【最強すぎる辛味調味料】青ヶ島生まれの最強辛味「鬼辛」をご存じですか

f:id:Meshi2_IB:20170329174823j:plain

日常生活にもっと刺激を! 日々刺激を求めて街をさまよう、酒と辛い食べ物に目がないメシ通レポーター、工藤です。

 

今回は大好きな島グルメのイベントに行ってきたのですが、そこで出合っちゃったんですよ、素敵な辛味調味料に。そのあまりの辛さと豊かな風味とうまさに、今ではマイフェイバリット辛味ナンバーワン。

これをみなさんに紹介しちゃいましょう。

 

東京の島を知るための、飲みまくり食べまくりイベント!

さて、まずは島イベントの紹介から。

f:id:Meshi2_IB:20170329175724j:plain

エントランスでは、素敵な黄八丈をお召しになったミス八丈島が出迎えてくれました。

 

渋谷東京カルチャーカルチャー」にて行われたイベント「島巡り・味巡りナイト〜小笠原が渋谷にやってくる〜」。

東京の島の魅力を紹介するトークショー&島のお酒試飲しまくり、つまみの島グルメつきという私にぴったりなイベントでした。

f:id:Meshi2_IB:20170329180319j:plain

伊豆諸島産の伊勢海老の磯味噌汁!

 

f:id:Meshi2_IB:20170329180717j:plain

伊勢海老の身もたっぷり!

 

f:id:Meshi2_IB:20170329180421j:plain

島産ひと口揚げ餅!

 

f:id:Meshi2_IB:20170329180528j:plain

新島産ちぎりくさや&神島の赤イカ入り塩辛!

臭くてうまい! どちらも焼酎のつまみにぴったり。

 

f:id:Meshi2_IB:20170329180818j:plain

そして、島のお酒、試飲し放題!

 

f:id:Meshi2_IB:20170329180942j:plain

島のお酒は焼酎が中心。海底で熟成させたラム酒もありましたよ。

 

f:id:Meshi2_IB:20170329180901j:plain

こんな感じで試飲をいただいて、

 

f:id:Meshi2_IB:20170329181135j:plain

全種類コンプリート。

 

と、酒飲みまくりでレポートしていたのですが、そこで出合ったのが、この青ヶ島産の辛味調味料「鬼辛」だったのです!

 

「鬼辛」の衝撃的な辛味と風味!

f:id:Meshi2_IB:20170329181447j:plain

「鬼辛」は意外と控えめな感じで置かれていました。

 

f:id:Meshi2_IB:20170329181553j:plain

しかも、青はマヨネーズに混ぜ込まれ、赤はケチャップに混ぜ込まれ、ほとんどその姿は見えません。

 

f:id:Meshi2_IB:20170329181738j:plain

フライドポテトにつけて食べるそうなので、こんな感じでもらってきました。

まずは、鬼辛マヨネーズをつけていただいてみます。

 

f:id:Meshi2_IB:20170329182352j:plain

パクッ! 辛っ!!

なんだ、これ。「鬼辛」の姿は全然見えないのに、すごく辛いです。そして、さわやかな青唐辛子の香り。

青唐辛子、大好きなんですよ。辛いもののなかで一番ってくらい。

しかも、これ、マヨネーズにちょっとだけ混ぜ込んでこんなに辛いってことは、「鬼辛」そのものだと、ものすごく辛いんじゃないですか?

 

続いて、ケチャップもいってみます。

f:id:Meshi2_IB:20170329182831j:plain

パクッ! 辛っ!!

やっぱり辛いです。そして、こちらも赤唐辛子の風味がきちんと効いています。

これは、うまい!

 

こうなったら、「鬼辛」そのものも試食してみたい。そして買って帰りたい、と思ったのですが、残念ながら会場で販売はしていませんでした。

そこで、通販の方法を確認して、あとは思う存分イベントを楽しんできましたよ。

 

f:id:Meshi2_IB:20170329183333j:plain

デザートはパッションフルーツ! と思いきや、飲んべえの島人はそれだけじゃ許してくれません。

 

f:id:Meshi2_IB:20170329183448j:plain

こんな感じで、パッションフルーツの中身を混ぜたら、

 

f:id:Meshi2_IB:20170329183531j:plain

そこにラム酒を注いでくれます。

 

f:id:Meshi2_IB:20170329183637j:plain

そして、よく混ぜたら、キュッと一気にいただきます。飲み終わったら、ラム酒のおかわりも入れてもらえます!

 

そして、最後には抽選会。何気に私も参加しちゃいまして、

f:id:Meshi2_IB:20170329184019j:plain

小笠原諸島の島民愛用のサンダル「ぎょさん」をゲットしました!

履きやすくて滑りにくい、とても実用的なサンダルなのです。

しかし、なぜ左右色が違うのか、それも青赤なのかは謎です。FC東京と何か関係があるのでしょうか?

普通に売っているものは、左右同じ色で、何色もありますよ。

そんな感じでイベントを満喫してきた私は、さっそく通販で「鬼辛」を2種類とも注文してみたのでした。

 

予想以上に辛い! うまい! 「鬼辛」の衝撃

そんなわけで、数日後、東京の島の特産品を取り扱っている「東京愛らんど」から、「鬼辛」2種類が届きました!

f:id:Meshi2_IB:20170329231106j:plain

パッケージがかわいいですね。

 

f:id:Meshi2_IB:20170329174823j:plain

開けるとこんな感じ。

原材料はとてもシンプル。赤は青ヶ島産唐辛子&青ヶ島産自然塩、青は青ヶ島産青唐辛子&青ヶ島産自然塩。

赤の説明書きは、“青ヶ島に伝わる辛さと風味に優れた赤唐辛子を、島特産の海塩で漬け込み、3年余発酵熟成させました”とありまして、青は、赤唐辛子のところを青唐辛子に変えただけで同じです。

保存料を使用していなくて、開封後は冷蔵が必要だそうです。フレッシュですね。

 

さて、いよいよ開封してみましょう! まずは、赤。

f:id:Meshi2_IB:20170329231840j:plain

 おお〜! 開けたとたんに、唐辛子のいい香りが!

いい香り、なんだけど、目に染みます!

 

f:id:Meshi2_IB:20170329232030j:plain

すくってみると、ますます香りが!

食べなくても、目や鼻の粘膜を通じて辛さが伝わってきます。

 

f:id:Meshi2_IB:20170329232159j:plain

青唐辛子も強烈です! さわやかに辛い青唐辛子の風味が、そのまま凝縮されて迫ってきます。

 

f:id:Meshi2_IB:20170329232429j:plain

いい香り! でも、やばそうです。

手についたりして、その手で目をこすったりしちゃったら、軽く死ねそうです。

とりあえず、そのままの状態で味見をしてみる予定だったのですが、とても無理そうなので、ご飯に乗せてみることにしました。

味を比べるために、赤と青を同時に。

 

f:id:Meshi2_IB:20170329232724j:plain

ほかほか〜っ!

おいしそう!

 

f:id:Meshi2_IB:20170329232858j:plain

ち、近づいただけで、目が! でも、いただきま〜す!

と、控えめな量を箸でつまんで口に入れてみたんですが、

か、辛ッ!!!!

いや、おいしいんですよ。

余計な味付けがなくて、唐辛子のいい香りがストレートにきて。

でも、ご飯ひと口ぶんに乗せる量は、「ほんの一粒程度」が適量です。

それなら、唐辛子の風味をおいしく楽しめます。つけすぎには注意!

 

f:id:Meshi2_IB:20170329233435j:plain

お次は冷奴。シンプルに青「鬼辛」を乗せてみます。

 

f:id:Meshi2_IB:20170329233609j:plain

しょうゆも垂らしてみました。

しかし、これも……乗せすぎた!

あと、「鬼辛」そのものに塩味があるので、しょうゆはいらないかもしれないです。

 

続いて、イベントでも出た、マヨネーズに青「鬼辛」を混ぜたのを作ってみました。

f:id:Meshi2_IB:20170329233828j:plain

このくらいの割合で、

 

f:id:Meshi2_IB:20170329233906j:plain

まぜまぜ、

 

f:id:Meshi2_IB:20170329233926j:plain

タルタルソースっぽくなりましたね。

 

f:id:Meshi2_IB:20170329234008j:plain

これは、野菜などをディップしてみます。

 

f:id:Meshi2_IB:20170329234051j:plain

ブロッコリーをつけて、パクっと。

うおお、これは……いい!

イベントで食べたのよりかなり辛かったんですが、その分、マヨネーズをつける量が減らせてダイエットにもいいし、野菜で辛さが薄まるので、青唐辛子の風味やうま味を感じられます。

 

次は、赤「鬼辛」ケチャップです。

f:id:Meshi2_IB:20170329234459j:plain

まぜてまぜて〜。

f:id:Meshi2_IB:20170329234549j:plain

どれだけ、赤「鬼辛」が入っているかまったくわからない、危険なケチャップができあがりました。

 

f:id:Meshi2_IB:20170329234724j:plain

これは、ルッコラ入りオムレツにとろ〜りとかけまして、

f:id:Meshi2_IB:20170329234819j:plain

おいしそう!

 

f:id:Meshi2_IB:20170329234847j:plain

さあ、いただきましょう。

またもや、辛すぎ!

いや、でも、辛いもの大好きな私は、とってもおいしくいただきました。

でも、激辛好きじゃないお客さんには出せないかな……。

 

さて、お次はパスタに。

f:id:Meshi2_IB:20170329235059j:plain

「鬼辛」の風味をしっかり味わうために、シンプルなペペロンチーノを唐辛子抜きで作って、火を止めてから「鬼辛」を混ぜました。

火を通さない方が「鬼辛」の風味がいかせるんじゃないかと思いまして。

左が赤、右が青です。

「鬼辛」、よく見えませんね。とても地味な色合いですね。

でも、今までの経験で学習して、このくらいが一番おいしく食べられると思ったんですよ。

 

f:id:Meshi2_IB:20170329235609j:plain

うん、うまい!

とても地味ですが、いいですよ、これ。

唐辛子の風味が大好きな唐辛子ラバーにはおすすめです。

 

料理一回に使う「鬼辛」の量はほんのわずかなので、まだまだいろいろ楽しめそうです。

次に試してみたいのは、パッケージに書いてあった青ヶ島風刺身のタレ。味噌、にんにく、しょうがを加えてしょうゆでのばす。これは刺身だけじゃなくて、いろいろなものにつける万能タレ的に使えそうです。

冷たい麺類に入れるのも、おいしいこと間違いなし!

 

すでにうちの定番辛味として定着した「鬼辛」。これからもいろいろな料理に活用していきますよ。

 

お店情報

東京カルチャーカルチャー

住所:東京渋谷渋谷1-23-16 cocotiSHIBUYA(渋谷ココチ)4階
電話番号:03-6427-4288(イベント日のみの対応)
営業時間:イベントにより異なる
定休日:なし

tcc.nifty.com

※この記事は2017年3月の情報です。
※金額はすべて消費税込です。

 

書いた人:工藤真衣子

工藤真衣子

カメラマン。美しい女性が好きなのでグラビア、音楽が好きなのでライブ写真、映画やドラマが好きなのでテレビドラマのスチール写真、美味しい食べ物が好きなのでグルメ雑誌など、素敵なものを愛を込めて撮るお仕事をしています。趣味は美味しい料理を作って食べること。

過去記事も読む

トップに戻る