和スイーツ好きはゼヒ大須「菓子処 とらまる」へ!名古屋にはこんな個性派どらやきがそろってるよ

f:id:Meshi2_IB:20180302183709j:plain

パソコンや家電、オーディオをはじめ、古着屋セレクトショップ、中古レコード店など約1200軒のお店や施設などが軒を連ねる名古屋・大須の商店街。東京の秋葉原と原宿、浅草が一つになったようなエリアだ。平日でも多くの人々が訪れるので、グルメスポットとしても知られ、下町らしくリーズナブルでおいしいお店が多い。

そんな中、今回紹介するのは、大須3丁目の門前町通沿いにある「菓子処 とらまる」。何でも、一風変わったどらやきが食べられるらしい。とはいえ、アラフィフのおっさんが和スイーツを食レポしても読者の皆さんにとっては不快そのものだろう。

ってことで、大須・万松寺(ばんしょうじ)通商店街から生まれたアイドルプロジェクト、BSJ「応援☆少女」のメンバー、かすみんがリポートしてくれてるので、とくとご覧あれ!

 

ふわっふわのもっちもち「小倉生クリームどらやき」

f:id:Meshi2_IB:20180302183743j:plain

 

f:id:Meshi2_IB:20180302191335p:plainメシ通読者の皆さん初めまして!「応援☆少女」の食いしん坊☆スイーツ大好き&名古屋競馬応援団長のかすみんです(´︶`) 

今日は、メンバーの中で私のシルエットが国民的アニメの某ネコ型ロボットに似ているということで(笑)、大須のどらやき屋さん「とらまる」さんにお邪魔してますよ。

 

f:id:Meshi2_IB:20180302183747j:plain

▲「菓子処 とらまる」の店内

 

f:id:Meshi2_IB:20180302191404p:plain店内は和風で落ち着いた雰囲気(^^)  小物や壁の飾りがとってもおしゃれですよね。食べる前からテンションが上がる!

 

f:id:Meshi2_IB:20180302183705j:plain

▲「菓子処 とらまる」オーナー、羽角桂さん

 

f:id:Meshi2_IB:20180302191404p:plainさっそくオーナーの羽角桂さんにお店でいちばん評判のどらやきを聞いてみました。

 

f:id:Meshi2_IB:20180302192122p:plain「小倉生クリームどらやき」(260円)がダントツですね。とりあえず、食べてみてください。

 

f:id:Meshi2_IB:20180302183751j:plain

▲これが「小倉生クリームどらやき」! うん、確かに万人受けしそうなルックスだ

 

f:id:Meshi2_IB:20180302191404p:plainんじゃっ、「小倉生クリームどらやき」いただきますっ!

 

f:id:Meshi2_IB:20180302183658j:plain

 

f:id:Meshi2_IB:20180302191404p:plainうわ、手に取った瞬間から衝撃。今まで触ったことのない、生地のふわふわもちもち感ですよね。まるでかすみんのほっぺみたい!(と言いながら自分のほっぺと触り比べる)

 

f:id:Meshi2_IB:20180302192122p:plain…………。お、お味はどうです?

 

f:id:Meshi2_IB:20180302191404p:plainおいしいです! 実際に食べてみた食感も、ふわっふわのもっちもちで。中の生クリームもあんこも自然な甘さで、大きさも食べやすいし、これなら何個でも食べれちゃいそう♪

 

f:id:Meshi2_IB:20180302192122p:plainあんこは北海道産の大納言小豆、クリームは動物性のものと植物性のものをブレンドしています。もっとも力を入れたのは、生地ですね。ふわふわでありながらもちもち、そして、しっとりと、それじれ異なる2つの食感を同時に味わえるように工夫しました。また、自然な甘みを感じてもらえるように、砂糖の代わりにハチミツを使っています。

 

本物の苺の味がする

f:id:Meshi2_IB:20180302191404p:plainどらやきに挟んであるのは、あんこや栗? くらいしか思い浮かびません(>_<) 「とらまる」さんには変わったどらやきがあると聞きましたが、どんなものがありますか?

 

f:id:Meshi2_IB:20180302192122p:plainいろいろありますが、季節ごとにプレミアムシリーズとして販売しているどらやきがあります。今は「フレッシュ苺」(450円)ですね。

 

f:id:Meshi2_IB:20180302183755j:plain

▲フレッシュ苺。まさに名はテイを表すという感じである

 

f:id:Meshi2_IB:20180302191404p:plainうわ、これはインスタのためにあるようなルックスですね(と良いながらスマホで撮り始める)。

 

f:id:Meshi2_IB:20180302192122p:plainほとんどのお客さまがスマホで写真撮られますね。

 

f:id:Meshi2_IB:20180302183714j:plain

 

f:id:Meshi2_IB:20180302191404p:plainでも、どうやって食べればいいんだろ……。

 

f:id:Meshi2_IB:20180302192122p:plainそのままでは食べにくいでしょうから、横に添えてある生地にフォークで苺やクリームをのせて召し上がってください。

 

f:id:Meshi2_IB:20180302183719j:plain

▲立てかけてある生地は、そのためのものだったのね。よう考えてあるわー

 

f:id:Meshi2_IB:20180302191404p:plainナルホド! では、いただきまーすっ。んんっ、すんごい苺感! 口の中いっぱいに苺の味が……でも苺クリームが甘くない!

 

f:id:Meshi2_IB:20180302183723j:plain

 

f:id:Meshi2_IB:20180302192122p:plain実はこの苺クリーム、フリーズドライの苺を粉々にしたものだけで着色しているので、ホンモノの”苺味”なんですよ。

 

f:id:Meshi2_IB:20180302191404p:plainだからこんなに苺の味がするんだ〜。生地はチョコ味、上からはホワイトチョコがかかっていて、さらに中にはお餅が入っています。かすみんの好きなものばかりで、まさに夢のどらやき♡

 

f:id:Meshi2_IB:20180302183726j:plain

 

まさかの即席新メニュー

f:id:Meshi2_IB:20180302192122p:plain実はこれまでどらやきの中身になりそうなものをいろいろ試したんですよ。たとえば、食事系のどらやきを作ろうと思って、ステーキやハムエッグ、ポテトサラダとか。イケるんですが、やっぱりパンにはさんだ方がおいしいんです。デザート系もフルーツを中心に試作したんですけど、どれもありがちな感じで。かすみちゃん、何かいいアイデアはないですか。

 

f:id:Meshi2_IB:20180302191404p:plain私、いまピーンときたのですが、どらやきに名古屋名物の「小倉トースト」をドーンとはさんじゃうっていうのはどうですか!?

 

f:id:Meshi2_IB:20180302192122p:plain何だか、チャーハンをおかずにご飯を食べる、みたいな感じですね(笑)。面白い、試してみましょう。ちょっと待ってて(と良いながら厨房へ消える)!

 

f:id:Meshi2_IB:20180302191404p:plainマ、マジすか。この展開は予想してなかった……。

 

そして約10分後 ──

 

 f:id:Meshi2_IB:20180302192122p:plainできました!

 

f:id:Meshi2_IB:20180302195640j:plain

▲これが構想10秒、制作10分の「小倉トーストどらやき」だ〜

 

f:id:Meshi2_IB:20180302191404p:plainさ、さすがプロ。ちょいちょいっと作っていただきました。本当にドーンとは挟まってる……というか生地から飛び出てる!

 f:id:Meshi2_IB:20180302183736j:plain

 

f:id:Meshi2_IB:20180302191404p:plainそれではいただきますっっ☆

うわぁっ、おいしーーーいっ! バターの効いたふわふわ&サクサクの小倉トーストと、どらやきの生地、めちゃくちゃ合いますね。

 

f:id:Meshi2_IB:20180302192122p:plain作った私が言うのもアレですが、本当においしいですね。ビックリしました。この「小倉トーストどらやき」をグランドメニューにくわえて、新たな名古屋めしとして売り出していきます。かすみちゃん、ありがとう!

 

f:id:Meshi2_IB:20180302183730j:plain

 

f:id:Meshi2_IB:20180302191404p:plainかすみん考案の「小倉トーストどらやき」は、イートイン限定で350円。ぜひぜひ食べにきてくださいっ(^o^)

 

f:id:Meshi2_IB:20180302183740j:plain

 

f:id:Meshi2_IB:20180302191404p:plain「とらまる」さんは他にも変わったおいしいどらやきがたくさん!「応援☆少女」がほぼ毎日ライブをしている、専用劇場BSJシアターからもすぐ近くなので、次はメンバーと一緒に食べに来たいです(^^)   以上、かすみんでした☆

 

お店情報

菓子処 とらまる

住所:愛知名古屋市中区大須3-1-76
電話番号:052-684-4377
営業時間:11:00〜18:30
定休日:火曜日、その他不定休あり
ウェブサイト:http://nagoya-toramaru.sakura.ne.jp/

 

書いた人:永谷正樹

永谷正樹

名古屋を拠点に活動するフードライター兼フォトグラファー。地元目線による名古屋の食文化を全国発信することをライフワークとして、グルメ情報誌や月刊誌、週刊誌などに写真と記事を提供。最近は「きしめん」の魅力にハマり、ほぼ毎日食べ歩いている。

過去記事も読む

トップに戻る