炊飯器ワザ傑作選「カレーとスペアリブとバナナケーキの炊き方」【社畜のはりきり朝ごはん】

f:id:Meshi2_IB:20160905094716p:plain

炊飯器はお米を炊くもの、と思ってはいませんか?(^^)

 

僕も昔はそう思っていました。

 

でも、大変忙しく働いている毎日、どうしておかずまで作ってくれないんだろう。炊飯 器め、怠慢じゃないのか! と思ったあなた! ですよね! そうですよね!

 

もし前の晩におかずを炊飯器にセットしておいて翌朝できてたら最高じゃない。

と、いうわけでいっそのこと炊飯器でおかず作りにもチャレンジしてみましょう!

 

「やだわ、これ、比較的食べられるじゃない!」というレベルで大成功した3つのおかず をご紹介差し上げます。

 

これであなたも炊飯器マエストロ! 炊飯器のイメージがどーんと変わること請け合いで す!

 

それではいってみよー!

 

その1:カレー編

さあ! まずは序の口、カレーから!

 

カレーは炊飯器料理界では結構有名なやつなので、炊飯器でおかず作るの初めて! とい う方にもピッタリ。

 

今回煮込んだのはこちら!

f:id:Meshi2_IB:20160905094815p:plain

どーんと牛すじです!

なんて肉々しいんでしょう。これで100g 128円だからうれしいですよね!

 

f:id:Meshi2_IB:20160905094845p:plain

これをニンニクと一緒に炊飯器にどーんと放り込んじゃいます。

 

f:id:Meshi2_IB:20160905094914p:plain

そしてジャガイモ2個となんとなく目に付いた長ネギ、そこにたっぷりのショウガを……

Go to the 炊飯器! あふれんばかりだ!

 

ここにお水とコンソメの素を放り込んで炊飯スイッチを押したら準備完了! 炊飯した後は長くくつくつと保温してくれるので、牛すじがとろっとろになるはず!

ちなみに水加減は適当で大丈夫! ほら、だってカレーだし! 細かいことは気にしない のがコツです。

 

それでは炊飯ピーしておやすみなさい!

╰(・ッ・╰) できてるかなー?

 

f:id:Meshi2_IB:20160905094931p:plain

はいっ! 水分がどこかへ消えてしまいましたね!

 

水加減適当でいいなんて言った自分が恥ずかしい( ´ ▽ ` )ノ  でも気を落とすことはありません。水がなければ足せばいいのよ。

 

f:id:Meshi2_IB:20160905094942p:plain

牛すじもぷるんぷるん!

 

水を足してカレールーを放り込んだら出来上がり!

f:id:Meshi2_IB:20160905094955p:plain

ショウガとニンニクにぷるんぷるんの牛すじカレー! これをたっぷりご飯にかけていっただっきまー♪( ´▽`)

 

あれっ……

 

ご飯……

 

炊けてなくない……?

 

炊飯器が……

 

カレーを炊いたから……

 

ご飯が……

 

炊けてないじゃない……

 

有り余るほどのカレールー……

 

これは……

 

不覚ッ……!

 

※ちなみに炊飯器の内蓋はめっちゃ汚れるので気をつけてくださいね! つまりカレー炊いた次の日にお米炊いたら最初からカレー風味がついてて得した気分になります。えへへ

  

その2:スペアリブ編

朝からカレールーだけ飲むのも意外と美味しかったです!

 

さあ、では気を取り直して次いってみよー! こちらです!

 

じゃじゃーん! 豚バラ肉!

f:id:Meshi2_IB:20160905095144p:plain

これを炊飯器でスペアリブにしてみましょう! 果たしてうまく、いくのかな?(∪`ω´ )

 

f:id:Meshi2_IB:20160905095214p:plain

まずは大きなフライパンでこんがりと焼き目をつけます。今回は1kgのバラ肉をカリッと強火でじゃじゃじゃっと炒めました。

 

そしたらニンニクと長ネギを適当に切ってGo to the 炊飯器!

f:id:Meshi2_IB:20160905095229p:plain

いい感じですね! 酒と醤油、みりんとか焼肉のタレやらなんかを適当に入れてみました! 勢いって怖い!

 

さ、これでスイッチオン! と行きたいところなんですが……そうだ!

 

スペアリブといえばなんかこう、甘みのあるトロッとした味付けが美味しさの秘訣! と いうことで、何かないかな……?

f:id:Meshi2_IB:20160905095253p:plain

あ! デコポンだ! (^^)

 

というわけでなんとなくデコポンを入れてみました! 衝動って怖い!

f:id:Meshi2_IB:20160905095310p:plain

はい、デコポンとハチミツをたっぷり入れたのがこちら。これで炊飯スイッチしてみま しょう。

 

大丈夫!

 

たぶん……

 

 

まあほら……たぶん……ほら、大丈夫!! (^^)

 

ちょっとまああたし、炊飯器とかよくわからんし……とかつぶやきながらとりあえずスイ ッチを押すのです。

f:id:Meshi2_IB:20160905095329p:plain

 (ダメ押しにゆで卵も入れてみました)

 

それではおやすみなさい! 保温機能で美味しく柔らかく煮込んでくれると願って……!

₍₍"('ω'") ⁾⁾ ₍₍ (ヽ'ω')ヽ ⁾⁾

  

朝起きて何がびっくりってとってもいい匂い!

 

オープン ザ 炊飯器!

f:id:Meshi2_IB:20160905095343p:plain

こ、これは……! デコポンが……消えてる……? ( ⁰▱⁰ )

 

f:id:Meshi2_IB:20160905095359p:plain

でも美味しい!

 

ハチミツが効いてて味がしっかりしみてとても美味しかったです。デコポンの風味はど こかへ行ってしまったけれど、デコポンのことは忘れないよ! いつまでも僕らの心の中 にいるよ!

 

スペアリブをおかずにご飯をよそっていっただっきまー♪( ´▽`)

 

あれっ……

 

ご飯……

 

炊けてなくない……?

 

炊飯器が……

 

スペアリブを炊いたから……

 

ご飯が……

 

炊けてないじゃない……

 

これは……つまり……

 

炭水化物ダイエットッ……!

  

その3:バナナケーキ編

図らずも炭水化物ダイエットに成功してしまいましたね! 炊飯器が炊けるのはおかずだけ、そう思われた方もいるかもしれません。

 

しかし、本当にそうなのでしょうか? (^^)

 

ケーキを焼くのは170度で3分、とか書いてるみたいです。あれっ? それって炊飯器でもできるんじゃないの?

 

ものは!

 

試し!

 

というわけでデザート作りにも挑戦してみましょう。 今回挑戦するのはバナナパウンドケーキだ!

まずはバター100gを電子レンジでチンして砂糖70gと一緒に炊飯器へゴー!

 

f:id:Meshi2_IB:20160905095455p:plain

炊飯器のおかまを使うことで洗い物が全然出ません! すごい!

 
そこに卵を2個入れてかき混ぜます。

f:id:Meshi2_IB:20160905095509p:plain

不安な気持ちをぐっとこらえるのがコツです。そしてバナナ!

 

f:id:Meshi2_IB:20160905095527p:plain

こんな時に便利なバナナカッターを使ってみました。なんやバナナカッターて。

 

そしてホットケーキミックス150gを加えて混ぜ合わせたのがこちら!

f:id:Meshi2_IB:20160905095549p:plain

おぉー! なんだかそれっぽくなってきたぜぇ!

 

それでは炊飯してみましょう。

 

お米だと思って炊いたらバナナパウンドケーキだったなんて、炊飯器も大変だよね!

 

翌朝が楽しみ。おやすみなさい!

 

………

 

朝、とっても甘い匂いが立ち込めています。

炊飯器、オープン!

f:id:Meshi2_IB:20160905095615p:plain

お、おぉ……。 た、炊けてる……?

 

箸を突き刺して引き抜いても何もついてきません。焼けてる気がする……!

 

お皿を押し付けておかまをひっくり返してバフッて取り出したらそこには……!

f:id:Meshi2_IB:20160905095632p:plain

できてる……!

 

f:id:Meshi2_IB:20160905095904p:plain

きちんとふんわりしっとりのバナナパウンドケーキやがな……!

 

炊飯器が……

 

 

ケーキ焼いてもうたがな……!

 

というわけでいかがだったでしょうか。とりあえず炊いてみれば意外と何とかなる、と いうことがわかりましたね!

 

炊けば、できる。

  

小さいことは、気にしない。

 

大きいことは、わからない。

 

だから私は、悩まない! (^^)

  

次は何を炊こうかな? (^^)

 

皆さんもいろんな料理を炊飯器で炊けるかどうかで判断してみると、とっても楽しい炊 飯器ライフが始まるはず!

 

ぜひ、チャレンジしてみてくださいね! 以上、社畜のはりきり朝ごはんでした! ( ´ ▽ ` )ノ

 

※本記事は、ブログ「社畜のはりきり朝ごはん」 の過去記事より再構成していただきました。(『メシ通』編集部)

 

書いた人:書いた人:ジュンイチ(社畜のはりきり朝ごはん)

ジュンイチ(社畜のはりきり朝ごはん)

失恋をきっかけになぜか自炊を始めた結果なんだか楽しくなってきちゃって料理コンテンストにも出場(結果は敗退)した、都内で働く独身サラリーマン。ハゲ散らかしがちなのでコロコロは手放せないってやかましいわ。

過去記事も読む

トップに戻る