酒好き主夫が「麺もので人生ベスト3に入る味」と自画自賛。ありそうでなかった「かま玉うどん」の新しい食べ方とは?

f:id:kamekichipapa:20180530164616j:plain

嫁さん評価 ★★★★★

「これは面白いわねぇ! でもこういう食べ方ありだわね。うどん食べてるけどうどんではない感じがするわ」

娘評価 ★★★★★

「えっ、うどんやと思うけど! 鉄板のナポリタンとかま玉うどんが混ざり合った感じやね」

 

温かくした丼ぶりに入った湯がきたてのうどん。そこに生卵を落として青ネギ散らしたら、醤油をさっとかけて(遠慮なく!)混ぜ合わせて食べる……。讃岐うどんの本場、香川県で生まれたといわれる至福の「かま玉うどん」、今ではすっかり全国区やね。

今回は、そんなかま玉好き、うどん好きにぜひ試してもらいたい一杯。すんません、レシピなんかいらんぐらいの簡単さでした。でも、自分の中では麺ものでベスト3に入る味かもしれん!

 

かめきちパパの「焼きかま玉うどん」

【材料】(1人分)

  • 冷凍うどん 1袋
  • 生卵 1個
  • 刻みネギ 1本分
  • 醤油 大さじ1
  • みりん 小さじ1

 

作り方

f:id:kamekichipapa:20180530164737j:plain

1. 冷凍うどんはレンジで袋に書いてある時間加熱します。(今回のは600wで3分10秒やったわ)

 

f:id:kamekichipapa:20180530165020j:plain

2. スキレットを中火にかけ温めておいてそこにうどんを入れる。

※ふつうのフライパンなら、うどんの底面だけしっかり焼いてから少し深い皿に移せばOK。

 

3. 真ん中に生卵を落として、刻みネギを散らし、醤油とみりんを混ぜあわせたものをかけて食べる。

※味付けはみりんでちょこっと甘みをプラス。醤油だけ、それかお好みの濃さのめんつゆでももちろんウマい!

 

食べるポイントは、最初は箸で混ぜ合わせないことやで

f:id:kamekichipapa:20180530165114j:plain

トロ、ツル、そしてカリッ。食感が変わっていくのを楽しんでほしいのがこの「焼きかま玉うどん」。いつものかま玉なら、箸で思い切り混ぜ合わせるところやけど、まず一口目は箸で卵を軽くつぶして、

 

f:id:kamekichipapa:20180530165210j:plain

うどんにしっかりと絡めて食べる。これがトロですわ。

次は全体を混ぜあわせて、ツルっとうどんを食べる。最後に、

 

f:id:kamekichipapa:20180530165358j:plain

鉄板で焼けた、醤油の風味が香ばしいうどんを食べる。これがカリッとしとるんですわ! スキレットでなくても、ふつうのフライパンでもええよ。

うどんは出来たら太麺がベスト。のど越しがたまらんし、かみ応えもしっかりとある。飲んだ後に「焼きかま玉うどん」でシメるのもええかもしれんなあ!

 

スキレットは何もインスタ映えさせなくてもウマい! 簡単な使い方はこちら!

www.hotpepper.jp

 

作った人:かめきちパパ

かめきちパパ

調理師免許と食育アドバイザーをもつ主夫。うるさいお姫様2名と「お弁当・命!」の嫁さんとの4人暮らし。ご飯のおかずからお酒の肴まで和・洋・中なんでも作ります。「楽しく作って、楽しく食べる」そんな楽ウマ料理を楽しんでいます。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る