみに写真は「きじ味噌」と「きじ塩」 どちらも500円。
キジ挽肉やキジ脂がたっぷりと入っています。
焼肉のタレや野菜にかけて食べると絶品ですよ!

ということで、喜地丸燻(きじまるくん)のラインナップ。
最高でした!

みなさんもキジ料理を味わってみませんか?
クセになる食感と味わいですよ!

 

お店情報

きじ料理専門店 喜地丸燻(きじまるくん)

住所:北海道岩見沢市日の出町604番地1
電話番号:0126-22-1441
営業時間:11:00~16:00(宴会は20:00まで延長可)
定休日:水曜日
ウェブサイト:http://kijimarukun.web.fc2.com/

※金額はすべて消費税込みです。
※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

 

書いた人:裸電球

裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。

過去記事も読む

トップに戻る