並盛りの3倍!?すべての丼に可能!?とんでもなボリュームの丼を提供する新潟大学近く「どんぶりブッチャー」

f:id:mesitsu:20180628170118j:plain

今回ご紹介するお店は、新潟大学近くにある丼専門店「どんぶりブッチャー」です。

 

f:id:bbhotstp:20180521232530j:plain

盛りの良さとリーズナブルな価格設定が良心的なお店です。

 

f:id:bbhotstp:20180521232537j:plain

▲店内の様子

 

f:id:bbhotstp:20180521232541j:plain

f:id:bbhotstp:20180521232549j:plain

▲お品書き

 

600円~の丼メニューが並びます。

 

f:id:bbhotstp:20180521232600j:plain

▲鶏唐揚げ丼のメニュー

 

総重量500g超で650円というのは、かなりのお得価格ですね。

 

激烈なボリューム「アメフト盛り」とは!?

店内には、ひと際目立つ告知が貼られていました。

f:id:bbhotstp:20180521232601j:plain

「アメフト盛りはじめました。」

並盛りの3倍の量で+350円!?

 

果たしてどれほどのものなのでしょうか……。

 

今回は、その「アメフト盛り」の仕込みや提供作業から見学させてもらいました。

 

f:id:bbhotstp:20180521232611j:plain

鶏唐揚げ丼に使われる鶏肉は、お酒とタレにそれぞれ1日ずつ漬け込んでいます。

 

f:id:bbhotstp:20180521232616j:plain

デカ盛り系なので、たっぷりの食材がのるメニューが多いのですが、作りおきはせず、それぞれ注文が入ってから調理します。

 

f:id:bbhotstp:20180521232621j:plain

山盛りな丼を提供するため、たっぷりと炊きあげられたご飯。

 

f:id:bbhotstp:20180521232633j:plain

▲ご飯の盛り付け

 

f:id:bbhotstp:20180521232636j:plain

見て下さい! このボリュームを!

 

f:id:bbhotstp:20180521232639j:plain

カリッカリに揚がった唐揚げを、

 

f:id:bbhotstp:20180521234014j:plain

盛り付けていきます。

 

f:id:bbhotstp:20180521234015j:plain

そして出来上がり!

 

f:id:bbhotstp:20180521234018j:plain

▲白のトリカラ丼 アメフト盛り(1,000円)

 

ボリューム感、ハンパじゃないですね……。

 

f:id:bbhotstp:20180521234031j:plain

とにかくすさまじいボリュームです!

 

それもそのはず、唐揚げやご飯などの総重量は1.5Kg超とのこと。

 

f:id:bbhotstp:20180521234036j:plain

そのまま、ガブリといっても良いのですが、試しに器にご飯と唐揚げを取り分けてみたところ……

 

f:id:bbhotstp:20180521234059j:plain

まだまだご飯がたっぷりと残っています。

 

なんという盛りでしょうか……。

「アメフト盛り」恐るべし!!

 

ただ、見た目のインパクトからは、ボリューム感ばかりが目立ってしまいがちですが、食べてみると大味な見た目からは予想外のしっかりとしたおいしさに驚きます。

 

しっかりと下味がついたお肉は、柔らかくジューシーなうま味があり、また、カリと揚がった衣の食感も絶妙です。

そして、たっぷりとかかった甘辛くトロみのあるタレが、唐揚げのおいしさを倍増させてくれます。

 

f:id:bbhotstp:20180521234102j:plain

そして使われているご飯は、新潟産コシヒカリです。

 

たっぷりと盛られたご飯がコシヒカリというのはすごいですね。

 

ちなみに、「アメフト盛り」の名前の由来ですが、新潟大学のアメフト部の方々がご飯もお肉も2倍の「特盛り」(+250円)を食べたところ、それでも足りなかったらしく、「では3倍に!」という事になり、こちらのメニューが生まれたのだとか。

 

丁寧な仕込みと圧倒的なボリュームで1,000円という価格にも驚きですね。

 

とてもおいしかったです!

 

f:id:bbhotstp:20180521234104j:plain

超絶ボリュームがお得価格で味わえるだけでなく、スープ無料サービスまであります。

 

f:id:bbhotstp:20180521234108j:plain

この日はアラ汁でした。

 

しっかりとお魚の味が出ていておいしいアラ汁でした。

 

「ちぃ辛丼」とは?

メニューにある「ちぃ辛丼」なる一品を作るところから見せてもらいました。

f:id:bbhotstp:20180521234115j:plain

使われているお肉は、豚スジ肉です。

 

f:id:bbhotstp:20180521234127j:plain

ここに甘辛いタレを投入!

 

f:id:bbhotstp:20180521234129j:plain

f:id:bbhotstp:20180521234136j:plain

ここで、冷蔵庫から変わった一品が出てきました。

 

こちらは、自家製の食べるラー油です。

 

f:id:bbhotstp:20180521234138j:plain

スプーンで中華鍋に投入!

 

f:id:bbhotstp:20180521234141j:plain

辛味を加えた豚肉、玉ねぎを炒めていきます。

 

f:id:bbhotstp:20180521234144j:plain

 

f:id:bbhotstp:20180521234205j:plain

そして丼に盛り

 

f:id:bbhotstp:20180521234217j:plain

チーズをのせていきます。

 

そして……

f:id:bbhotstp:20180521234219j:plain

ファイアー!!!

 

f:id:bbhotstp:20180521234222j:plain

 

出来上がりました!

f:id:bbhotstp:20180521234229j:plain

▲ちぃ辛丼(並)650円

 

f:id:bbhotstp:20180521234235j:plain

焼き溶かしたチーズがとろ~り!

 

うま味たっぷりの豚肉とタマネギには、程よい辛味が加わり、濃厚なチーズのコクと食感も最高です!

 

そして、そうした具材とご飯との相性も抜群、かつ、辛味が食欲を刺激してくれるので、こちらも並盛といわず、大盛り、特盛りでガッツリと食べたい一品です。

 

もちろん……

ちぃ辛丼も「アメフト盛り」が可能です!!

 

炙りとろサーモン丼も「アメフト盛り」に!?

肉系がメインのメニュー構成のこちらのお店ですが、サーモンを使った一品も提供しています。

f:id:bbhotstp:20180521234237j:plain

メニューの写真は並盛ですが、こちらのサーモン丼も「アメフト盛り」が可能です。

 

どれほどの盛りなのか気になりますよね~。

 

はい!

 

そちらもチャレンジしてみました!!

f:id:bbhotstp:20180521234240j:plain

▲炙りとろサーモン丼 アメフト盛り(1,100円)

 

なんですかコレは……。

 

炙られたサーモンは火を通し過ぎずレア感を残し、あふれ出る魚のうま味と食感がたまりません!

 

そして、なにより……

このボリューム感!

たっぷりのサーモンのみならず、その下には大量のご飯が詰まっています。

 

とてもおいしく、かつ、満腹になる事間違いなしの一品ですね。

 

これだけじゃない! お得な価格の冷麺

f:id:bbhotstp:20180521234243j:plain

店内には、丼ぶりにセット+250円の麺なる告知が貼ってありました。

 

f:id:bbhotstp:20180521234246j:plain

麺をゆでます。

 

f:id:bbhotstp:20180521234304j:plain

水でシメて……

 

f:id:bbhotstp:20180521234313j:plain

使われているのは、魚介素材やみりんなどを使った自家製ダレです。

 

f:id:bbhotstp:20180521234316j:plain

それをゆであげた麺にかけていきます。

 

そして出来上がりです!

f:id:bbhotstp:20180521234318j:plain

▲冷麺(500円)※丼とセットの場合は250円

 

f:id:bbhotstp:20180521234327j:plain

もともと弾力ある食感の麺は、水でシメられた事ではち切れんばかりの弾力感に!

 

甘じょっぱいタレは、濃い味の中にもしっかりとした魚介感が漂い、汁だけでもおいしくいただけそうな味わいです。

そのタレの味と麺の相性も良く、最後までおいしくサッパリといただける一品でした。

 

これが、丼とセットで+250円というのはかなりお得だと思います。

 

豊富な種類の各種メニューは、それぞれおいしく、ボリュームがあり、リーズナブルな価格設定がうれしいですね。

そして、とんでもないボリュームの「アメフト盛り」のインパクトも強烈です。

 

ぜひ大食い自慢の方は、アメフト盛り+冷麺のメガ盛りコラボにチャレンジしてみて下さい。

 

お店情報

どんぶりブッチャー 新大前店

住所:新潟新潟市西区大学南2-1-44
電話番号:025-378-1422
営業時間:11:30~14:00 18:00~
定休日:土曜日

 

書いた人:新潟ラーメン.com

新潟ラーメン.com

新潟県内のラーメンを紹介するHPを運営しています。サイト内では、仕込みに密着しお店のこだわりを紹介するインタビューや、新店情報、限定メニュー告知、クーポンの掲載などを行っています。

過去記事も読む

トップに戻る