冷凍焼売を鍋の具に指名「焼売の花椒みそキムチ鍋」はお酒がすすむ要素しかない【メシ通の1人鍋】

こんにちは、料理ブロガーの山本リコピンです。

朝晩すっかり冷え込みますね。ということは、今年も鍋のおいしい季節到来。私は一年中鍋を食べる派なんですが、やっぱり寒くなってからの方がテーブルに並ぶ回数は増えます。寒い時期に食べる温かいものは格別ですね。

ということで本日は、手軽に作れる1人鍋「焼売の花椒みそキムチ鍋」をご紹介します。

具のメインには、つみれや肉団子の代わりに市販の冷凍の焼売を指名。あとは、もやしにニラ、たっぷりのキムチに、花椒とラー油を効かせてしびれる辛さに仕上げます。スープはコクうまのみそ仕立て。もう、お酒がすすむ要素しかありません。

それでは早速レシピです。

 

山本リコピンの「焼売の花椒みそキムチ鍋」

【材料】1人分

  • 冷凍焼売(市販品) 4個
  • もやし 100g(1/2袋程度)
  • ニラ 50g
  • キムチ 100g
  • ラー油 小さじ1

(A)

  • 水 200ml
  • 鶏がらスープの素(顆粒) 小さじ1
  • みそ 大さじ1
  • 花椒(パウダー) 小さじ1/4

 

作り方

1. もやしは洗って水気を切り、ニラは5㎝の長さに切る。焼売は冷凍のままでOK。

 

2.小鍋か小さめのフライパン(直径20㎝くらいのもの)に(A)の材料を入れてよく混ぜ、みそをしっかり溶かす。

 

3.2に焼売、もやし、ニラ、キムチを入れて中火にかけ、

 

焼売が解凍されて中まで熱くなるまで煮る。

今回はスープが沸騰してから5分ほど煮ました。焼売の大きさによって解凍時間は異なるので、菜ばしで刺してみてスッと通ればOKです。煮詰まりそうでしたら、火を少し弱めてください。

 

4.小鍋ごとテーブルへ出し、ラー油をかけて出来上がり。

 

キムチが全体をまとめて間違いのない美味しさに!

たっぷり入れたキムチ、キムチと抜群に相性のいいみそのコク、そして、焼売から流れ出た肉のうま味で美味しいスープが完成です! そこに花椒の香りとラー油の辛味が加わって、いつものキムチ鍋とはひと味違ったシビ辛な味わいになりますよ。花椒とラー油はお好みで増量してください。

その辛めのスープがしみしみの焼売の美味しさは絶品です。

具はお好みで。もやし、ニラのほか、きのこ類や豆腐などを入れるのもおすすめです。焼売とキムチのみのシンプルさで勝負するのももちろん最高。余ったスープでうどん、中華麺、ご飯などお好みのシメも楽しんでください

 

お酒がすすんで仕方ない、冷凍焼売を使った1人鍋。ご飯もすすむ味なので、お酒を飲まない方もぜひお試しください。

 

焼売好きな方は、サバ缶×電子レンジの手間なし「サバ缶焼売」もぜひ。

www.hotpepper.jp

 

作った人:山本リコピン

山本リコピン

料理ブロガー、フードコーディネーター。簡単&手軽に作れて見栄えのする料理レシピを公開しているブログ『日々のごはんとおやつのネタ帳』を運営。日々のごはんや、おつまみ、こどものごはん、おやつ、おもてなしなど、ジャンルも幅広く、雑誌や企業へのレシピ提供も行う。『山本リコピンのちゃちゃっとかわいい毎日おかず』(主婦と生活社)、『ごはんがすすむ!!!山本リコピンのうちごはん』(ワニブックス)が発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る