「サーモンの柚子こしょうなめろう」倍量で作ればよかったと後悔するウマさ【魚屋三代目】

こんにちは! 鮮魚魚武の三代目、料理家の魚屋三代目です。

さっぱり食べられて、酒の肴にも、ご飯のお供にもなるなめろうは、私の夏メシの定番。なめろうといえばアジなどの青魚を使うのが定番ですが、今回は、青魚が苦手な方にもおすすめのサーモンで作ります。

たっぷりの薬味と一緒に入れるのが、柚子こしょうです。ピリリとした中に上品でさわやかな香りが加わり、語源といわれる「皿までなめるほどウマい」なめろうになりますよ。

 

魚屋三代目の「サーモンの柚子こしょうなめろう」

【材料】2人前

  • サーモンの刺身(今回はぶつ切りを使用。柵でもOK) 100g
  • 大葉(青じそ) 3枚
  • しょうが 1/3かけ程度
  • 長ねぎ 3cm程度
  • ミョウガ 1個
  • みそ 小さじ2
  • 柚子こしょう 小さじ1/2
  • しょうゆ 小さじ1
  • きゅうり(斜め切りにする) 5枚程度
  • 青唐辛子(輪切りにする) お好みで適量

 

作り方

1. サーモンは、今回はぶつ切りが手に入ったのでこのまま使います。刺身や柵の場合は、1~2cm角に切ります。

 

2. しょうがはみじん切りに、長ねぎとミョウガ、大葉は粗みじん切りにします。

 

3. まな板にサーモン、2、みそをのせ、しょうゆをたらして、包丁で叩きながら混ぜ合わせます。

 

4. 柚子こしょうも加えて、さらに叩きながら混ぜ合わせます。

 

ポイントは、叩きすぎずにサーモンの食感を残すこと。サーモンはやわらかいので、叩きすぎるとペースト状になってしまいます。べチャッとさせずに、ある程度、身の食感が残っているほうが美味しいなめろうになりますよ。

 

5. 器にサーモンのなめろうを盛り付け、きゅうりを添えて完成。お好みで青唐辛子の輪切りをのせます。

 

きゅうりと一緒に食べるとウマい!

脂の強いサーモンと、柚子こしょう、そしてたっぷり入れた薬味の風味のバランスが最高! そのままでも、ご飯にのっけても、ペロリと平らげちゃいますよ。

そして、きゅうりと一緒に食べるとこれまたGOOD! きゅうりの食感とみずみずしさがサーモンのうま味とよく合って、おすすめの食べ方です。辛いものがお好きな方は、刻んだ青唐辛子をのせて一緒に食べてみてください。

柚子こしょうはレシピでは小さじ1/2としましたが、お好みで増やしてもOKです。ただし、あまり入れすぎると塩気が強くなるので、味見をしながら調節してくださいね。

 

ちなみに、今回使ったサーモンは、刺身用のアトランティックサーモン。脂のりがよく、身も上質で、生食から加熱料理までいろいろ使えます。好みによりますが、ニジマスを海で養殖したトラウトサーモンより脂のり、味ともにしっかりした印象です。一般に「とろサーモンの刺身」や「とろサーモンのお寿司」などと呼ばれるものは、アトランティックサーモンが使われていることが多いと思います。

手に入りやすいサーモンの刺身で作る柚子こしょうなめろう。叩きすぎだけ注意して、さっそく作ってみてください。

 

作った人:魚屋三代目

魚屋三代目

本名・柳田昇(やなぎたのぼる)。神奈川県厚木市で60年以上続く鮮魚店の三代目。父と魚屋を営むかたわら、旬の魚介の簡単な料理や捌き方をブログ『魚屋三代目日記』にて紹介しています。レシピ本などの書籍やテレビなど幅広く活動。62種の魚介の詳しい捌き方と、それらの魚をおいしく食べる100を超えるレシピ、捌き方やおろし方の動画が見られるQRコードも掲載の最新刊『魚屋三代目の魚のおろし方と料理』(エイ出版社)が発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る