大葉の最高のパフォーマンスを引き出す「にんにくしょうゆ漬け」で大葉を大量消費【エダジュン】

f:id:edajun:20190729141247j:plain

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。

お値段と夏らしい香りに誘われて、ついつい大袋入りを買ってしまう大葉(青じそ)。本日は、そんな大葉を美味しく食べる大量消費レシピをご紹介します。家にある調味料でできて、ごはんのおともはもちろん、豆腐や麺類にのせても◎です。ぜひ作ってみてください。

 

エダジュンの「大葉のにんにくしょうゆ漬け」

【材料】(作りやすい量)

f:id:edajun:20190729141258j:plain

  • 大葉 15~20枚

(A)

  • にんにく(薄切り) 1片 
  • いりごま(白) 小さじ2 
  • しょうゆ 大さじ3
  • 酒、ごま油 各大さじ1
  • 砂糖 大さじ1/2 

 

作り方

f:id:edajun:20190729141344j:plain

1. ボウルに(A)を和える。

 

2. 大葉はさっと洗って、キッチンペーパーなどでよく水気をふき取る。

 

f:id:edajun:20190729141346j:plain

3. キッチン用のアルコール除菌スプレーなどで清潔にした容器に1の漬け汁、2の大葉を入れ、一晩漬け込めば完成。

 

夏の万能薬味が完成!

f:id:edajun:20190729141357j:plain

調味料と大葉を漬けるだけの「大葉のにんにくしょうゆ漬け」は、冷蔵保存で3日程度食べられます。これが本当に便利。

おすすめは、まずは「卵かけごはん」。

 

f:id:edajun:20190729145739j:plain

大葉で卵とごはんを巻いて食べると、丼めしもあっという間になくなります。

少し時間が経ってよく漬かった大葉は、冷奴にのせたり、電子レンジで加熱したささみと合わせて冷菜にすると美味しいです。

 

また、さらに時間が経った大葉は千切りにして、つけ汁、お好きな量のバター、ごはんと一緒に炒めて、最後にたっぷりのこしょうをふりかければ、

 

f:id:edajun:20190729141338j:plain

「大葉ガーリックライス」が即席で完成。漬け汁もにんにくの旨味が溶け込んで美味しいので、しみしみのにんにくもろとも、残さず使い切ってくださいね。

 

作った人:管理栄養士 エダジュン

管理栄養士 エダジュン

パクチー料理研究家・管理栄養士。株式会社スマイルズに入社。SoupStockTokyoの本社業務に携わり、2013年に独立。家で作れるエスニック料理とパクチーを使ったレシピを研究中。「料理にやっちゃいけないことはない」がモットー。著書に『パクチー!パクチー!パクチー!』(NHK出版)、『これ1品で献立いらず!野菜たっぷり具だくさんの主役スープ150』(誠文堂新光社)、『野菜と栄養たっぷりな具だくさんの主役サラダ200』(誠文堂新光社)。2018年10月24日発売予定の最新刊『鍋の素―極旨・鍋スープの作り方 バリエーションは無限大!』(PARCO出版)は、極旨・鍋スープ20種、アレンジ鍋60種を収録したずっと使えるウチ鍋レシピの決定版!

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る