めんつゆにマヨ、ごま、みそをブースト「冷やしざるラーメン」タンパク源も確保できるレシピ【北嶋佳奈】

こんにちは! 管理栄養士の北嶋佳奈です。

暑い日が続くと、冷たくてさっぱりした麺しか食べたくないのが本音。とはいえ、それでは栄養が偏りがちに……。そんなときにおすすめなのが、電子レンジでサクッと作れて、具沢山の冷やしつけ汁です。

www.hotpepper.jp

今回ご紹介するのは、めんつゆをベースに、マヨネーズとすりごま、みそでコクうまに仕上げる「ごまマヨ冷やしざるラーメン」。栄養豊富な豆もやしを添えて、サラダチキンでタンパク源も確保です!

大豆が付いている豆もやし(大豆もやし)は、普通のもやしよりタンパク質も多く含まれている優秀食材。豆の甘さを感じられて、シャキシャキ食感もいいアクセントになりますよ。

 

北嶋佳奈の「ごまマヨ冷やしざるラーメン」

【材料】(1人分)

  • 中華麺(今回は蒸してある焼きそばを使用) 1玉
  • 豆もやし 1/4袋
  • サラダチキン 50g
  • 青ねぎ(小口切り)、ラー油 適量

(A)

  • めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ2
  • マヨネーズ 大さじ1
  • 白すりごま 小さじ1
  • みそ 小さじ1
  • 水(冷たい水がおすすめ) 100ml

 

作り方

1. 鍋に水(分量外)を入れてお湯を沸かし、焼きそば麺を入れて1分半茹でる。冷水にとって、しっかりと水気を切る。

ここでは、生の中華麺の代わりに、蒸してある焼きそば麺を茹でて使っています。蒸していない生麺を使う場合は、パッケージにある規定の時間茹でてください。

 

2. 豆もやしは耐熱容器に入れ、表面がピンと張らないようにゆったりとラップをして、電子レンジ(600w)で2分加熱する。

 

3. 2にサラダチキンをほぐして加える。

 

4. 3に(A)を入れて、

 

よく混ぜて、つけ汁は完成。

氷水や冷蔵庫で冷やしておいた水で作ると、しっかり冷たいつけ汁になります。

 

5. つけ汁を器に盛り、青ねぎを散らす。仕上げにラー油をかけ、白すりごま(分量外)をふり、茹でておいた麺を添える。

 

あと引くコクうまつけ汁でツルツルと完食です

めんつゆとみそのうま味に、マヨネーズとごまのコクが加わり、飲み干したくなる美味しさのつけ汁になりました。シンプルな調味料ですぐできるので、これはクセになります。

ラー油をたっぷりかけると、まろやかなつけ汁にピリッと刺激が入りさらに食欲をそそります。麺によく絡んで、ツルツルとあっという間に1玉完食です。豆もやしの食感もいいですね。豆もやし以外には長ねぎ、えのきやしめじなどきのこ類も風味が変わりおすすめですよ。

コンロで麺を茹でながら、電子レンジでつけ汁を作って、と同時作業なら5分もあれば完成のざるラーメン。つけ汁はそうめんで食べても美味しいので、ぜひ、お試しください!

 

作った人:北嶋佳奈

北嶋佳奈

管理栄養士、フードコーディネーター。大学卒業後、飲食店勤務やフードコーディネーターアシスタントを経験し、独立。「こころもからだもよろこぶごはん」をテーマに美容・ダイエット・健康に関する料理本の出版、雑誌でのレシピ開発やコラム執筆、ラジオ・テレビ・イベントへの出演などで活動中。白砂糖は使わず、麹甘酒や食材本来の甘みで体にやさしいおやつを作る「こはなのおやつ」のプロデュースも手がける。『からだ想いのまんぷく小鍋』、『デパ地下みたいな ごちそうおにぎり』(ともに宝島社)など著書多数。最新刊『遅夜ごはん』(宝島社)は、とにかく簡単に作れて、栄養バランスもよくて、さらに糖質控えめの夜食レシピを掲載。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る