【秋のなすレシピ】レンジ5分で豚バラたっぷりつけ汁「豚なすしょうがつけそば」で肌寒い日はポカポカに【北嶋佳奈】

f:id:kanagohan:20201012100336j:plain

こんにちは! 管理栄養士の北嶋佳奈です。

秋なすが美味しい季節ですね。今日はそのなすを手軽にいただける麺レシピ。具だくさんのつけ汁を電子レンジにお任せで作ります。

なすと合わせるのは、ジューシーな豚バラ肉。豚バラ肉はレンジで加熱しても硬くなりにくく、旨味がよく出るのでオススメです。

ずぼらに拍車がかかり、切った材料は耐熱の器に入れて調理と兼用、おそばは流水でほぐすだけのものを使ったので、あっという間に食べられました。なすは薄く切ることで火の通りが早くなります。お一人リモートワークランチにもぴったりです。

 

北嶋佳奈の「豚なすしょうがつけそば」

【材料】(1人分)

  • そば(今回は流水でほぐすタイプを使用) 1人分
  • 豚バラ切り落とし肉 60g
  • なす 1本
  • 長ネギ 4cm
  • 卵 1個
  • 七味唐辛子、刻み海苔 お好みで

(A)

  • おろししょうが 小さじ1/2
  • めんつゆ(ストレート) およそ100ml(3倍濃縮大さじ2+水大さじ4でもOK)

作り方

f:id:kanagohan:20201012100343j:plain

1. なすは3~4mm幅の半月切りに、豚肉は4cm幅に切り、

 

f:id:kanagohan:20201012100349j:plain

耐熱の器に入れる。

 

2. 1に(A)を加えざっくり混ぜ、ふんわりとラップをして電子レンジ(600w)で4分ほど加熱して、肉に火を通す。

 

f:id:kanagohan:20201012100352j:plain

3. 2を加熱している間に長ネギを小口切りにする。そばは流水でほぐして、しっかり水気を切り器に盛る。

そばは茹でるタイプでもOKです。茹でて冷水でしめておきましょう。寒い日は、茹で立ての温かいそばであつもりにするのもいいですね。

 

f:id:kanagohan:20201012100402j:plain

4. 加熱した2を一度取り出し、ざっくり混ぜてから卵を落とす。破裂しないよう黄身を楊枝で4~5ヵ所刺すか、崩すかして、再度ラップをして電子レンジで40秒ほど加熱。これでつけ汁は完成。

 

f:id:kanagohan:20201012100406j:plain

5. つけ汁に長ネギを散らして、お好みで七味唐辛子をかける。そばを添え、お好みで刻み海苔をのせる。

 

なすと豚バラで、1品で大満足のつけそば

f:id:kanagohan:20201012100413j:plain

豚バラ肉とめんつゆの旨味をなすがよく吸って、卵も落として、1品で大満足のつけそばです。このつけ汁で、電子レンジで解凍した冷凍うどんも美味しく食べられますよ。

卵を落としたあとは加熱しなくてもOKですが、卵は温泉卵状態が消化にいいので、もう一度電子レンジに戻しました。市販の温玉を使ってもいいですね。お肉はカロリーが気になる方はロースなどでもOKですが、しゃぶしゃぶ用などできるだけ薄いお肉を選びましょう。

しょうが×七味唐辛子で、肌寒い日もポカポカ温まります。ぜひ、お試しください。

 

レンチン5分のお手軽つけ汁は、こちらもオススメですよ。

www.hotpepper.jp

 

作った人:北嶋佳奈

北嶋佳奈

管理栄養士、フードコーディネーター。大学卒業後、飲食店勤務やフードコーディネーターアシスタントを経験し、独立。「こころもからだもよろこぶごはん」をテーマに美容・ダイエット・健康に関する料理本の出版、雑誌でのレシピ開発やコラム執筆、ラジオ・テレビ・イベントへの出演などで活動中。白砂糖は使わず、麹甘酒や食材本来の甘みで体にやさしいおやつを作る「こはなのおやつ」のプロデュースも手がける。『からだ想いのまんぷく小鍋』、『デパ地下みたいな ごちそうおにぎり』(ともに宝島社)など著書多数。最新刊『遅夜ごはん』(宝島社)は、とにかく簡単に作れて、栄養バランスもよくて、さらに糖質控えめの夜食レシピを掲載。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る