駅弁ファン必見! 札幌駅の駅弁といえばここ! 弁菜亭にお邪魔した【北海道・札幌】

f:id:mesitsu_lc:20170111112109j:plain

ガタンゴトン、ガタンゴトン。

車窓を流れる景色。

そろそろお昼にしようかな。

パカっとふたをあけると、キラキラと輝く北海道の海の幸!
旅の思い出、記憶の1ページ!

「駅弁」は日本の文化だと思いませんか?

今回は札幌駅で「駅弁」を販売して、118年の老舗。
「弁菜亭」をご紹介します!

 

「駅弁」を食べていて思ったこと

f:id:mesitsu_lc:20170111112113j:plain

美味しい食べものを求めて、あっちへフラフラ、こっちへフラフラ。
メシ通レポーターの裸電球です。

旅の途中、楽しみなのがコレ。
そう、「駅弁」です。

札幌から電車に乗るときは、
「駅弁」とお酒がマストアイテム!

f:id:mesitsu_lc:20170111112114j:plain

ふっと思ったんです。
この「駅弁」ってどこで作られているんでしょう。

パッケージをよく見ると、
札幌駅立売商会」という文字を発見。

ああ! 好奇心に火がついてしまいました。
ちょっと、行ってみます!

 

f:id:mesitsu_lc:20170111112043j:plain

札幌駅立売商会」でネット検索してみると、「弁菜亭」という名前のお店がヒット!

こちらで製造しているんですね。

住所を見ると、札幌駅のすぐ近くではありませんか。

 

f:id:mesitsu_lc:20170111145702j:plain

札幌駅の北口を出て、10分ほど歩いたでしょうか。
ほら、看板が見えてきました!

こんな形で「駅弁」に迫るなんて、ドキドキします。

 

創業明治32年の老舗!

f:id:mesitsu_lc:20170111112046j:plain

「駅弁の弁菜亭」と大きな看板が立っています。
ワクワクが止まりません。

だって、今年で創業118年目ですよ。
1世紀以上、札幌駅で「駅弁」を販売しているなんて!

 

f:id:mesitsu_lc:20170111112051j:plain

「駅弁」のイートイン???

次から次へと車が止まり、お客さんが入っていきます。
それもタクシーの運転手さんが多いようです。

こういうお店にハズレなし!

f:id:mesitsu_lc:20170111112050j:plain

「駅弁」を求めてやってきたら、渋い定食屋さんにたどりつきました。
これって最高じゃないですか!

うどんやそばにカレーなど、種類も豊富です。

 

f:id:mesitsu_lc:20170111112049j:plain

ほとんどのメニューがワンコインで食べられます。

これは評判になりますよね~。

お弁当作りの歴史が違いますから!

「駅弁」のつもりで来ましたが……。
ちょっと定食に寄り道しましょうか。

旅もそうですよね?
行き当たりばったりが楽しいのです。(無理やり)

 

f:id:mesitsu_lc:20170111112058j:plain

お店で一番好評な「ジンギスカン定食 520円」です。
さすが北海道

なにはなくとも、ジンギスカンは外せません。

 

f:id:mesitsu_lc:20170111112059j:plain

f:id:mesitsu_lc:20170111112100j:plain

すごいボリュームです!

野菜もモリモリ、しかもご飯に合う味付け。

いや~、素晴らしい定食屋さんを見つけました。
ごちそうさまです!


同じ建物の奥で「駅弁」を製造

f:id:mesitsu_lc:20170111112045j:plain

あら?
私……何しにきたんでしたっけ?

危ない!
帰っちゃダメなんですよ、今日は「駅弁」ですから。

ここからは、「駅弁」をドドーンとご紹介します!

 

f:id:mesitsu_lc:20170111112056j:plain

全国に「食べたことある!」という方がいらっしゃるのではないでしょうか。
北海道名産の鮭とイクラをたっぷりと使った「駅弁」、「石狩鮭めし 1,030円」。大正12年から販売しているそうです。

 

f:id:mesitsu_lc:20170111112101j:plain

f:id:mesitsu_lc:20170111112102j:plain

特製タレに漬けこんだ、鮭そぼろとイクラ。
キラキラと輝いているではありませんか!


札幌駅で買える「駅弁」の大定番ですよね。
ちなみに「弁菜亭」では、常時20種類ほどのラインアップがあるそうです。

 

現在のナンバーワンはこの「駅弁」!

f:id:mesitsu_lc:20170111112053j:plain

f:id:mesitsu_lc:20170111112108j:plain

うひゃ~! 豪華な「駅弁」。

「海鮮えぞ賞味 1,000円」です。

カニにイクラ、サーモンにホタテ。
さらにウニまで散りばめられています。

これで1,000円はお得ですよね! 現在ナンバーワンの駅弁とのこと。

 

f:id:mesitsu_lc:20170111112106j:plain

「弁菜亭」の朝は早く、なんと午前4時から作り始めるんですって!

朝の時間帯で全てを作って駅に運ぶのかと思いきや……。

少しでも美味しい「駅弁」を提供したいという思いのもと、
何度も(1日に8~9回)札幌駅に作りたてを届けるそうです。

 

f:id:mesitsu_lc:20170111112104j:plain

写真は観光客から大好評の「三大蟹味くらべ弁当 1,250円」です。
豪華ですね~、タラバ、ズワイ、毛ガニを一度に食べられるなんて!

どれも美味しい!
社長の洲崎さんにお弁当作りのコダワリを教えていただきました。

それは「お米」だというのです。

 

f:id:mesitsu_lc:20170111112052j:plain

冷めても美味しく、粘りのあるお米ということで、
北海道で生産されている「ななつぼし」を使用しています。

しかも、品種は「ななつぼし」で固定ですが、
2~3カ月ごとにお米屋さんを見直し、一番良い産地のお米を選ぶんですって。

こういうところが美味しさに表れるんですね!

 

電車の中で食べるだけが「駅弁」じゃない!

f:id:mesitsu_lc:20170111112055j:plain

この「駅弁」が今、話題!

札幌市民はこの「駅弁」を買って「家で食べる」というのです!

北海道三昧 冬御膳 980円」は、
車内で食べやすい形という既存の枠にとらわれず、お重になっているんですよ!

 

f:id:mesitsu_lc:20170111112112j:plain

美しいですね!

知床鶏に寒ブリ、さらに野菜も北海道の食材ばかり。

観光客の方はもちろんですが、これは北海道民でも食べたくなりますよ!

 

f:id:mesitsu_lc:20170111112118j:plain

最後はデザートで〆ましょう。
北海道の人は、この「柳もち 600円」をお土産でもらうことがあります。

「駅弁」と一緒に売られています。

 

f:id:mesitsu_lc:20170111112119j:plain

明治39年から作り方を変えず、お餅も全て手作り!

優しい味わいにホッとするあんころ餅です。

いや~、「駅弁」の世界は深いですね。
これがきっかけで、全国の「駅弁」を食べ歩いてみたくなりましたよ。

定食に「駅弁」にと、「弁菜亭」の大ファンになりました。

札幌駅で売っている「駅弁」。
みなさんも旅のお供にいかがですか?

 

お店情報

弁菜亭

住所:北海道札幌市東区北8条東2丁目1-35
電話番号:011-721-6101
営業時間:9:00~15:00
定休日:日曜日
ウェブサイト:http://www.ekiben-sapporo.net/

※この記事は2017年1月の情報です。
※金額はすべて税込みです。 

 

書いた人:裸電球

裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。

過去記事も読む

トップに戻る