食べ飽き気味の鶏むね肉に「ピリ辛にんにくニラソース」ガツンとウマくて目が覚めた【筋肉料理人】

こんにちは~筋肉料理人です!

タンパク質豊富で値段も手ごろな鶏むね肉ですが、よく食べていると飽きてきちゃいますよね。

今日は、そんなときにおすすめしたい、ピリ辛にんにく風味の「ニラソース」の作り方を紹介します。

やわらかく焼いた鶏むね肉と炒めたもやしにこのソースをかければ、たっぷりの刺激とうま味で目が覚めるような美味しさになりますよ。

 

筋肉料理人「鶏むね肉のピリ辛にんにくニラソース」

【材料】2人分

  • 鶏むね肉 1枚(300g)
  • もやし 1袋
  • ニラ 1/3束
  • にんにく 1/2かけ~お好みの量
  • タカノツメ 1/3本~お好みの量
  • サラダ油 小さじ2

(A)

  • 麺つゆ(3倍濃縮)、ぽん酢しょう油 各小さじ1

(B)

  • 片栗粉、日本酒 各大さじ1
  • しょう油、鶏がらスープの素(顆粒) 各小さじ1/2
  • おろしにんにく 小さじ1/4
  • 黒こしょう 適量

 

作り方

1. まずは、ニラソース作りから。にんにくはできるだけ薄く切り、

 

水(分量外)に5分ほどさらして、キッチンペーパーで水気を吸い取ります。

にんにくはそのままでは刺激が強いので、水さらしして刺激を和らげて使います。

 

2. ニラは5mm幅に切ります。タカノツメはキッチンバサミでできるだけ細い小口切りにします。

タカノツメはぬるま湯に5分ほど漬け、やわらかくすると切りやすいです。

 

3. 1、2をボウルに入れ、(A)を加えて10分漬けます。

 

これでニラソースは完成です。

 

4. 鶏むね肉は皮を取り、5mmくらいの厚みに切ります。

取り外した鶏むね肉の皮は冷凍しておき、私は「ピリ辛ぽん酢」にするのがお気に入りです。いいつまみになりますよ。

www.hotpepper.jp

 

5. ポリ袋を用意して4、(B)を入れ、

 

口を閉じて調味料をもみこみます。

鶏むね肉に片栗粉と日本酒をもみこむことで、加熱しても肉の水分が逃げず、かたくなりにくいです。そして、下味を入れることでうま味もアップします。

 

6. フライパンにサラダ油、鶏むね肉を入れ、重ならないように広げたら中火にかけます。焼き目が付いたらひっくり返し、

 

反対側にも焼き目を付けます。

 

最後は軽く炒めて熱を通し、

 

一旦、取り出します。

 

7. 空になったフライパンにもやしを入れ、中火でしんなりするまで炒めます。

 

8. 炒めたもやしを皿に広げて、取り出しておいた鶏むね肉を盛り付けたら、

 

漬けておいたニラソースをかけて出来上がりです。

 

刺激たっぷりで美味しい!

「鶏むね肉のピリ辛にんにくニラソース」の完成です。焼き目が付いて香ばしい鶏むね肉は、下処理をしてあるのでやわらかくて、ジューシーです。

 

これにニラとにんにくの強烈な風味、そしてタカノツメの辛みが効いたニラソースが絡んで激ウマ! ぽん酢しょう油の酸味もほどよく入ったあと引く味で、ビールを飲みながら食べるのにぴったりです。

 

さらに、しゃきしゃきのもやしと一緒に食べると食感が変わって、これまたウマいです。

 

たっぷりのニラでガツンと刺激があって、ご飯もビールもすすむひと皿。ピリ辛とほのかな酸味で、これからやってくる雨の多い季節にもおすすめです。鶏むね肉レシピのバリエーションにぜひ加えてみてください。

 

作った人:筋肉料理人 藤吉和男

筋肉料理人 藤吉和男

料理と筋トレをこよなく愛する料理ブロガー。料理研究家としてレシピ本執筆や料理教室、テレビ出演、ボランティア活動を行う。自信のブログやYouTubeでは、簡単で美味しい魚料理や簡単レシピを専門的ながらわかりやすく紹介。レシピブログプラチナブロガー認定。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る